不遇職テイマーの成り上がり 〜スキル【吸収】でモンスターの能力を手に入れ、最強になる〜

愛犬ロック

第10話 テイマーはステータスの上限にぶつかる

ワイルドボアを吸収し、その後も森の中でモンスターを狩り続ける。

 フォルトリアの森に出る主なモンスターは、Eランクのワイルドボア、ウルフ、大ネズミの魔獣系のモンスターだ。
 しかし、Dランクモンスターも出現する場合がある。
 ここでは、オーク、ウルフの上位種であるシルバーウルフがそれに該当する。
 そして稀にCランクモンスターも出現するようだ。木の姿をしたモンスター、トレントの発見報告がある。
 万が一、遭遇した場合を考えて最善の注意を払っておく事が大事だろう。



「いってえッ!」



 そう意気込んで森の中を探索していたが、俺は植物系モンスター、イビルウィードを踏んでしまった。
 蕾や花の部分が口のようになっており、その中には歯が生えている。
 それを踏んだ俺は、足を噛まれてしまい、無様な叫び声をあげる事になった。


「ふんッ!」


 少しキレ気味にイビルウィードに剣を刺して、息の根を止める。


「アレン、どうしたの?」
「……イビルウィードを踏んだんだ」
「そう。気をつけないと」
「……はい」


 周りに気を配っていたら足元が疎かになっていた。
 この経験はきっと無駄ではない。
 これを一つの教訓にしよう。
 ……うん、俺はこれで一つ成長出来たんだ。恥ずかしがる必要はない。


「アレン、ウルフの群れ」
「あれか……スモールラビットを狙っているようだな」


 シャルが言う先には、4頭のウルフがいて、スモールラビットを狙っていた。
 スモールラビットは人間に害をなさない動物なので、モンスターとは認定されていない。
 また捕食される側であるため、野生ではああやって命を狙われることが多い。


「どうする?」
「スモールラビットよりウルフの方がステータスは高いから追いつかれてスモールラビットは捕食されるだろう。食事をしているときに隙が出来るだろうから、そのときウルフ達に攻撃を仕掛けよう」
「……分かった」


 シャルは不服そうな顔をしながら返事をした。
 何か不満があるのだろうか。
 もしかすると、シャルはスモールラビットを助けたいのかもしれない。女の子は可愛い動物に目がないから。


「……スモールラビット助けたい?」
「うん」
「そうか、じゃあ助けよう。今からウルフの群れに攻撃を仕掛ける。二人で二匹ずつ仕留めよう」
「分かった」
「よし、じゃあ行くぞ!」



 ――《通常スキル》【疾走:レベル2】



 疾走の効果は、今のステータスが低い俺にとって有難いスキルだった。

 《敏捷を+4000する。持続時間30秒》

 疾走を使い、ウルフの群れに駆け寄る。

 おっと、いけない。
 鑑定を使って、ステータス確認しないとな。

 種族:ウルフ族
 名前:ウルフ
 レベル:15
 HP:300
 MP:100
 攻撃:500
 防御:250
 魔力:100
 敏捷:600

 《攻撃スキル》
【噛みつき:レベル2】

 《通常スキル》
【疾走:レベル2】


 ワイルドボアと対して差はないな。
 恐れることはないが、一応用心しておこう。


 スモールラビットを追いかけるウルフは、俺たちの存在に気づいた。
 獲物の対象を変えて、俺たち二人に注意を向ける。
 だが、遅い。


 ウルフの一頭に剣を突き刺し、仕留める。
 疾走の勢いを利用して――


 ――《攻撃スキル》【突進】


 吹っ飛ばされたウルフに向かって行き、剣を突き刺した。


「ふぅ、難なく倒せたな」


 シャルの方を見ると、既にウルフを討伐し終えていた。
 そこで、頭に音声が鳴り響く。


 《ウルフが仲間になりたいようです。仲間にしますか?》


 一匹だけテイムが成功したようだ。
 もちろん仲間にする。


 《ウルフが仲間になりました》


『よし、早速だが吸収するぞ』
『了解です!!』


 最近、気づいてきたが、モンスター達は吸収される事に抵抗がない。
 もしかすると、吸収された先が素晴らしい場所に繋がっているのかもしれない。
 まぁ、そんな事を知るすべはなく、ただ従順なだけだろうが、吸収された先がどんな場所になっているのか、というのは気になるところだな。


「アレン、スモールラビット逃げちゃった」


 少し悲しそうな表情のシャルがこちらにやってきた。


「なんだ、捕まえて夕食にでもしたかったのか?」
「違う。触りたかった。もふもふ」
「あ、そういうことね」


 ちょっと今の質問……頭おかしかったなと反省した。
 食べられるのを助けてるのに俺たちが食べてどうするんだ、っていう。
 だが、スモールラビットの肉は柔らかく、結構美味いらしい。
 ……なんか勿体無いな。


 そんな事を考えていた俺をジーッと見つめるシャル。


「いや、スモールラビットが食べたいとか全然考えてないからね!?」
「アレン、嘘が下手すぎ」
「……すいません」




 その後、順調に狩りを続け、俺のステータスは倍以上に高くなった。


 種族:人間
 名前:アレン=ラングフォード
 性別:男
 年齢:16歳
 職業:テイマー
 レベル:21
 HP:5000
 MP:1682
 攻撃:5000
 防御:5000
 魔力:1724
 敏捷:5000

 《恩恵》
【獲得経験値上昇(小)】

 《耐性》
【痛覚耐性(小)】
【物理攻撃軽減】
【魔法攻撃軽減】
【状態異常軽減】

 《職業スキル》
【テイム:レベル2】
【鑑定(ステータス限定):レベル1】

 《攻撃スキル》
【ショルダータックル:レベル2】
【突進:レベル2】
【噛みつき:レベル2】

 《強化スキル》
【身体強化:レベル1】

 《通常スキル》
【棒術:レベル1】
【剣術:レベル1LvUP!→2】
【斧術:レベル1】
【槍術:レベル1】
【疾走:レベル2】

 《ユニークスキル》
【吸収:レベル1(MAX)】
【自己再生:レベル1(MAX)】
【意識共有:レベル1(MAX)】



 剣術のレベルが1から2に上がった。
 しかし、途中からモンスターを吸収してもステータスが上がらなくなった。5000で止まり、何故だろうと頭を捻らせていたところ、吸収のスキル説明をもう一度見たら原因が分かった。


 《テイムしたモンスターを吸収する事が出来る。吸収すると、モンスターの能力は自分の能力に加算される。吸収出来るモンスターの数に限りはなく、放出すればテイムしたモンスター同様に使役出来る(ステータス上限に達しました。上限を解放するには30レベルになる必要があります)》


 という訳で、30レベルまで上げる必要があるようだった。
 現在のレベルは21。
 今日で5レベル上がった。
 一応、恩恵で獲得経験値は微量ながらも上がっているはずなので、割と早くレベルが上がっていくのではないだろうか。

 シャルもレベルが上がっている事だろう。
 鑑定を使って見てみると……。


 種族:ハーフエルフ
 名前:シャルレ=ハーティスメル
 性別:女
 年齢:15歳
 職業:魔剣士
 レベル:15
 HP:159
 MP:7200
 攻撃:150(8400)
 防御:150
 魔力:6800
 敏捷:8800

 《職業スキル》
【魔剣作成:レベル1LvUP→2】
【効果付与:レベル1】

 《攻撃スキル》
【剣舞:レベル1LvUP→2】

 《通常スキル》
【魔剣術:レベル1】




 えぇ……。
 強すぎませんかね……シャルさん……。
 相変わらず、HPと防御の伸びが悪いもののそれ以外は破竹の勢いで上昇している。
 超攻撃的なステータスになっていて、一発敵の攻撃を喰らえばお終いだ。
 だからこそ、こんな勢いでステータスが伸びているのかもしれない。



 ◇



 冒険者ギルドで今日の討伐分の報酬金を受け取った。
 ウルフ22体。ワイルドボア15体。大ネズミ8体という結果だった。
 DランクやCランクのモンスターと出会う事なく、安全に狩りを終えれた。

 そして、報酬金はなんと……銀貨4枚と銅貨50枚!
 Eランクのモンスターは一体あたり銅貨10枚の報酬金が出る。
 その結果、これほどまでの大金を得ることが出来た。
 ……Eランクでこれなんだから、高ランクの冒険者はどれぐらい稼いでいるのだろうか……。


「思ってたより稼げたね」
「うん」


 冒険者ギルドから出た俺たちは、夕食を食べるべく昨日の酒場に向かっていた。
 日は沈みかけているというのに町行く人は、沢山いて多くの店がまだまだ営業を続けている。
 鍛冶屋だけでなく、食品を売っている店、服を売っている店、アクセサリーを売っている店……と様々だ。

 そんなときだ。



 ドゴーン!



 どこかで爆発が起きたような音がした。
 なんだなんだ?

 町の人たちは大きな動揺をしていないようで、ため息をついているドワーフが2人いた。


「はぁ〜、またあの錬金術師アルケミストか」
「ああ、鉱石を合金してもらうときは役に立つんだけどなぁ」
「分かるぜ、その気持ち。あのヘンテコな研究さえやめてくれれば、この町も少しは平和になるよな」
「違いねぇ。ところで俺はよ、あの錬金術師アルケミストが爆発させたときは酒を飲むって決めてんだ」
「お、いいねぇ。俺も付き合うぜ」


 ガーッハッハと笑いながら、肩を組み歩いていく2人のドワーフ。
 ドワーフは酒好きと聞いていたが、本当のようだな……。
 爆発が起きてるってのに、呑気なもんだよな。

 と思いながら、俺たちも酒場に向かうのだった。


「不遇職テイマーの成り上がり 〜スキル【吸収】でモンスターの能力を手に入れ、最強になる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く