後輩は積極的

Joker0808

第12話

「岬君じゃない、何をしているの?」

「い、伊島先輩……」

 俺の後ろに居たのは、同じサークルの先輩である、伊島先輩だった。
 
「一人? それとも御子と一緒?」

「なんでそこで間宮先輩が出て来るんですか……」

「いや、なんかセットのイメージだからさ。まさか一人?」

「そんな訳無いでしょ? バイト先の後輩と来てるんです」

「それって男? 女?」

「それは……」

 俺は伊島先輩に聞かれ、正直に答えるかどうか悩んだ。
 この伊島先輩は間宮先輩の幼なじみだ。
 仲も良く、伊島先輩に話した話しは、数分後には間宮先輩の耳に入っている。
 もしも俺がバイト先の女の子、しかも女子高生とプールに行っていると間宮先輩の耳に入れば……。

「また面倒な事になる……」

「え? 何か言った?」

「いえ、何も……ちなみにここには、バイト先の男の後輩と来ました!」

「なんで男を強調したのか分からないけど……そう、私はここで短期のバイトしてるのよ」

「そうなんですか、それじゃあ俺はこの辺で……」

「あら? 誰か待っていたんじゃないの?」

「いえ、さっき連絡がついたので、合流しにいきます」

「そう……ところで御子とは上手くいってるの?」

「え? それは友好関係がですか?」

「まぁ、それでも良いわ。上手くいってるの?」

「いってる訳無いですよ。俺、間宮先輩を見ると、最近肩が重くなるんです」

「重傷ね……」

 そう、俺は正直間宮先輩が迷惑で仕方がない。
 先輩の彼氏と思われ、一部の男共からは妬まれ、良い感じになった女の子が居ても、先輩が居るからと距離を置かれる。
 そんな状況で彼女など出来るはずも無い。
 てか、すべての元凶あの人なんじゃね?

「まぁ、岬君もがんばってね」

「なら、間宮先輩に言って下さいよ。俺にあんまりちょっかい出さないように!」

「それは無理ね」

「なんでですか!?」

「さぁ、自分で考えなさい。じゃあ、私はバイトの時間だから」

 そう言って伊島先輩はその場を後にした。
 安堵と脱力感で俺がため息を吐いていると、急に誰かが俺の頬を抓ってきた。

「イデデ!! だ、誰だよ!」

「先輩、ずいぶん綺麗な人でしたね」

「なんだ、愛実ちゃんか……てか、なんで抓ったの?」

「いえいえ、先輩は随分モテるみたいなので、なんだか腹立って……つい……」

「顔を赤らめながら言ってもダメ! 違うから、あの人はただのサークルの先輩!」

「フーン……まぁ、良いですけど。それよりお腹空きました!」

「はいはい、じゃあ行こうか」

「はい!」

 本当に女の子と言うのは分からない。
 先ほどまで眉間にしわを寄せて怒っていたのに、今は機嫌良さげにニコニコしている。

「ほんと……分からないなぁ……」

 女の子、というよりも女性は本当に良く分からない。
 
「先輩、何食べます?」

 そう言って笑いかけてくる彼女に、俺は笑顔で答える。





「いやぁ〜、食べましたねぇ〜」

「よく飯食った後に、デザートが食えたもんだ……」

 俺と愛実ちゃんはアミューズメントパークの中にある、イタリア料理店で食事を済ませていた。
 愛実ちゃんはパスタを食べた後に、食後のデザートでティラミスを食べていたのだが、そのどちらとも結構な量があった。

「美味しかったです! ごちそうさまです〜」

「はぁ……人の金だと思って……」

 俺は寂しくなった財布を見ながら、愛実ちゃんと店の外に出る。

「さて、次はどこに行きます?」

「うーん……どうすっかなぁ?」

 俺と愛実ちゃんはパーク内の見取り図を見ながら、次にどこに行くかを打ち合わせていた。
 
「ショッピングエリアもあるのか」

「映画館もありますよ!」

「プラネタリウムもあるのか……迷うな……」

 色々な施設があり、どこに行こうかと悩んでいると、突然愛実ちゃんが見取り図を指さして興奮気味に俺に言った。

「後輩は積極的」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く