猫の私は同性愛者を好きになっちゃいました!?

あいす/Aisu

第2話







「どうしよ…?」

私は考えたが、いくら考えても何も思いつかない。

「学校…」

そう。最初の難関は学校。
学校に行くと友達から変な目で見られるのは確定していて、さらには先生にまで分からないかもしれない。いや…確定でわからない。
見た目は全体的に変わった。
前は黒髪だったのに今じゃ白で猫耳や尻尾もある。

「取り敢えず…今日は休んで考えようかな…?」

私は洗面所にある椅子に腰掛けた。
私は今日は休もうか考えたが、今日丸一日考えても何も思いつかない気がしてきた…

「にゃ〜……え?私今なんて言ったの?」

にゃ〜…?ネコの鳴き声?無意識にこんな声が?もしかして心までネコになってきちゃったの?

「え?え?え〜?」

もう私は半ば考えるのをやめた。

「なんか眠い…」

私はふとそう思い、寝室へと歩を進める。




私はベッドにゴロン…と横たわり、今後のことを考える。
もし学校に行ったらどうなるだろうか…?
いじめられてしまうかもしれない。
友達がいなくなってしまうかもしれない──。
ダメだ!何を考えてもネガティブに考えちゃう!
そう思った私はある決断をするのだった。


「猫の私は同性愛者を好きになっちゃいました!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • あいす/Aisu

    はい!楽しみにしておきます!
    ((┌|o^▽^o|┘))♪

    1
  • ミツキ

    公開はまだ先なのでその時はお楽しみに(´∀`)

    1
  • あいす/Aisu

    そうなんですか!
    -(๑☆‿ ☆#)ᕗ
    私の場合はできるだけ話数を増やすようにしています。
    (´ー`*)ウンウン
    短くてもいいと思いますよ!
    (*・ω・)/:*:・:*:・
    ミツキさんの作品早速読んできますね!
    (◎´艸`{ばーい

    1
  • ミツキ

    少し前から自分も(小説)書き始めましたけど全然進まないです(原因・ゲームとか動画とか…)
    短く細かく書いて早く出せるようにしようかな( ̄▽ ̄;)

    1
コメントを書く