不遇職テイマーの成り上がり 〜スキル【吸収】でモンスターの能力を手に入れ、最強になる〜

愛犬ロック

第19話 テイマーはトレントを吸収する

 周りにいたトレントは消え、残る2体のトレントは俺とシャルにヘイトを向ける。
 だが、もう遅い。
 負ける要素は全て消え、もう俺達の勝ちは確定しているのだから。


 地面を蹴ると、いつもより大きく踏み込めるのが分かる。
 一瞬にしてダメージを負っているトレントに近づき、斬りかかる。


 ――ウッドシールド


 キンッ。


 トレントの枝によって、剣が弾かれる。
 ステータスが上がっても、流石にウッドシールドを破るのは無理そうだな。
 シャルの魔剣と攻撃力でも突破出来なかったのだから当たり前か。


 だったら、さっきのようにショルダータックルをぶっ放せばいいだけだよな。


 ――ショルダータックル



 剣を空中に投げ、トレントにショルダータックルをお見舞いする。
 ステータス値が上がったため、突進を組み合わせなくても同等の威力が出た。
 トレントは案の定、地面に倒れる。


 俺は飛び上がり、空中に投げていた剣を掴み、落下と同時に横になっているトレントに剣を突き刺す。



「GOAAAAAAAAAAAAA!!!!」



 トレントを倒した俺の脳内に、あの声が鳴り響く。



 《トレントが仲間になりたいようです。仲間にしますか?》



 このセリフが聞けるのをずっと待っていた。
 Cランクのトレントを吸収出来れば、一段と強くなれる。



 《トレントが仲間になりました》



 トレントには申し訳ないが、サンタ=クロースが見ている手前、トレントが再び姿を現わす前に吸収しておきたい。


 何も喋ってやれずに悪いな、と思いながらすぐに吸収した。



 種族:人間
 名前:アレン=ラングフォード
 性別:男
 年齢:16歳
 職業:テイマー
 レベル:30
 HP:22210
 MP:8890
 攻撃:19630
 防御:18420
 魔力:11430
 敏捷:14090

 《恩恵》
【獲得経験値上昇(小)】

 《耐性》
【痛覚耐性(小)】
【物理攻撃軽減】
【魔法攻撃軽減】
【状態異常軽減】

 《職業スキル》
【テイム:レベル2】
【鑑定(ステータス限定):レベル2】

 《攻撃スキル》
【ウッドランス:レベル4】
【ドレイン:レベル4】
【ショルダータックル:レベル3】
【突進:レベル2】
【噛みつき:レベル2】

 《防御スキル》
【ウッドシールド:レベル4】

 《強化スキル》
【身体強化:レベル2】

 《通常スキル》
【棒術:レベル1】
【剣術:レベル3】
【斧術:レベル1】
【槍術:レベル1】
【疾走:レベル2】

 《魔法》
【スリープ:レベル2】
【ポイズン:レベル2】
【パラライズ:レベル2】

 《ユニークスキル》
【吸収:レベル1(MAX)】
【自己再生:レベル1(MAX)】
【意識共有:レベル1(MAX)】




 顔がニヤけるのを必死に抑える。
 ついにMPを除いたステータス値が5桁になった。
 少し前までは考えられなかったステータスだ。
 ああ……堪らないな。
 強くなるのが楽しくて、楽しくて仕方ないな……。



 ――おっと、今は目の前の敵に集中せねばならないな。
 もう負けることは万に一つもないだろうが、慢心しすぎるのも良くない。
 そう分かってはいるが、気が引き締まらない。
 心の何処かで、余裕だと高を括っている。



 気持ちを切り替えれそうにないな……。
 だが、あと1体程度なら大丈夫だろう。



 残る1体のトレントに視線を向けると――シャルが仕留めていた。
 ……あれ?
 シャルの攻撃はウッドシールドによって防がれるはずなのに……。
 何故だろうか。



「シャル、ウッドシールドはどうやって対策したんだ?」



 トレントを仕留めて、魔剣状態を解除して鞘に収めているシャルに近づく。
 相変わらず無表情で、この戦いでの疲労を全く感じさせなかった。



「レベルが上がったから倒せた」



 ほう、どれどれ。
 シャルに鑑定を使い、ステータスを拝見する。



 種族:ハーフエルフ
 名前:シャルレ=ハーティスメル
 性別:女
 年齢:15歳
 職業:魔剣士
 レベル:27
 HP:270
 MP:19000
 攻撃:270(20000)
 防御:270
 魔力:18000
 敏捷:19500

 《職業スキル》
【魔剣作成:レベル3】
【効果付与:レベル3】

 《攻撃スキル》
【剣舞:レベル3】

 《通常スキル》
【魔剣術:レベル4】




 ステータスの伸び方おかしくないか?君。
 30レベルの回復しか能のないレナは1万程度なんだが……。



「お疲れー、2人共」



 そう言ってレナが近づいてきた。
 戦闘中、視界に入る事はなかったが……どこにいたんだろうか。



「お疲れ、ありがとなレナ。あのとき助かったぜ」
「はは、あれぐらいしか仕事してないけどね。予想以上に強くて、他に回復する機会が見つからなかったよ」
「いや、あれだけで十分な活躍をしてくれたよ。ありがとう」
「……そうかい。なら、有り難くその言葉を受け取っておこうかな」



 レナの笑顔は……柄にもない純粋な笑顔だった。

 そこにサンタ=クロースが腕の怪我を抑えながらやってきた。


「……感謝はしねえからな」
「感謝されたくてやってんじゃねーよ。てか、これで俺のこと馬鹿にすんじゃねーぞ」
「しねーよ。俺より強い奴を何で馬鹿にする必要があんだよ」


 それだけを言うと、サンタ=クロースは仲間の元に行き、仲間を背負いながら町の方へ戻って行った。



「俺達も帰るか」
「うん」
「あれ、彼の後をついていかないのかい?あの状態でモンスターに襲われたら一溜まりもないよ」
「いや、いい」


 俺もそう考え、付き添ってやろうかと思ったが、やめた。
 それは、あいつのプライドを踏みにじる行為だろうから。



 ◇



 道中のモンスターを倒しながら冒険者ギルドに帰った。
 フォルトリアの森に出るEランクのモンスターは、もう相手にならないな。
 最初は少し緊張感を持って、戦っていたが、これぐらいのステータス差になると、スライムを倒すような感覚だ。




 冒険者ギルドに戻ってきた俺たち。
 ギルドに入ると、受付嬢が慌ててやって来た。


「アレンさん!フォルトリアの森にトレントが5体も発見された報告があったのですが、大丈夫でしたか!?」


 この慌てようだと、ここで倒したと言えば、騒ぎになりそうだな……。
 しかし、結局ギルドカードを見せるため、遅かれ早かれバレることになる。
 ならば、今さっさと言ってしまおう。


「トレント5体なら倒しましたよ」


 受付嬢は、ポカーンと静止した。
 そして……


「えええええええ!!!!!アレンさん達が倒しちゃったんですか!?」


 と、騒ぎ出した。

「不遇職テイマーの成り上がり 〜スキル【吸収】でモンスターの能力を手に入れ、最強になる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く