話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

モブ貴族は我が道を行く。

シュリ

モブ貴族、言い寄り令嬢と取引する

突然現れたアリシアに驚愕しているミッシェル。
余談だが、この部屋には防音魔法をかけているので外部の者に
気付かれることはない。
ミッシェル「あっあなたッ!誰ですの!?」
アリシアの正体は分からないようにしている。
アリシア「そんなことはどうでもいい。私と取引をしろ。」
ミッシェル「取引?…分かりましたわ。内容は何ですの?」
どうやらある程度は頭がまわるらしい。
アリシアは、声も魔法で変えている。
アリシア「簡単だ。アルテリオン家に関わるな。」
ミッシェル「!何でですの?」
アリシア「お前が知る必要はない。この取引を洩らすことも駄目だ。」
ミッシェル「…分かりましたわ。」
アリシア「ならこれにサインしろ。」
それは、呪魔法の一つである。アリシアが発明したものだが。
この魔法で作った書類に取引内容を書き、サインをすると、
二度と解けない呪いとなる。
つまり、この取引は絶対となる。
アリシアは、ミッシェルがサインをしたのを見届けると、防音魔法を解き、
自室に転移した。
服も、魔力で作ったものなので証拠も残らない。
完璧だった。これこそ宮廷魔法使い筆頭志望だったアリシアの実力である。

その後、レオンはミッシェルに言い寄られることもなくなり、
アリシアは平穏を取り戻したのだった。

「モブ貴族は我が道を行く。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く