話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

モブ貴族は我が道を行く。

シュリ

モブ貴族、政略結婚をする1

魔の森に行った日から数ヶ月後のある日のことだった。
いつもは冷静な家族や使用人も様子が違った。
父「アリシア、お前は三ヶ月後、隣国の商家に嫁ぐことになった。
  お前が嫁げば援助が貰える。分かるだろう?」
アリシア「…」
父はいつもこうだった。娘は家のための道具としか考えない。
父からの愛情を感じたことはなかった。

アリシアは、フラムの部屋で話していた。
アリシア「フラム、私、三ヶ月後にローデリアの商家に嫁ぐのですって。」
フラム「どうして!?」
アリシア「家計が苦しいらしくて、私が嫁げば、援助して貰えるらしいわ。」
フラム「アリシアはそれでいいの?」
アリシア「嫌よ!でも、父はともかく、家族や使用人が路頭に迷うのも嫌なの。
     私はどうしたらいいの。」
フラム「アリシア、私がなんとかするわ。だから大丈夫。
    私は公爵令嬢よ。貴族の誇りにかけて、絶対になんとかして見せる。
    一つあてがあるの。アリシアは好きな人とかいる?」
アリシア「…誰にも内緒よ?」
フラム「ええ。」
アリシア「私、レオンが好きなの。」
フラム「そう、それは良かった!あとは、私に任せて!」
アリシア「フフッ、フラムは頼もしいわね。ありがとう。」
フラム「どういたしまして。」
その後、フラムとアリシアは少し話すと解散し、アリシアは家に帰って行った。

「モブ貴族は我が道を行く。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く