不遇職テイマーの成り上がり 〜スキル【吸収】でモンスターの能力を手に入れ、最強になる〜

愛犬ロック

第34話 テイマーは気絶する

 ゴブリン達が水浴びをした後、何体かのゴブリンが俺の方に寄ってきた。
 その中にはゴブの姿も見えた。

『アッシらの臭いどうッスか?』

 そう聞いてくるゴブ。
 水浴びで多少はマシになっているだろうと思い、近づいて臭いをかいでみた。






 くっせえええええ!!!





  表情筋が反射的に動きそうになったが、目を閉じて、ピクピクと動きそうな表情筋を何とか静止させた。
 そう、ゴブリン達は水浴びをしても全然臭いが取れていなかったのだ。
 石鹸などを使わないとゴブリンの臭いは取れないのかもしれない。
 やはり、あの臭いは水浴びだけで無くなるような代物ではなかったか。
 この事を伝えるべきか、俺は悩んだ。
 テイムモンスター達は、意外と感情豊かだったりする。
 モンスターと言えども、臭いと言われれば傷つくのだ。

 俺はグッと、喉の奥から「臭い」と出かかった一言を飲み込んだ。
 言ってはいけない。
 これは間違いなく言ってはいけない一言だ。

『……綺麗になったじゃないか、ゴブ』

 意識共有という便利なスキルがあって良かった。
 口を閉じながらでも言葉を伝えることが出来るからだ。
 この臭いに耐えるには、口を開けてはいけない。少しでも表情を動かそうものなら、俺は間違いなくゴブの臭いに敗北してしまうことになるからだ。

『お! まじッスか! 嬉しいッス! これでやっとみんなで兄貴に飛びつくことが出来るッス!』

 と、そんな恐ろしい事が聞こえてきた。

 ……待て。
 今、みんなでって言ったのか……?
 そんなことをされたら、俺の鼻は腐ってしまう。
 もしくは、臭すぎて俺はショック死してしまう恐れがある。

『ま、待て! 早まるな!』

 そう伝えたときは既に遅かった。
 ゴブリン達は既に足に体重を乗せていて、飛ぶ一歩手前の状態だった。

『兄貴ィー!』
『『『主人ィー!』』』

 あ、俺……死んだ。
 何体ものゴブリンが俺に向かってダイブしている。
 ゴブリンは放物線を描きながら、ゆっくりと俺に近づいてきている。
 むわ~ん、とゴブリンから漂う悪臭が増してきた。
 今、俺の目が捉えている光景は凄いゆっくりと動いていて、これから自分がどうなるか、冷静に悟っていた。

 バタンッ。

 ゴブリン達が俺に飛びついてきて、その反動で俺は地面に倒されてしまった。
 そして、あまりの臭さに我慢していた俺もついに声をあげることになった。

「くっせえええええええぇぇぇぇぇ!!!!!」

 俺の雄叫びが森の中に響き渡った。

「あれは、うん。ちょっと可哀想だね」
「ご愁傷様」

 顔を引きつかせながら、シャルとレナはそう呟いた。

 ◇

 水浴びをした後、俺達はダンジョンから帰還した。
 ダンジョンがどういうものか、という事を知ることが出来たし、良いスキンシップにもなった。
 階層ごとに変わりゆくフィールドは、とても厄介だが、同時に面白そうだと思った。

 ……ゴブリンに押し倒された俺は、その後しばらくと放心状態だったようだ。

 そのときの事は覚えていない。

 意識が戻った俺は、少し離れたところからテイムしているゴブリン達に謝られた。
 俺を押し倒したゴブリン達は、涙を流しながら土下座をしていた。
 こうなってしまっては、正直に臭いと言った方が、心の傷は浅かったのではないだろうか。
 嘘をついてまで、人を気遣う事は、たまにこういった悲劇を生むのかもしれない。
 これからゴブリン達に関しては、素直に臭いと言おう。それも勇気だ。

 ……さて、予定より早くダンジョンから帰ってきたため、まだ日は高いところにある。
 活動出来る時間は、まだ十分に残っている。
 しかし、他の狩場に向かうにしてはもう遅すぎるため、何をしようか迷っているところだった。

「これからどうする?」

 一人で悩んでいても埒が明かないので、二人に聞いてみることにした。

「早めに帰ってきたから、あんまりすることないよね」
「そうなんだよな。俺は図書館にでも行こうかと思っているんだけど……その、二人は嫌だろ?」
「嫌だね」「嫌」
「あ、ですよねー」

 やはり、と言うべきかシャルとレナは読書が嫌いなようだった。
 冒険者として、これから活動していくとなると、色々な国や場所を訪れることになる。
 だから、そのために知識をつけておく事は必須……というより絶対に役に立つと思うのだ。

「そうだ! それならさ、私とシャルで一緒に買い物でもしようよ」

 ポンっと手を叩いて、レナは提案した。
 買い物か、シャルとレナは冒険者だけど女の子だしな。
 たまには、そういう女の子らしい事もさせてあげるべきだろう。

「いいんじゃないか?たまには息抜きも大事だよ」
「ほんとに!? やったー!」

 腕を上げて喜ぶレナに対して、シャルは嫌そうな顔をしている。

「私はアレンと一緒でいい」

 そんなことを言うシャルに内心ドキっとした。
 しかし、レナがシャルの耳元で何かを囁くと、

「やっぱりレナと買い物に行く」

 シャルの意見が変わってしまった。
 レナは一体、何を囁いたんだろうか。
 まぁ、女の子二人で仲良く買い物をしてもらっている間、俺は気兼ねなく本が読めそうだ。
 まさに一石二鳥だな。

「不遇職テイマーの成り上がり 〜スキル【吸収】でモンスターの能力を手に入れ、最強になる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く