話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

お世話(奥野愛美編)2

 走れないながらも、遅刻ギリギリで何とか間に合い、あとは大概の事は自力で何とかできる。
 そう思っていたのだけれど……。

「あ、あの、奥野さん……」
「何?」
「……いや、なんでもないよ」
「そう?」

 奥野さんがやたらくっついてくるんだが……。
 これは、右腕を負傷した僕は、授業中も大変だろうという配慮らしい。
 たしかに、教科書のページを自分でめくる必要はないので、すごく助かるが、これはこれで大変なんですが。
 何故かって、さっきから右肘に柔らかいものが当たったり離れたりして、そっちに意識を持っていかれてしまう。

「……森原先生、よくこんなのできるわね。頭のネジ、だいぶ外れてんじゃないの?」
「どうしたの?」
「あ、うん、何でもないよ。大丈夫。ちょっと緊張やら何やらで、頭のネジが外れただけ」
「それ、本当に大丈夫!?」

 さらに、この状況をやばくしている原因がもう一つ。

「なあ、近すぎじゃね?」
「おのれ……杉ノ内」
「愛美……ファイト」

 さっきからクラスメートがちらちらとこっちを見ている。ていうか、杉ノ内って誰だよ。あと、奥野さんを誰かが応援している声が聞こえた気がするけど、気のせいだろうか。それとも、僕の隣はそんなに忍耐が必要な席なんだろうか。だとしたら地味にショックだ。

「浅野君?なんで急に落ち込んだ表情してるの?」
「あはは……奥野さん、ごめんね」
「なんか謝られた!?」

 そして、この後の授業も立て続けに似たような展開になってしまい、モヤモヤした気分のまま午前中は過ぎていった。 

 *******

「…………」
「おや、森原先生、どうしたんですか?そんなこっそり教室を覗いて」
「……生徒達が真面目に授業を受けているか気になっただけです」
「ほう、休憩時間まで生徒を気にしているとは、感心ですな」
「いえ、担任として当たり前の事です。それでは失礼します」

 *******

 昼休み。
 チャイムが鳴ると、奥野さんがこっそり耳打ちしてきた。

「さ、先に生徒指導室行ってて……すぐ行くから」
「え?あ、うん……」

 ちなみに、こっそり耳打ちしてても、何人かちらちらこっちを見ているので、あまり秘密めいた感じはしない。ていうか、さりげなく向けられている気がする殺意やら何やらで、不安と緊張が止まらない。
 だが、奥野さんの手料理が楽しみなのは事実なので、僕は足早に教室を抜け出した。

 *******

 森原先生から事前に使用許可を得ていた生徒指導室に入り、椅子に座ると、すぐに奥野さんはやってきた。

「ごめん、待った?」
「いや、全然。あの……ごめん」
「何が?」
「えっと、その……なんか僕のせいで、奥野さんが変な目で見られている気がするというか……ほら、僕あまり友達とかいないタイプだし」
「ん?全然気にしないけど?」
「え、でも……」

 すると、頬を両側から、ひんやりした手で挟まれた。
 いきなりの出来事にポカンとしていると、目の前に奥野さんの顔があり、声を発することすらできなくなってしまう。
 ふわりと甘い香りが漂い、黒い瞳が僕をしっかりと捉えていた。
 ……やっぱり、奥野さん綺麗だな。
 同じクラスになってから、何かと一緒にいる機会が増え、あまり意識しなくなっていたけど、改めて見ると、今自分と一緒にこうしているのが不思議なくらいだった。
 だが、そんな風に見とれていたのも束の間、奥野さんは少し怒っているようにも見えた。

「そうやって自分の事卑下しないの。それ、君の悪い癖だよ?」
「……は、はい」
「私、こう見えても浅野君の良いところ、結構知ってるんだから。浅野君がそういう事言うの哀しいな」
「…………ごめん。いや、ありがとう」

 今が昼休みだということも、ここが学校だということも忘れてしまいそうな時間が流れ、やたら胸は高鳴り、何だか現実から抜け出したような気分になってきた。
 だが、それも奥野さんの声でゆっくり現実に引き戻されていった。
 そして、彼女は何故か、そのまま勢いよく立ち上がった。

「ちょ、ちょっと忘れ物したから、先に食べてて……」
「え?」

 僕が声をかけるよりはやく、奥野さんは猛ダッシュで教室を飛び出してしまった。
 その背中を見送ってからも、両頬に残る淡い温もりはしばらく消えなかった。

 *******

「や、やば……!私、なんであんな大胆な事したんだろ……ああ、でも……!てか、どうしよう、この後顔見れるかなぁ?」

「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く