話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

なんか伝説の剣の付喪神になっていたので勇者と供に魔王倒します

コモレビ

1 お先まっくら

  目を開けると真っ暗だった。いや、目を開けたらというか、気付いたら真っ暗だったのだ。見渡す限り、否、見渡せているのかすら定かでは無いのだが、絵の具で塗りつぶしたような真っ黒な景色が続くだけ。詳しく状況を説明したいけどこれが何も見えないとしかいいようがないのよ。ちなみにテレビも無いし、ラジオも無い。 


  


えー。何この状況。 


  オーケーオーケー。 
落ち着こう。深呼吸、深呼吸。すーはー。 

  まず。 
この場所、真っ暗というか真っ黒なこの空間に俺はいる。そして、第一に考えられるのが失明の可能性。 

でもなー、そんな感じじゃあないんだよなー。いやだって普通さ、失明してたら病院とかにいてさ、何かしら音とか聞こえるはずじゃん。だから、失明っていう可能性は低いと思うんだよねー。まあ、同時に聴力も失ってたら話は別だけど。 

あと、この場所自体が俺っていうか、この真っ黒い空間と俺は運命共同体って感じがする。我ながら何言ってるか分からん。あくまで感覚だから。完〇感覚Dreamerだから。意味わからん。 

  そして、第二の可能性。 
いやー、あんまり考えたくないけどね。死んでしまったという可能性。もし、この可能性が本当なら、どうにでもなれっ!ってな感じで投げ出すけど。死んでしまったら仕方が無い。俺は基本的に楽観的な人間だしね。 
どうにかなるだろ! 

 ・・・ あれっ?俺ってこの状況に陥るまで何してたっけ。。思い出せねぇ。。 
1、2の、、、ポカン!じゃなくて。ポケモンでお世話になる技忘れじいさんじゃねぇかそれ。忘れてるじゃん。懐かしいの思い出したな。そんなどうでもいいことを考えながら、必死で記憶の断片を探る。 

  思い出すこと体感時間五分。 
やっと思い出しましたよ。ええ。ありがとう技忘れじいさん。君のおかげで思い出せたよ。感謝! 
確か、俺は親に連れられてご先祖様様様の墓参りの最中だったはず。そして、お墓の前で手合わせ錬成のポーズしていて、、、。 

  うーむ。こっからの記憶が無い。ぶっ倒れでもしたのかな?三徹くらいでネトゲやってたからそれはあり得るなー。でも、ぶっ倒れたからといっても、今のこの状況を説明する理由にはならないし。。。 

   
  辞めだ辞めだー!! 
過去を振り返るのはよくない!俺らしくないぞ! 俺達は今に生きてるんだよ! まあ、生きてるかわかんないんだけどね。 

  さしあたっては、現状を打破できるような行動をしよう! 
そうだな…。とりあえず走ってみよー! 


走れなかった。脳で命令はしてるんだけど体が動かない感じ。てか、体あんのか。 



じゃあ次、叫んでみよー! 

叫べなかった。脳で命令して(以下略 


まだ諦めないぞー!次ィー!ちょいと下品だけど、オ〇ニーしてみよー! 



シ〇れなかった。手の感覚がないし、何より。。 


 息子がいないいいぃぃぃいい!? 
ショックでしたよ。えぇ。



・                          ・                            ・ 
  


ぜーはーぜーはー。 
この状況を打破出来るかもしれない行動を片っ端から思いつくままに起こしてみたけれど、全て何も出来なかった。 
あー、ここまで来ると弱る。俺の鋼の精神力も音をあげてきてるよー。 
こうなったらもう神頼みしかないなー。困った時の神頼みだ!頼みの綱だ!神頼みだけに!なにそれつまんな! 


神様ァーーーーーー!この状況を覆して下さいーーー!お願いしまぁーーす! 




〈最高神アマテラスより、最下位神ソードへ、スキル「視覚  Lv.1」が授けられました。〉 



!? 
今なんつった?てか、今の声誰?びっくりしたー。 
あれ?なんか明るくなってきてる?徐々に視界が鮮明になってきて、、、。 
やったー!この真っ暗地獄から解放だー! 

光が射した。





喜びも束の間、久方ぶりに見ることのできた外の世界は、茶色の壁で覆われていた。 
頭上にはどこまでも続いている。まるで天国と繋がっている、そう思わせるほどの高さだった。いや、実際に繋がっているのかもしれない。 
出入り口の扉らしきものは見当たらない。この部屋?は、例えるならそう、、、。いや何でも例えられないな。自分の語彙力が死にたい。 

とにかく、監禁されてるみたいな感じだ。 

  え、なんで。 
およっ?しかも、なんか360度見渡せるし。そう言えば、蜘蛛は目が幾つもあって360度見渡せ、危険や獲物をいち早く察知できると聞いたことがある。俺の今の状態は蜘蛛のそれに近いのかもしれない。いや便利かよ。 
だけど、なんで。 
あ、よく見たらガラスで囲まれてるわー俺。え、なんで。 


えー、なんでー? 


あ、そういやガラスってことはさ、360度見渡せる謎の俺の状態、鏡の要領で反射させて見れるじゃん。ガラス便利ー。 
どれどれー? 






ガラスには、薄く、泰然と立派な大剣が映っていた。 



〈称号「神の宿りし剣」を獲得しました〉


「なんか伝説の剣の付喪神になっていたので勇者と供に魔王倒します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く