とある物書きの辛口批評

蒼風

ご挨拶

どうも。初めての方は初めまして、そうでない方はこんにちわ。蒼風です。


前置きが長いと読んでもらえなさそうだから、結論から行きます。この評論は、


「『自分の作品を読んでほしい!』という作家さんの作品を読んで、批評する」


という物です。ほら、分かりやすい。

勿論これだけではふんわりとしていますので、具体的な流れを書きますと、


(1)まず蒼風さんが「自分の作品を読んでほしい!」という要望を拾い上げる
(2)拾い上げた作品を読む
(3)最後に作品の出来に応じて☆を付け、ここで批評(あればアドバイス)をする


といった按配です。ちなみに☆以外にも独自の評価基準を採用して、それ毎にグループ分けもしますよ。という感じです。


これで作家さんは読んでもらえるし、蒼風さんは名作に出会えるかもしれないし、その他のユーザーさんがここを見たらちょっとした指針になるかもしれないね!……というのを狙っての事だったりします。


後はまあ、批評とかアドバイスが何かの役に立ったらなおよし……という感じでしょうか。


レビュー欄だとどうしても「こここうしたらもっと良くなるのになぁ」みたいな事が書きにくいという事も有って初めてみました。


その他細かな事は概要を読んでください。無かったら「あ、まだ出来てないんだな」と思ってください。


では、何かの参考になることを願いつつ。

「とある物書きの辛口批評」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く