後輩は積極的

Joker0808

第9話

「……」

「どうかしました?」

 後ろに立っていた彼女は、いつもの彼女とは違っていた。
 青のビキニに上には俺と同じようにパーカーを羽織っており、なんというか、女の子と言うよりも女性という感じで、俺は思わずドキッとっしてしまった。

「先輩?」

「あ、ごめん……」

「なんですかぁ〜? 私の水着に見とれちゃいました?」

「いや、馬子にも衣装だなって思って」

「先輩、怒りますよ?」

 そうは言った俺だが、内心はすごく似合っていると思った。
 いつもの学生服では感じなかった大人っぽさがあり、女子高生だと言うことを忘れてしまいそうだった。

「聞いてます?」

「え? あぁ、ごめん全然」

「フン!」

「いっでぇぇぇ!!」

「今のは先輩が悪いです」

「……ご、ごもっともです……」

 俺は愛実ちゃんに、足を踏まれ、その場にうずくまる。
 かなり痛かった。

「んで、何する?」

 俺はまだひりひりする足を引きずって、愛実ちゃんと屋外プールに来ていた。
 パラソルのあるベンチに座り、俺は彼女に尋ねる。

「そうですねぇ……スライダーとか乗っちゃいます?」

「良いけど、二人で?」

「はい!」

「……」

 俺は愛実ちゃんにそう言われ、スライダーの方を見る。
 スライダーに並んでいるのは、ほとんどがカップル。
 しかも二人で滑る場合は、一人がもう一人を股の間に挟み、腰を持って滑るような格好になる。
 そんな格好になれば、彼女とかなり密着してしまうし、先輩としての威厳を無くしてしまう恐れがあった。
 いや、絶対に俺の息子が大人しくしてる訳無いじゃん……。

「一人づつなら……」

「いや、二人で来てるのに、なんで一人で滑る必要が?」

「もっともな意見だけど、あの体勢は恋仲に無い男女がするのは色々とまずい気がする」

「あぁ、先輩興奮して立っちゃいますもんね」

「下品な事を言うんじゃありません」

「もぉ〜バイトの後輩をスケベな目で見るなんて〜。先輩は変態ですねぇ〜」

「本能って怖いよね。何とも思って無くても、女の子ってだけで反応するから」

「いや、何とも思ってなかったら反応しませんよね? 勃起しませんよね?」

「だから、下品な事を言うのはやめなさい」

「先輩の方が下品ですよ? 特に存在が」

「今回は俺が怒ってもいいよね?」

「私は先輩が勃起しても気にしませんから! 行きましょうよ!」

「だから、下品な事を言わないの!!」

 そんな論争が続いた結果……。

「先輩、二十分待ちですって」

「ソウダネー」

 俺は結局愛実ちゃんに負け、一緒にスライダーを滑る事になってしまった。
 正直言うと、俺は自分の息子を抑え込む自信が無い。

「大丈夫ですって、先輩が私の胸を触ってこようが、股間を大きくさせようが、私気にしませんから!」

「気遣いありがとう……でも本人はかなり気にするんだよ」

「おっぱい触れてラッキー! くらいに思ったらどうです?」

「まぁ、好きな子とかならそう思うかもね……」

「えい」

「イダダダダ!! 痛い! 離して! 離して!!」

 俺の言った事が気に入らなかったのか、愛実ちゃんは俺のお腹を思いっきりつねる。
 そんなに怒らなくてもいい気がするんだが……。

「それにしても、なかなか進みませんねぇ〜」

「人も多いしね……それに、上の方は結構高いし、滑るのにも勇気がいるんじゃない?」

「みんな、結構渋ってますもんね」

「女の子の方が渋ってるっぽいね」

 そんな事を話しながら、順番を待っていると、滑り降りた来た大学生と思われる二人組の一人が叫んだ。

「キャー!!」

 俺は何事かと思って、見て見ると、叫んだ女の子が胸を両手で隠していた。
 どうやら滑り落ちて来た衝撃で、水着が取れてしまったらしい。
 慌ててもう一人の女性が、水着を見つけてその子に持って行っていた。

「イデデデ!! な、なにするの!?」

「いやぁ〜、女の子と一緒に来てて、他の女の子をやらしい目で見てるとムカつきますよね?」

「お、俺は別にそんな……」

 なんて事を言いながら、周りを見てみると、他の女連れの男達も腹を抓られたり、足を踏まれたりしていた。

「後輩は積極的」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く