話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

メイドVSメイド

「じゃ~ん!」
「…………」
「なんで無反応なの!?裕くん!!」
「いや、だって……」

 実の姉のメイド服姿とか、正直反応に困るんだけど……今母さんが帰ってきたらどうするんだろう。
 しかし、それがどうしたと言わんばかりに、姉さんは先生を指さした。

「じゃあ先生、勝負を始めましょう」
「勝負?」

 何だろう、今度はどんな方向に話が進もうとしているのか、さっぱりわからなくなってきた。何だ、勝負って……先生だって訳がわからないに決まって……

「わかりました。その勝負、受けて立ちましょう」

 受けて立っちゃった!何の勝負かもわからないのに!?何でこんなにノリノリなの、この人!?
 姉さんはその返事に満足したように、ニヤリと怪しげな笑みを見せる。

「ふふん、そうこなくちゃ!先生、私が勝ったら裕くんに変なマネさせませんからね!」
「そんなことしたこともかんがえたこともありません」
「清々しいくらいの棒読みで嘘つかないでください」
「…………」

 あれ?心なしか先生が押されているような……まだ勝負とやらも始まっていないけど。あと僕を置いて話を進めるのは止めてください。
 すると、先生がちらりと僕の方を見てきた。さっきの(生徒として)愛してます発言があったので、正直目が合うだけでも気恥ずかしい……。

「裕くん、顔赤いわよ?私にはそんな表情見せないくせに」
「うん。見せたらやばいよね。落ち着いて、姉さん」
「ええ。裕くんは正しい倫理観を持ち合わせていると思います」
「っ!」
「ちょっ……何さりげなく先生が裕くんって呼んでるんですか!」
「失礼。つい蛍さんにつられまして……」

 い、今かなりドキッとしたんですけど……もう1回言ってくれないかな。さすがにやばいか、色々と。

「これはさすがに我慢できませんね。お母さんにすら裕くん呼びはさせていないのに」

 元から呼んでいない。母さんのキャラからしてあり得ない。

「じゃあそろそろ勝負を始めましょうか」
「…………」

 姉さんと先生は立ち上がり、バチバチと火花を散らせる。無論、比喩だけど、不気味なくらいに熱量が伝わってくる。あれ、何なのこの空気?普段はほんわかしたノリのはずなんだけど……。
 もういっそ二人で食戟とかしてくれればいいのに……そうすれば、僕は審査員として美味しいものが食べられる。
 しかし、思うようにならないのが人生なわけで……

「さて、じゃあまずは……裕くんのお背中流し対決なんてどうですか?」
「望むところです」
「いやいやいや!なんか変な方向に話進んでない!?あ、あの、二人共、もう今日はこの辺で……」
「「……裕くん?」」
「はい……」
「さあ、裕くん?」
「じっとしてて」

 何だ、この圧力。とてもじゃないが逆らえそうにない。あと姉さんにつられているのか、先生のテンションがおかしい。
 黒髪と金髪がジリジリと距離を詰めてくる。四つの瞳に真っ直ぐに見据えられ、何故か影が縫いつけられたかのように動けずにいると、ピンポーンと呼び鈴が鳴った。

「あっ、誰か来た!ちょっと出てくるね!」

 僕は突然の来訪者に感謝しながら、逃げるように玄関へと向かった。

 *******

 まさかこのタイミングで訪ねてくるとは……。
 訪ねてきたのは奥野さんだった。
 薄手のパーカーに膝丈のスカートという私服姿で、髪もポニーテールにしてあり、何だか新鮮な気分に浸れる。だが今はそれより……

「浅野君、どうかしたの?なんかそわそわしてる……」
「いや何でもないよ、奥野さん」
「そう?なんか、焦ってるように見えるけど」
「ああ、ほら、僕大体いつも焦ってるから」
「そ、そうだっけ?よくわからないけど大変だね……」

 何がなんでも居間にいるメイド二人を見せるわけにはいかない。今後の学校生活に関わる危険性がある。おまけに一人は担任の先生だし……こんなの見られたら、何言われるかわかったもんじゃない。

「それより、どうしたの?いきなり」
「はい、これ。この前借りた本。読み終わったから返しにきたの」
「ああ、ありがとう。あはは……ごめんね、わざわざ……」
「ううん。私が早めに返しておきたかっただけだし」
「そ、そっか……」
「それで、新しい本借りたいんだけど、その……上がって大丈夫?」
「えっ、あ、今、その……部屋散らかってて……」

 まずいまずい!こんな時に……!
 すると、居間からこちらに向かってくる足音がした……あっ、もうダメだ。 

「裕くん、お客さん?」
「…………」
「はっ!?メイド!?てか、先生何ですか、その格好!」
「メイドよ」
「知ってます!そういうことじゃなくて!」

 うん。こうなるの何となく知ってた。

 *******

 結局奥野さんも上がっていくことになり、現在居間に四人で顔を突き合わせている。
 姉さんはさっき先生に向けたような瞳を奥野さんに向けていた。
 しかし、奥野さんは気づかずに呆れた表情をこちらに向けた。

「まったくもう……何やってるんですか。二人して……浅野君、こちらのお姉さんは?」
「この人は……僕の姉さん」
「はい、お姉ちゃんです!」
「えっ、浅野君、お姉さんいたの?」
「そういえば言ってなかったっけ」

 姉さんはいつの間にか奥野さんの隣を陣取り、ずいっと肩が触れ合うくらい距離を詰めていた。

「奥野さん、と言ったわね。初めまして。裕くんの姉の蛍です。あなたは裕くんのクラスメイト?」
「あっ、はいっ、初めまして。奥野愛美です!」
「ふむふむ……裕くんに女子のお友達ができるなんて……油断していたわ。これはまとめてチェックしておかないと……」

 普通に自己紹介をしたかと思えば、姉さんがまた何やらぶつぶつ呟いている。やめて!なんか怖いから!
 とりあえず、もう日が沈みかけているので終わらせたほうがいいだろう。あとこのまま流されっぱなしなのもまずい……男として……。

「姉さん、とりあえず今日はもう解散ということで……ね?」 
「そうね。先生、対決はまた今度にしましょう」
「わかりました」
「た、対決って何!?」
「あはは……ま、まあ、色々と……」

 メイド対決は何とか回避した……のかな?危うく作品タイトルが変わるところだった……。
 しかし、僕はまだ気づいていなかった。
 もう既に二人の対決が始まっている事を。

 *******

「なるほど、蛍お姉さんは確かに厄介だね。私も何度も邪魔されたもん。一緒に寝ようとした時とか、一緒にお風呂に入ろうとした時とか」
「……どんな風に?」
「必ず間に入ってくるの。川の字の真ん中は蛍お姉さんになっちゃうの」
「そう……それは手強いわね」
「ところで……強力なライバルが現れたからって、小学生に電話で相談ってどうなの?お姉さん……」
「ごめんなさい」
「あと、私がライバルの一人だってことわかってる?」
「……ごめんなさい」
「ま、まあ、別にいいけど……確かに蛍お姉さんはお兄ちゃん攻略のための最大の障壁だし。まずはあの人に踏み越えてはいけない一線を教えてあげなくちゃ」
「若葉さんも色々と危険な気がするのだけど……」
「いやいや、お姉さんもだよね」
「…………」
「…………」
「もう遅い時間ね。若葉さん、早く寝なさい。おやすみ」
「う、うんっ!おやすみっ、お姉さん!」

「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く