話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

ガールズトーク


 新井先生と入った居酒屋は、まだ客の入りも少なく、予想していたような騒がしさはなかった。
 奥のテーブル席に座り、注文したお酒に口をつけたところで、新井先生がニヤニヤと笑顔を向けてきた。これだけでどんな話が振られるかわかる。

「先生って、どんな人がタイプなんですか~?」
「…………」

 やっぱり来たわね。これが女子会というものなのね。二人だけだけど。
 とりあえず、私はなるべく遠回しに言うことにした。

「そうね……年下で背はそこそこで、ちょっと頼りなくて、頭は悪くないんだけど、要領が悪くて不器用で……」
「……だ、だいぶ具体的な気がするんですが……もしかして森原先生って、誰か好きな人がいるんですか?」
「いえ、全然。いるわけないじゃない。何をどう聞いたらそうなるのかしら?」
「……じゃあ、私の気のせいということにしておきます」
「……新井先生はどんな男性が、タイプ、なんですか?」

 こういうのを誰かに聞くのは初めてなので、少し緊張してしまった。学生時代はそういうのがなかったから……。
 新井先生は、口元に指を当て、可愛らしく考え込む。
 ……私もこういう可愛らしい仕草をしてみようかしら。

「生徒だけど……浅野君かなぁ?」

 いえ、しかし私にはこういうのは似合わな……ん?

「今、何て言ったのかしら?よく聞こえなかったのだけど」
「え~、も、もう、何度も言わせないでくださいよぉ、恥ずかしいじゃないですか♪」
「ごめんなさい。今聞き捨てならな……ぼーっとしていたものだから」

 多分、気のせいよね。絶対に気のせいよね。

「浅野君とか割と好みなんですよ~♪」
「……ごめんなさい。芸能人の名前はあまり知らないのテレビをあまり見ないから」

 彼に薦める年上女性がヒロインの作品を探すのに忙しくて、あまり他の作品をチェックできていない。浅野君ってどんな俳優さんかしら?

「え?芸能人じゃありませんよ~。ウチの学校のですよ~」
「ウチの学校?」

 まさか……まさか……ね。
 あっ、ウチの学校の教員ということかしら。なるほど。私が知らないだけね。

「ああ……浅野先生ね。いいんじゃないかしら」
「え?ウチに浅野先生なんて方いましたっけ?」

 違うみたいだ。

「浅野先生……浅野先生……」
「いえ、そんな人はいないわ」
「ええ!?じゃあ何で言ったんですか!?」
「少し酔ったのかしら」
「は、早いですね……あの、ウチのクラスの浅野君の事ですよ!」

 ……………………。

「えっと……浅野祐一君と浅野又三郎君のどっちかしら?」
「浅野又三郎君!?だ、誰ですか!?」
「……私の気のせいね。そんな名前の生徒はいないわ」
「さっきからどうしたんですか!?森原先生、変なものでもみえるんですか!?」
「そんなことより、あなた……浅野君が好きなの?」
「え?す、好き?な、何言ってるんですかぁ、もう……好きとかじゃなくて、好みってだけですよ~」
「…………理由を聞かせてもらえないかしら」
「理由、ですか?う~ん……単純に昔好きだった人に似てるんですよね……横顔が」
「そう……」

 まあ、そのくらいの感情なら……。
 彼は私の所有物ではないのだ。
 誰が彼に好意を寄せようと、それをどうこう言う権利なんてない。
 それに、昔好きだった人に似ているなんて……可愛い理由じゃない……。
 私……何だか彼女ともっと仲良くなれそうな気がしてきたわ。

「いや~、この前ですね。授業中眠りかけていたから、ほっぺた突いたんですけど、顔真っ赤にして、すごく可愛いんですよ~」

 前 言 撤 回。
 彼の頬に手を触れた?

「万死に値するわ」
「い、いきなりどうしたんですかっ?目がすごく怖いですよ?」

 いけない。私とした事が……心の声が口から出てきたわ。平常心、平常心。

「そうね。確かに彼はいい子だと思う。真面目だし。不器用ながらも頑張ってるし……」
「あっ、そうそう!この前、私が廊下にプリントばらまいた時、颯爽と駆けつけて拾ってくれたんですよ~」
「そう……」

 そういう優しさも魅力の一つよね。あの時だって……

「それで、その時に前かがみになった私の胸を見て、慌てて目をそらしたりするのが、いかにも初心って感じで可愛くてぇ~」
「その話、詳しく」

 嫉妬じゃない。これは嫉妬なんかじゃないわ。健全な教育現場を維持する為に……彼には今度、しっかり話を聞いておく必要があるわね。ゆっくりと……二人っきりで……。

 *******

「な、何だろう……背筋に悪寒が……!」

「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く