猫の私は同性愛者を好きになっちゃいました!?

あいす/Aisu

第6話





「へぇ…"人間の"耳はないんだ〜」

怖い…この先生怖いんだけど!?
人間のってとこだけ強調して言ってくる…

「ひゃっ!?」

猫耳を触られる。くすぐったい…

「あ、嫌だった?」

少し嫌だけどここは

「だ、大丈夫です…」

と答えた。あまり気分を損ねさせてもいけないからね。

「明日花ちゃんは優しいね〜…イカ耳になってるよ〜?」

イカ耳?猫なのにイカ?なんなんだろ?

「イカ耳って言うのはね〜…興味津々で集中しているか、警戒や不安、イライラや不愉快、不満。さらには怒りと恐怖や服従という感情を表していて〜………」

なんだかいきなり語り始めたんですゲド…というか猫耳を見るだけで感情がわかるんだ…感情で形が変わる猫耳にびっくりだし見ただけわかる先生も怖い…

「とまぁ猫耳でわかる情報はこれぐらいかな〜…」

先生の超が3つつくほどにながかった話が終わった時、チャイムがなった。

「あらら…こんなに話し込んじゃったのね〜…そろそろ教室戻ったりできる?もしアレだったらもう少しいてもいいけど…」

「えっと…もう少し居させてください…やっぱり教室は色々やばいです…」

「やっぱりね〜…先生に話しといてあげようか?」

「!! ありがとうございます!」

これで何とかできそうだ…!




久しぶりの更新でごめんなさい!
メインの方を書いて終わりみたいなことを繰り返しておりました…
あげれる時に上げます…


「猫の私は同性愛者を好きになっちゃいました!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く