不遇職テイマーの成り上がり 〜スキル【吸収】でモンスターの能力を手に入れ、最強になる〜

愛犬ロック

第24話 テレサの夢、叶う

 テレサの工房には、色々な物で溢れていた。
 とくに木造の長い机の上には見慣れない物が乱雑に置かれている。

「テレサ、机の上にある物ってなんだ?」
「ん? それはね、私の発明品達だね」
「発明品? テレサは錬金術師だろ? 発明なんて出来るのかよ」
「おやおや、アレン君は私の事を甘くみているようだね。天才に不可能の文字は無いのさ」

 テレサは、チッチッチ、と舌打ちをしてドヤ顔で人差し指を左右に振った。
 しかし、論より証拠だ。机の上には大量の発明品が置かれている。テレサは間違いなく天才なのだろう。

「……テレサ、私にはガラクタにしか見えない」

 机に近づき、テレサの発明品を間近で見たシャルはそう言った。
 どれどれ、とレナもシャルの後を追い、テレサの発明品の一つを手に取る。

「テレサさん、これどうやって使うの?」
「お、そいつは中々の発明品だねぇ。小さい物をセットして、引き金を引くと筒の先端からセットした物が飛び出てくるんだ」

 テレサの説明を聞いたシャルは、少しだけ険しい顔をした。

「ガラクタ……」

 声が聞こえた訳では無かったが、シャルは小さく口を動かしていた。
 声が聞こえなかった原因は隣にいたレナのおかげだ。シャルとは逆の反応をしていたのだ。

「うわー! 何か凄そう! 試しにやってみてもいいですか?」

 ワクワクとした表情のレナ。
 しかし、俺もシャルと同意見で、レナが今手に持っている発明品はガラクタな気がしてならない。

「いいよー。えーと、何か飛ばしたい物はあるかい?」
「飛ばしたい物持ってる方が珍しいんじゃない? そういう訳で飛ばしたい物は無いですよ」
「はっはっは、確かにその通りだね。なら、これを使うといい」

 そう言って、テレサがレナに手渡しした物は、小さな球。
 飛ばすのにちょうど良さそうな手頃な物だ。
 それにしても一体、何処から持ってきたのだろうか。

 レナは小さな球をセットして、引き金を引いた。

 ポーンッ。

 勢いが無い訳でもある訳でもない、そんな微妙な勢いで小さな球は放物線を描いて飛んで行った。
 なるほど、これは間違いなくガ・ラ・ク・タ・だ。

「おー、結構面白いですね」
「だろう? 私の発明品の中で一二を争う発明品だからね! 舐めないで頂きたい!」

 しかし、何故かレナは楽しそうにしており、二人で何か盛り上がっていた。

「……シャル、やっぱりテレサは馬鹿なのかもしれない」
「うん、本人もそう言ってる」

初対面のときに言ってたな。バカと天才はイコールで結ばれているとか何とか。

「確かに、そういえばそうだったな」

 さて、テレサの工房にはガラクタで溢れていることが判明したところで、そろそろ本題に移すとしよう。

「それでテレサ、お願いってなんだよ」

 テレサはクルッと回転して俺の方を向いた。

「そうだったね! じゃあ、まずアレン君の職業を教えてくれるかい?」

 俺がテイマーだという事はギルドでの一件のせいで、冒険者たちに俺がテイマーであることは結構知られてるだろうから隠す必要もないか。

「テイマーだけど」
「うおおお! やっぱりテイマーかー! なら話は早い! アレン君! 君のスライムを1匹私にちょーだい!!!」
「あー、そういえばスライムをペットにしたいみたいな事を言ってたな」

 当たり前だが、テイムモンスターを誰かにあげたことは一度もない。あげれるかどうか分からないが、出来る限りテレサの望みを叶えてやりたい。

「うんうん! 言った言った! それでー? アレン君。私的には良い返事が聞きたいところなんだけどー」

 両手を合わせながら、くねくねと体を動かすテレサ。

「あげれるか分からないけど、やってみるか」

 グリーンスライムは1匹しかテイムしておらず、希少なので沢山テイムしてあるブルースライムを召喚する。

 1匹のブルースライムを召喚すると、テレサは目を輝かせた。

「キタアアアアァァァァ!!! スライムウゥゥゥゥ!!!」

 あまりの絶叫に俺達は顔を歪ませ、耳を手で塞いだ。
 声が大きすぎて少しビックリした。

「……うるさい」
「どんだけ喜んでるのよーもう」
「これを興奮せずにいられるか! ついにスライムをペットに出来る時がやってきたのだから! ふはははは!」

 そう言って、テレサはスライムに飛びついた。
 どうやらテレサは飛びつくの好きなようだ。俺とシャルも初対面のときに飛びつかれた。
 だが、スライムのHPは1だ。飛びついた衝撃とかで死んでしまう可能性だってある。

 スライムはテレサに飛びつかれ、ポヨンポヨンと身体を変形させながら抱きしめられている。
 よかった。スライムは無事だ。

「デュフフフフー可愛いなぁ! このこのー!」

 テレサは恍惚な顔でスライムに抱きついて、弾力のある身体をぷにぷにと触っている。

 ステータスを見ると、《テイムモンスター》にブルースライムの表記がある。
 うーん、念じたらテレサにあげれるとか出来ないかな。

 《ブルースライムの使役権限をテレサ=フィーヴァーに譲渡しますか?》

 脳内に恒例の無機質な声が響いた。
 ……どうやら、念じるだけでテイムモンスターを他人にあげることが出来るのかもしれない。
 まあ、ラッキー。そういう事なら、テレサにブルースライムをあげちゃおう。

 《ブルースライムの使役権限をテレサ=フィーヴァーに譲渡しました》

 よし、これでブルースライムはテレサのテイムモンスターになったはずだ。つまり、ペットに出来たってことだな。

「テレサ、ステータスを見てみてよ」
「ん?――うおおおおおおおぉぉぉぉ!!! ブルースライムが私のテイムモンスターになってる!」

 はい、本日二度目の絶叫。
 一度目より大きな声で叫んでおり、余程嬉しいんだろう。
 少しウザい気もしたが、そんなに喜んでくれたなら何よりだ。

「いやー、アレン君。本当にありがとう! 本当にペットに出来るとは思ってなかったよ。そういえば、お礼はゲブランの武器だったね。今、ゲブランを拉致して――」

 拉・致・し・て・く・る・、とテレサが言いかけたときに工房の扉が開いた。

「おい、テレサ! うっせえーぞ! 何回もギャーギャー騒いでんじゃねぇ!!」

 扉を開けたのは、怒った様子のゲブランだった。
 テレサは指をパチンと鳴らして、悪そうな笑みを浮かべこう言った。

「ゲブラン! ナイスタイミング!」

「不遇職テイマーの成り上がり 〜スキル【吸収】でモンスターの能力を手に入れ、最強になる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く