話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

モブ貴族は我が道を行く。

シュリ

モブ貴族、悪役令嬢の兄と冒険する

ある日のことだった。アリシアとレオンは二人で話していた。
レオン「アリシア、君は魔法が上手だよね。」
アリシア「ええ。」
レオン「僕も魔法は得意だが君程ではない。」
アリシア「そんなことは…」
レオン「アリシア、こんなこと君にしか頼めないんだ。」
アリシア「何?」
レオン「僕と、魔の森に行って欲しい。」
アリシア「魔の森ですって!?」
  魔の森とは、とっても危険な森で未だ沢山の謎に包まれている。
  優秀な魔法使いがいないと、満足に休めず、回復も出来ないため、絶対に進むことは出来ない。
アリシア「どうしてですか?」
レオン「僕は、将来父のような宰相に成りたいんだ。
    ただ、僕はあまり強くないから、鍛えたくて…」
アリシア「?宰相は強くないといけないの?」
レオン「強くなくてもいいけど、王が襲われたときに足手まといに成りたくないんだ。」
アリシア「…分かりました。行きましょう。」
レオン「いいの!?じゃあ、早速明日でいい?」
アリシア「ええ、魔の森に行くのは言わない方がいい?」
レオン「そうしてもらえると助かる。」
アリシア「分かったわ。」

翌朝。
上手く言い訳して出てきた二人は、魔の森に向かうのだった。

「モブ貴族は我が道を行く。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く