悪役令嬢、家継ぎます!

朝水夜火

おぉ、神よ!

で、2人目が王子の側近の騎士ゼフィランサス・ラークスパー 。青く長い髪をポニーテールにしてる紫の瞳を持つ騎士。王子に対してだけ忠実、それはもう国王の命令でも王子の命令でないから聞かないと言ってしまうほど。最初は王子が興味を持った主人公を王子に媚を売る女だと思い警戒。イベントで誤解をとき、イベントを乗り越え恋に落ち結婚。イベントの中で何かと邪魔するファセリアはハッピーエンドで裁判にかけられ無一文国外追放。バッドエンドでこんな奴の元で働きたくないと思い王子と協力して人攫いに見せかけて人身売買へ。

ってファセリアさぁん!貴方馬鹿ですか、馬鹿でしたね!じゃなくて、何故に騎士様に手を出した!いや、わかってるわかってますよ。世界が自分中心に回ってると思っての行動ですね。全ての男が自分を好きじゃないとヤダっていうやつですか!面倒くさい性格してるなぁ。兎に角、騎士に対しての対策は王子対策をしてれば大丈夫。でも念の為剣術とかは習っとこうかな。いきなり剣を突き立てられたら私死ぬよね。

3人目の攻略対象はカルミア・アベリアス、私の義弟になる人物ですね。この子が来るのは7歳の時、王子にあった1年後、お父様が孤児院から連れてくる黒髪で焦げ茶の瞳を持つ次期公爵家当主。孤児院から来たという理由で姉、ファセリアに使用人同然の扱いを受け心に深い闇を持つ。主人公に出会い始めて人に優しくしてもらい、イベントを乗り越え恋に落ち結婚する。ハッピーエンドで投獄、バッドエンドで当主の権限を使い上手くファセリアを騙し無一文で国外追放。

使用人同然の扱いって、そりゃ嫌いになるわ!てか、次期公爵家当主だよ相手は。何?王子の婚約者だからっていう余裕があったんですか?全方位から嫌われてる貴女は王子と手を組まれたら一貫の終わりなんだよ。わかったる?いや、わかってなかったからそうゆう行動したんだよね。さて、義弟対策は簡単だな。私がこの家の当主になればいい。今から2年で当主になるべく能力を身につければいいんだよ。

さてさて、4人目の攻略対象はこの国の宰相殿の子息ラナンキュラス・スノーフレーク。黄緑色の長髪を後ろの下の方で縛っている黄色の瞳を持つ御方。頭が良く計算高く、幼い頃からチェスの大会で何度も優勝している。王子と中がよく王子の婚約者であるファセリアとも何度かあっている。他人の行動もちょっと計算すればわかってしまうので王子同様暇を持て余していた。その時何度計算しても行動が読めない主人公に出会い興味を持つ。次第に恋に落ちイベントをクリアして結婚。ハッピーエンドで主人公を虐めたファセリアを投獄。バッドエンドでこんな奴が国のトップにいたら国が滅ぶと考え、自慢の脳みそを使い人身売買。

もうヤダ、この悪役令嬢。何で世界が自分中心だと思えるわけ。オモチャ取られた子供じゃないんだから、我慢しろよ!と言っても甘やかされて育った傲慢お嬢様は出来ませんよねそんな事。まぁこの宰相子息も王子対策をやれば問題なし!さて、全員まとめられたな。

今後の計画は、お父様に家庭教師をつけてもらう、剣術を習う。魔法は独学でなんとかする!何故独学かって、そんなの魔法が使えるかわからないからだよ。ゲームの中でファセリアさんは1度も魔法を使ってなかった。故に使えるかわからない、使えないなら習っても仕方ないからである。兎に角、私は将来この家の当主になって独身貴族になるのだ!独身貴族になったら養子を連れてきて当主に育てればいい。完璧ね私の計画は!金持ち、独身貴族に私はなる!

このノートは机の引き出しの鍵付き棚に入れておこう。計画の実行は明日の朝からだ。今は取り敢えず夕飯食べて寝よう。

「悪役令嬢、家継ぎます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く