話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

爆乳政治!! 美少女グラビアイドル総理の瀬戸内海戦記☆西海篇

スライダーの会@μ'sic Forever

―神戸 福原官邸―

「昨晩は随分と夜更かしされたようですね」

「ああ、年甲斐もなくやってしまったよ」

「私も学生時代を思い出しますよ」

「おいおい。徹夜麻雀と一緒にするかね、君は」

 《福原官邸》と俗に呼ばれる、宇喜多清真の屋敷は元々神戸を支配していた日共の高官が使っていた建屋で、宇喜多が福原にて兵を起こした時に手を入れて以来ずっと彼の屋敷として扱われていた。日共の高官の審美眼を全く理解できなかった宇喜多は接収してまず持ち主の色を全て塗り潰し、真っ新なようにして屋敷を作り変える事に熱中していた。その片手間に始めた播磨三木の戦いで宇喜多の軍に惨敗を喫した日共の軍隊は誠に不憫でならないが、その日共の将軍であった者達はすべからく今宇喜多の軍門にあって老将ながらも歴戦の経験を生かしている。宇喜多はそのものを叩き壊す事をしない男だった。器に価値を見出したのなら、その理を変えて用い続ける男だった。彼はその喩えによくイスタンブールIstanbulのビザンチン様式のモスクを挙げているが、それは彼がムスリムだからである。



「それにしても、ご友人の方を矛としてお使いになられるというのも、いやはや恐れ入る事です」

「随分と口のきき方を覚えたな、三沢」

「あなた様の受け売りで御座いますれば」

 ちょくちょく毒を吐く宿直・三沢実幸に対して宇喜多は多少睨むような視線を浴びせるが、三沢はどこ吹く風と言った具合である。

「無駄口ばかり覚え負って…そんな口ばかり利いた覚えは無いぞ?」

「覚え無き程に、で御座いますよ」

 三沢は毒を吐きながら淹れたコーヒーを宇喜多が腰を据えている執務室のデスクに置いた。宇喜多はそれをためらいもせずに口元まで持ち上げた。

「…ふ、言い寄るわ」

 宇喜多は背もたれに体重を掛けながらコーヒーを啜っている。それを見て思い出したように三沢は話し出した。

「ところで、宇喜多様」

「ん? 扶持ふちなら増やさんぞ」

「それは残念ですが、別件です」

 三沢はさらっと流した。宇喜多は平素の澄まし顔を見て、別件を悟れた。付き合いは長い。

「…太子党の犬めらが騒ぎ立てておるのか」

「御意。境港のBMP-2について、詳細が聞きたいそうでしたよ、周上尉は」

「ああ、アレか」

「知っていたのですか」

「当たり前だ」

 ならこっちに言えよ、じじい。三沢はそう思った。

「普段の保管スペースでは危険なものでな」

「積荷はやはりそれだけのものなのですか?」

「まあな。別に吸ったら皮膚がただれたり、星川の化粧が剥がれたりするわけじゃないんだがの。不用意に近づいたら生きては帰れん」

「中身は猛獣ですか、あれは」

八洲やしまの連中が一門郎党ことごとくを動員してどうにか退けたそうだ。少なくとも、我々の想像が及ぶ程の人間じゃないんだろう」

「そんな化け物、何に使うんです?」

 三沢は少し溜息をついて述べたが、宇喜多はそのままコーヒーを啜って続けた。

「…使い所はある。精士郎せいしろうに内緒で聞いた所では雇った一流の狙撃手を遠方より認知し、追い詰めた挙句―――ったそうだ」

 ん?

 三沢は聞き取れない部分が無性に気になった。しかし、宇喜多はもう言い切っている。敢えて問わない事にした。

「吉野菫でも狙いますか?」

 三沢は自分のコーヒーを淹れている。宇喜多もそちらを向かない。

「一考の余地はある。腕の一本でも持っていければ随分と気落ちするだろうしな」

 宇喜多は再びコーヒーに口をつけた。三沢は手にコーヒーと砂糖入れを持って宇喜多の対面に座った。

「ところで、さっきおっしゃられていましたが、星川女王の化粧はマスタードレベルじゃないと無理なんですかね」

「無理だろうな。聞く所によれば国家予算級の開発費だそうだ。あのオリーブ女も随分苦労するの」

「オリーブ‥? ああ、上杉うえすぎ橄欖かんらんですか。あの露出狂女」

 宇喜多は呆れたように口角を上げた。

「本当、君も随分言う様になった」

「星川の連中には色々喰わされましたからね。言いたい事は山ほど」

「ふ、あの小童どもの見え透いた手に乗る貴様らの方がどうかしとる。それに無くしたのは精々小銃千丁あまり。目くじら立てる程では無いわ」

「それでも、一通りの『お返し』はしてやりたいものです」

 三沢の口振りは軽い。しかし、宇喜多は一刻、思う所があり、その後に続けた。

「なら、腕の良い連中を紹介しよう。狙撃、服毒、爆殺、辻斬り、床上手、内憂に火をつけて燃えたぎらせる、どんな奴も知っているが御所望は如何に、お客さん?」

 三沢は目を笑わせた。

「ああ、実に素晴らしい交友関係ですね。全く、悪人政治家ここに極まれり」

 三沢の言葉に宇喜多は心外そうな顔をした。

「政治家たるもの、せめて一人や二人、匕首を握らせる者がいなくてはならぬよ」

「勉強になります。しかし、狙撃手と服毒者は何となく素性がわかりますが、床上手と放火魔は知りませんね。どなたでしょう? 星川家は女ばかりですし」

「吉原に知人がいる。あそこの上役は食えん奴だが、下っ端共を狩り出すくらいわけないね。そういう伝手はある。昨今は女も遊郭通いをするようだしな」

「はあ、世も末ですねぇ」

 三沢はわかりきった事にリアクションを取った。宇喜多はそれに続けた。

「遊郭を利用して策を巡らすのは古今の手。ラテン人もゲルマン人もやった手だ。使い古された手だが、効果はやはり高い」

「欲に際限無し、ですか。それも肉欲と食欲は生き物ならば仕方がない。まして、万年繁殖期の人間なら尚更です。しかし、そういう所から離れる為の共産主義だったのに。数十年の苦行は何だったのでしょう?」

くびきを離れた後遺症だ。日共の上や〈科学者〉どもがどこまで本気だったかは知らんが、所詮実力で抑え込んだ人の性よ。西側文化の欲には際限がないしな。直ぐに色狂いになるさ。まして国が倒れたばかりで皆手持ちは身体だけだ。金も物も無い無い尽くし。遊ぶならそれしかなかろう」

「とは言いつつ宇喜多様、福原の歓楽街は潰してしまいましたね」

 三沢の言葉に宇喜多は顔を崩した。

「良いザマであったろう? 郷家も兵介もよくやってくれた。あれ程痛快な物は無かったのう」

 カッカ、と喉を鳴らして笑う宇喜多だが、三沢は現場にて歓楽街が燃え落ちる様を見ており、とてもそういう気分にはなれなかったが、一応愛想笑いはしておいた。



 革命後お尋ね者となっていた日共の幹部達が逃亡資金を得るために娘を売ったという事案は聞いていたが、実際の有り様を見るとやはり怒りが収まらないのが人情というものではある。

 宇喜多は歓楽街に足しげく通う新興富裕層が日共幹部の逃走を支援していると聞き、大坂に黙って独自調査していたのだがそこで知り得たのは、親から憎め憎めと教え込まれた敵である客に貪り尽くされ、終いには取り返しのつかない身体になって歓楽街から厄介払いされた女達の無残な姿であった。

 無縁に堕ちたその者達の虚ろな目と摩耗し切った肉体。宇喜多は若い頃にアフリカで見た光景と酷似した実態に怒り狂った。所詮、この国の民でさえこんな物だ、と。

 結局彼も人の子であり、加えて、理念は兎も角としても、振るう手を欲しいままにする専制君主であった。怒りのままに弟の将軍 浮田郷家と出雲党の豪傑で浮田の部隊にて大隊長を務めていた山路兵介に命じ、歓楽街を一斉に取り締まった。取り締まりを利用し、暴力分子を排除するという名目で、女衒ぜげんも客も寄生者達もヤリ手婆まで皆、殺した。宇喜多清真も側近達を連れて駆け付け、「清め」の炎が歓楽街を包み込む様を見届けていた。そして殺された客達の骸に鞭を打ち付けるために、詭弁虚言様々に駆使して、客達の資産を奪い取り、その名誉を悉く剥奪した。その一族達も徹底的に追及し、根絶やしにしてしまったのである。大坂はこの事実には一切関わらずにいた。知っても是認も否定もしなかった。宇喜多を恐れたのである。

 この時の彼は、極めて狂気的であった。それは彼が信仰するイスラムの教えに、ではない。単に己の理想にであった。国に帰って幾十年の時を経て、現実を前に封じるしかなかった青い理想は、偶然目にした非道を前に再び彼を充たした。失われた自らの在り様を不意に取り戻した主人が、三沢には実に恐ろしかった。これほどのものはない、と。三沢は軽口を叩いて彼と付き合いながらそう思っていた。

 理想ほど、仄暗ほのぐらき本質を示す物はない。理想ほど、正義を冠する凶気を生み出す物はない。

「で、どうする? 星川もやるか?」

 物思いに僅かに耽っていた所で、不意にかかった声に三沢は一瞬慌てた。

「ええ…っと、突然殴りかかるのも、アレですかな…?」

 宇喜多は怪訝な顔をした。

「ん? どうした、さっきの勢いは? まあ、良いが。それならアレだ、アレが良い」

「ッ‥アレとは?」

「星川女王の懐刀、上杉橄欖はどうやら他の連中と対立しているそうでな。科挙と節度使、石田いしだ三成みつなり加藤かとう清正きよまさ相良さがら武任たけとうすえ晴賢はるかたみたいなもんだろうが、特に星川子飼いの笹川ささがわなにがしとか言う男が常に殺さんばかりに彼女を睨み付けておるという。狙い目だとは思わんか?」

「…面白そうですね。それを如何に料理するかですが」

「激発するだけでも愉快な事だ。笹川、摂津せっつ小田おだ岩月いわつきと武闘派が多い星川家だ。まあ軍閥ゆえ当たり前だがな。こ奴らを用いて上杉を引き摺り下ろせば貴様らも満足であろう?」

「ええ、堪らない」

 三沢は先ほどの物思いをどこかへ投げ、愉快な話に意識を集中した。所詮、三沢は嗜虐の虜である。宇喜多は更に付け加えた。

「因みに橄欖には心のみ交わした者がおるそうな。狙い目はそこだな」

「はて、それは何故でしょう?」

「キリスト者だそうだ、そやつ。コミュニストだった橄欖を主の教えに帰服させたという打たれ強い男だそうだ。こやつを叩けば橄欖の心は必ず折れる。いや寧ろ」

「砕ける。それも木端微塵に。オリーブはしぼみ、油の抜けた奴は只の枯草。星川も柱が折れ、後は手足が頭を真似て嘗ての大本営の様になる」

「明察だよ、三沢。やっと追い付いて来たな」

 宇喜多は弟子の答えに喜びを隠さない。三沢も光栄とばかりに破顔し、加えて心中で星川の城の前で笹川達が膝をついて聖戦に敗れた事を詫びる、どこぞの記録映画で見たような光景を夢想し悦に入った。

 これから暫くの間、獲物を星川から清水、東京、吉野、更には和泉女院にまで広げて主従2人は嗜虐の策を語り合った。全く、似たり寄った主従である。

 傾いた日を追って夜が頭上へやって来る。主従の穏やかな時間であった。

 日が暮れると、福原は静まり返った。最早人心を湧かすネオンの灯はない。静寂という言葉がよく似合う、そんな頃合いとなった。


【上杉橄欖・星川初・小田皐月】
http://img1.mitemin.net/c4/0i/cv9u9hold7wyjjn5gzgad4fyif5m_boq_zk_lo_p55x.png
(紅蓮つづり)

「爆乳政治!! 美少女グラビアイドル総理の瀬戸内海戦記☆西海篇」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く