話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

モブ貴族は我が道を行く。

シュリ

完璧貴族、結婚を申し込む

レオンは父、ホーリーの部屋に来ていた。
レオン「父上、アリシア·スカーレットに結婚を申し込みたいのです。」
ホーリー「ほぅ、お前もとうとう結婚か。お前はアリシア嬢が好きか?」
レオン「はい、好きです。」
ホーリー「では、結婚して利益はあるか?」
レオン「アリシア嬢は、魔法が優秀で、宮廷魔法使いにもひけをとりません。
    優秀な魔法使いの遺伝子を取り込むことは、利益になりますし、
    スカーレット領の紅茶は、甘党の方々の人気を誇っています。」
ホーリー「では、援助等は?」
レオン「金銭的援助が必要なようです。」
ホーリー「では、明日申し込んでおく。」
レオン「ありがとうございます。失礼します。」
部屋に戻ったレオンは、アリシアと結婚出来るという喜びを感じると共に、
結局、政略結婚になってしまうことに罪悪感も感じていた。

「モブ貴族は我が道を行く。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く