話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

密着の予感

 長い夢を見ていた気がした。
 その夢は淡く脆く揺らめいていて……。
 決して触れる事のできない幻のように不確かだった。

 *******

「……………………ん?」

 真っ暗な世界に、うっすらと光が差し込んでくる。
 いまいち現実味のない空間がぼんやりと正しく目に映りだして、それが見慣れない天井だと、ようやく気づいた。
 ここは……どこだろう?

「お兄ちゃん!」

 真っ先に視界に飛び込んできたのは若葉の顔だった。何故か涙をポロポロと雫している。あれ?なんで泣いてるんだよ、若葉……。
 すると、周りからがやがやと聞き覚えのある声が耳に届いてくる。

「裕くん!裕くん!よかったよ~!」
「浅野君……先生は心配しましたよ~!」

 この声は……姉さんと新井先生だ。ていうか、姉さんの顔がお腹の辺りに押しつけられてて温かい。

「浅野君……よかった……」

 今度は奥野さんの声が聞こえてきた。体も少しずつ動きだし、彼女の方に顔を向けられた。
 すると、奥野さんも頬を涙で濡らしていた。しかも僕が原因らしい。一体どうしたというのだろうか?
 続いて母さんと目が合う。
 母さんはほっとしたように息を吐いてから、優しく笑いかけてくれた。

「まったく……あんま心配させんなよ」

 それに対して何とか笑みを作ると、ふと森原先生の顔が頭に浮かんだ。
 そういえば先生は……あ!
 いきなり体を動かしたので腕に痛みを感じたが、それと同時に左隣にいた先生の姿も捉えた。

「…………」
「先生……」

 先生はぼろぼろ涙を雫して泣いていた。
 初めて……あれ?初めてじゃない?いや、今はいい……。
 ただ、その綺麗な頬を涙が伝うのを見ると、それだけでちくりと胸が痛む。
 何か声をかけようとすると、急に抱きしめられた。

「ごめんね……それと、ありがとう」

 そっと耳朶を撫でた甘い囁きは、不思議なくらいすぅっと心に染みた。何だか寒い日に温かなスープを飲んだ時みたいだ。
 姉さんと若葉も、僕の左腕を握ってきた。

「私達も……助けてくれてありがと。裕くん」
「お兄ちゃん……ありがとう」
「……ど、どういたしまして」

 自分がそうしたかっただけなんだから、礼なんていいのに……という気持ちと、皆の前で照れくさい気持ちがごっちゃになっている。あー、顔真っ赤になってそう……。
 照れ隠しに頬をかこうとすると、右腕に違和感を感じる。

「まだ動かしちゃダメ」

 森原先生が、そっと僕の肩に触れた。え?あれ?まだ動かしちゃダメって……。
 僕は先生の視線を辿り、ゆっくり視線を落とした。
 その時、気づいてしまった。
 自分の右腕がしっかりと真っ白な包帯に包まれている事に。

 *******

 落ち着いてから聞いたところによると、僕は先生達を突き飛ばしてから、倒れた入場門に押し潰されたらしい。
 結果として頭に衝撃を受け、しばらく気絶していたのと……

「右腕かぁ……しばらく大変だよね」

 奥野さんがぽつりと呟き、僕も自分の右腕に再び視線を落とした。
 現在、右腕にはしっかりとギプスやら包帯が装着され、上手く吊り下がっている。どうやら全治1ヶ月らしい。
 ……まあ、これだけですんでよかったかな。あとはどこも悪くないみたいだし。
 あの時の状況を一つ一つ思い出しながら整理していくと、素直にそんな感想が浮かぶ。

「浅野君……」

 すると、先生が僕の手をきゅっと握ってきた。
 ひんやりした感触はすっかり掌に馴染んでるけど、やはり緊張してしまう。
 先生の薄紅色の唇は、いつものように淡々と言葉を紡いだ。

「しばらくの間不便だと思うけど、君の生活の面倒は私が見るから安心して」
「……え?」
「浅野さん」

 今度は母さんの方を向いて、深々と頭を下げた。

「今回の件は担任である私の責任です。なので今後彼が完治するまで、いえ、末永く彼をサポートさせていただきます」
「え?ああ、ど、どうぞよろしくお願いします。ていうか、頭あげてください、先生」
「…………」

 今、末永くって言わなかった?

「ちょっ……先生!さりげなく末永くとか言ってませんでした!?」
「そうだよ!ずるいよ!」
「……担任教師として当然の事を言ってるだけよ」
「じゃあ私は副担として~」
「こっちのほうがさりげない!」

 この後、やってきた看護士さんに「病院内ではお静かに!」と怒られてしまった。
 まあ、何はともあれ皆がケガしなくてよかった。
 いつものようなやりとりをしている皆の横顔を見て、心からそう思った。

 *******

 二日後、ようやく家に帰る事ができた。
 そんなに日数が経ったわけでもないのに、何だか久しぶりに感じる我が家。でもやっぱり自分のベッドが一番気持ちよく眠れた。
 とはいえ、今日からまた学校に通わなきゃいけないんだけど……。

「……君」

 もう少し夢と現実の間で微睡んでいたい。このくらいのわがままは許されるはず……ていうか、さっきから誰が……

「浅野君。おはよう。起きて」
「…………えぇっ!?」
 
 声の主が誰だかわかり、慌てて飛び起きる。
 そこにいたのは、エプロンを身につけ、お玉を片手に持った森原先生だった。

 

「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く