話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

モブ貴族は我が道を行く。

シュリ

完璧貴族の不満と不安

アリシアを気絶させたレオンは、
アリシアの寝顔を見ながら考えることがある。
可愛い。…はっ!そうだけど違う!
アリシアは自分が可愛いことを認めない。
自己評価が物凄く低いのだ。
天才で努力家。しかも自己犠牲精神が強い。
レオンと結婚してくれたことが不思議な位だ。
だから、いずれ捨てられるんじゃないかと
不安でついつい抱き潰してしまう。
それに、珍しく必死にお願いしてきたと思ったら、フラムの見舞いだし。
不満だ。実に不満である。
アリシアにはもっとワガママを言って欲しいとレオンはいつも思っていた。
仕事が忙しくて一緒にいられるのは夜だけだから、二人で出掛けたのは
魔の森だけだ。昼間に何かして欲しいというワガママなら仕事も
多少は無理できる。
……フラムに相談してみようかな。寝よ。
こうして完璧貴族の夜は更けていった。

「モブ貴族は我が道を行く。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く