Aprikosen Hamlet ―武蔵野人狼事変―
現代アクション

連載中:10話

更新日:

Aprikosen Hamlet ―武蔵野人狼事変―

  • あらすじ

     【速報】東京にミサイル着弾、電磁パルスによる被害甚大。国籍不明機侵入!---
     
      19世紀後葉、明治維新・戊辰戦争によって、江戸幕府は滅び、七百年間に及ぶ「武士の世」は終わった。250~300地域の藩が割拠し、更に維新軍(討幕派)と幕府軍(佐幕派)とに分断されていた日本列島は、朝廷を戴く新政府によって統一された。西南戦争などの士族反乱も次々と撃破される中で、新しき時代から取り残された武士達は、やがて歴史の陰影へと消え去った。そして、それから百五十年の歳月が過ぎた。
     
      数多の戦争・災害と、先般の「武蔵野事変」による混乱を乗り越えた現代日本は、長期安定政権の統治下、オリンピックに象徴される好景気によって、来たるべき新元号の時代を夢想しながら、一時の平和と繁栄を謳歌し、国際的にも、東方アジアの緊張緩和が模索されていた。だがしかし、数十年来の積弊である膨大な借金と、社会保障・教育無料化・五輪開発などの巨額歳出、そして赤字国債の際限なき濫発は、国家予算を未曾有に圧迫し、遂に財政破綻・大恐慌の悪夢を現出した。日本政府の国際的信用が失墜する中で、東京・武蔵野・三鷹・栃木・伊豆・沼津など関東・東海地方の諸都市は、軍産複合国家アフィリランドの支援を背景に、自由都市としての独立性を強め、事実上の小国家群を形成しつつあった。かくして、我が国は再び分裂の危機と、再統合への挑戦、その岐路に立たされる事となった。
     
      一方、数年前の大震災から復興しつつあった東北地方では、ヒトの姿でありながら人肉を捕食する、「食人種」と呼ばれる人喰い族の出没が、相次いで目撃されていた。この情報を把握した、一部の都市国家や軍需産業は、食人種の生態を研究し、生物兵器として軍事利用する計画を進めていた。その結果、人間をゾンビ化させるウイルスが開発され、それはやがて、「第二次武蔵野戦争」と呼ばれる武力衝突を引き起こす事になる。正体不明の未知なる侵略者に対し、都市同盟軍は決死の迎撃を試みるが、食人種ウイルスがパンデミックし、流言蜚語が錯綜する混沌の中で、各地域の住民同士が、互いを「ゾンビ感染者」ではないかと疑心暗鬼し、魔女狩りのように拷問・処刑するという、凄惨な「リアル人狼ゲーム事件」が頻発する。
     
      こうした中、私自身も教会騎士団の一員として、要塞化された東京湾に面し、羽田国際空港を擁する大森・蒲田の軍管区で、戦闘に参陣する事となった。そして、緒戦から最終決戦へと至る中で、比類なき活躍を魅せた謎の義勇軍、通称「アプリコーゼン中隊」の存在を知るに至った。元号が変わりつつある今、生き残った私は、この英雄達の言行録を軸として、武蔵野戦争の軍記編纂に参画し、記憶継承に携わり続けようと決心した。私達は何を得て、何を喪失し、なぜ戦わなければならなかったのかを解き明かし、それこそが、今となっては遠き日に旅立った戦友に対する、最大限の祝辞と成り得る事を祈って…。
     
     【参考文献】
     1. 林憲二・緑川章一『めぐる地球 ひろがる宇宙』(共立出版1993)
     2. 桂令夫『イスラム幻想世界 怪物・英雄・魔術の物語』(新紀元社1998)
     3. 八川シズエ『パワーストーン百科全書331』(中央アート出版社2000)
     4. 品川歴史館『モース博士と大森貝塚 改訂版』(品川区立2001)
     5. 鏡リュウジ『はじめてのタロット』(集英社2003)
     6. 東ゆみこ・造事務所『「世界の神々」がよく分かる本 ゼウス、アポロンからシヴァ、ギルガメシュまで』(PHP文庫2005)
     7. 新井田秀一『宇宙から見た日本 地球観測衛星の魅力』(東海大学出版会2006)
     8. フィリップ パーマット『クリスタルタロット』(ガイアブックス2011)
     9. 貝塚爽平『東京の自然史』(講談社学術文庫2011)
     
     http://スライダーの会.blogspot.com/2018/11/Aprikosen-Hamlet.html
     

「Aprikosen Hamlet ―武蔵野人狼事変―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品