話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

お世話(森原唯編)

「よし。ついに私の番……頑張らなきゃ」

 *******

「…………んっ?」

 違和感を感じ、目が覚める。
 あれ?なんだ、この感覚……やけに温かい。
 最近は朝起きると、寒さを感じるようになっていたんだけどな……。
 そんな疑問を感じていると、目の前にいる先生と目が合った。
 ……現実を受け入れるのに少し時間がかかりそうなので、もう一度確かめてみよう。
 今僕は、目の前にいる先生と目が合った。

「せ、先生っ!?」

 ようやく理解が追いつき、声をあげると、先生はレンズの向こう側の瞳をこちらに向けたまま、艶やかな唇を動かした。

「おはよう、浅野君」
「あ、おはようございます……じゃなくて!な、なんで先生が僕のベッドの中に!?」
「念のためよ」
「念のため!?」

 雑すぎる回答な気がするが、まあ先生の事だから、僕の腕を心配して、そうしてくれているのかもしれない。
 我ながら雑に納得して、ゆっくり体を起こそうとすると、僕の背中を先生がそっと支えた。

「まだ乱暴に体を動かしてはダメよ」
「あ、ありがとうございます……」

 立ち上がる際に、顔と顔がかなり近づき、朝からかなり緊張させられているが、それでもどこか心地よさを感じてしまう自分がいる。
 先生の甘い香りが、すっかり鼻に馴染んでしまっているからか。

「あ、浅野君……いえ、裕一君?」
「はい?」
「そこまで凝視されると、さすがに恥ずかしいのだけれど……」
「す、すいませんっ!」

 いつの間にか、視線が先生の横顔に固定されていたようで、僕は慌てて顔を逸らし、ゆっくりと今日一日を始めることにした。

 *******

 階段を下り、居間に行くと、テーブルの上には既に朝食が準備されていた。
 朝早くから大変申し訳ない……。
 テーブルに着くと、先生が隣に座り、体をぴったりとくっつけてきた。
 こちらが「え?」と反応するより早く、先生は「いただきます」と呟いた。
 それにつられるように僕も「いただきます」というと、先生は流水のような淀みない動作で、こちらに箸でつまんだ焼き魚を差し出してきた。

「はい、あーん」
「え?じ、自分で……」
「あーん」

 有無を言わさぬ圧力を感じるのは気のせいでしょうか?
 僕が口を開けると、ちょうどいい塩加減の焼き魚が口の中へと運ばれていった。

「どう?」
「おいしいです」
「よかった。今日は私がしっかりお世話するから……覚悟……安心して」
「今、覚悟って言いませんでした!?」

 言い違いなんてレベルじゃない気がする。あと少しだけいつもと様子が違う気が……。

「ちょっと何言ってるのかわからないわ」
「やっぱりいつもと違う!ど、どうかしたんですか、せんせ、んぐっ!?」

 その後、先生に次々と食べさせられ、何かあったのかと聞く暇はなかった。
 ちなみに、この後歯磨きまで手伝われそうになったが、何とか歯みがき粉を歯ブラシに垂らしてもらうだけにした。

 *******

「い、いけないわ。何だか空回りしてる……私とした事が、緊張しているのかしら?」

「よしっ、が、学校では挽回しなきゃ!」

 *******

 授業中。
 朝とは違い、一見いつもどおりに見えたが……。
 何だか目が合う回数が多い気がする。
 普段から授業中に目が合うのは珍しくも何ともないんだけど、今日は特に多い。
 この違和感は、おそらく僕や奥野さんしか感じていないだろうけど……本当にどうしたんだろう?
 そして、先生が文法の説明をしながら、教室内を歩き始めた時、事件は起こった。

「じゃあ、次は……きゃっ!」
「っ!?」
 
 意外なくらいに可愛らしい悲鳴。
 こちらが反応するより先に柔らかな何かが横顔にぶつかってきた。

「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く