不遇職テイマーの成り上がり 〜スキル【吸収】でモンスターの能力を手に入れ、最強になる〜

愛犬ロック

第28話 テイマーはキャラバンを救う

 ガタガタ、と揺れる馬車の中で俺は窓から流れる景色をボーッと眺めていた。
 今は、フォルトリアを出発して少し経ったぐらいだ。キャラバンに同行するのは初めての経験で、どんな冒険者が多いのかと鑑定を使ってステータスを覗いてみた。
 その結果……なんと、このキャラバンでは俺達が一番強かった。
 しかし、そんな事が商人に分かる訳もなく、俺達の待遇はあまり良いものでは無い。駆け出し冒険者として、あまり大きく無い戦力として見られている。そのせいで今乗っている馬車も乗り心地は良くない。ヴァスノスに着く頃には尻がかなり鍛えられそうだ。

「なに二人共ボーッとしてんの」

 対面の座席にいるレナが話しかけてきた。

「いやいや、俺はちゃんと窓の外を見て周囲を警戒しているぞ。職務を全うしている最中だ」
「どーだか。眠そうな顔してるし」
「眠そうな顔なんてしてねーよ。してないよな? シャル」

 隣の座席にいるシャルに顔を向ける。

「やる気の無いときの顔」
「……」

 シャルなら、「うん」と、答えるはずだ。そう思っていたのだけどな。予想外の返事に俺は黙り込んでしまった。
 レナは、クスクスと笑っている。
 窓の外の景色も変わった様子など何もなく、今のところ平和の一言に尽きる。

「もう! これから私達の冒険が始まるんだから、もっと元気出してよ!」
「それはヴァスノスに着いてからでいいだろー」
「えー嫌だよ。なんでそんなやる気ないの?」
「ここぞという時にやる気を出す為に貯金してるの。モンスターが襲ってきたとき、やる気が出ないと困るだろう?」
「はいはい、そうですね」

 実は昨晩、寝そうになったところを睡眠中のシャルに抱きつかれたのだ。引き剥がすと、起こしてしまいそうだから、そのままにしていたのだが……。
 結局、俺は全然寝ることが出来なかった。一緒に寝るのも困ったもんだ。

 そういう訳で、今は結構眠くて、睡魔と戦いながらボーッと外の景色を見ているのさ。ちゃんと起きてるだけ偉いと褒めてもらいたいぐらいだ。

「こうも平和だと、眠くなって仕方ないな」
「モンスターでも現れてくれれば、私達が活躍して名を売るチャンスになるのにね」

 名を売るチャンスか。
 確かに何人もの商人がキャラバンを組んでいるのを考えると、ここで活躍すると商人達に一目置かれるかもしれないな。

「でもレナは戦わないでしょ」

 シャルの渾身の一撃がレナに刺さった。

「そうですよ……どうせ、私は戦いませんよ……回復しか出来ませんよ……」

 予想以上に大ダメージを受けたようだ。
 レナは下を向き、いじけている。

「レナ、ごめん」

 シャルが頭を下げて、レナに謝った。

「……そこで謝られるともっと惨めになる」

 しかし、その行為は火に油を注いだようだ。
 仕方ない俺もフォローしておくか。

「レナが戦えない事は承知の上でパーティに入れたんだ。戦えない事を考慮してもお釣りがくる程のサポート能力があるんだから気にするなよ。シャルも冗談のつもりで言ったんだよな?」
「うん」

 シャルは、こくりと頷いた。

「うぅ……ありがとう」

 何とかレナの心に傷を負えずに済んだようだ。
 よかったよかった。
 そう安心していると、窓の外を四足歩行の大きな獣が高速で通り過ぎて行った。

「おい、今の見たか!?」
「今のって?」
「見てない」

 二人ともキョトンとした顔をしている。
 どうやら見ていなかったようだ。
 そうしている間にヒヒーンと馬が叫び、馬車が止まった。

「モンスターが出たぞ!」

 馬車を運転していた商人がそう叫んだ。
 間違いない、さっきの奴だ。

「行こう、二人とも」
「「うん」」

 レナの言っていたように今こそ名を売るチャンスだ。
 俺たちは馬車の外へ飛び出した。
 先頭の方では既に戦いが起こっているようだった。
 大きい四足歩行の獣で背中には翼が生えている。鋭い牙に鋭い目つきがモンスターの獰猛さを体現している。

 ――鑑定


 種族:ウルフ族
 名前:ウィングウルフ
 レベル:45
 HP:12000
 MP:10000
 攻撃:15000
 防御:11000
 魔力:8000
 敏捷:12000

 《攻撃スキル》
【ウィングスラッシュ:レベル4】
【噛みつき:レベル5】

 《通常スキル》
【疾走:レベル5】



 結構な強敵だな。
 俺が知っているウルフより随分とデカイが、コイツもウルフ族のようだな。ゴブリンとホブゴブリンみたいな違いだろうか。

 現在、先頭の馬車に乗っていた、俺たちを抜いて一番強い冒険者のパーティが戦っている。
 どうやら苦戦しているようだ。
 一人の男の冒険者ウィンドウルフの爪に引き裂かれ、重傷を負っている。

「レナ、回復を頼む」
「分かった!」

 レナは重傷者のもとへ走り、ヒールを唱える。

「あ、ありがとう……助かったよ」
「いえいえ!」

 あの様子だと、一大事にはならなそうだ。
 それなら俺たちは、ウィンドウルフに集中するだけだ。

 今、ウィンドウルフと戦っている冒険者は2人。
 重傷を負ったメンバーを除いた一番強いとされているパーティメンバー達だ。
 他の冒険者達は、ウィンドウルフを恐れて戦うところを見守っているだけだ。
 商人達は怒っているが、ステータスの差を考えると仕方のない事だろう。

「助太刀するぜ」

 俺は冒険者に襲いかかるウィンドウルフの爪を剣で止める。
 その瞬間、ウィンドウルフの動きは止まり、大きな隙となる。

「シャル! 今だ!」
「うん」

 ウィンドウルフの背後に回ったシャルは、翼を斬り裂き、背中に剣を突き刺した。


「グオアアアアアアア」


 前足をあげ、怯むウィンドウルフ。
 シャルはウィンドウルフの腹の下に滑り込み……一閃。

 一瞬のうちにウィンドウルフは力尽き、光の粒子となって消えていった。

「君達は一体……」

 戦っていた冒険者のリーダーらしき一人が唖然としながら呟いた。


「不遇職テイマーの成り上がり 〜スキル【吸収】でモンスターの能力を手に入れ、最強になる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く