話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

急接近?

「えっ、アンタ……浅野君の家に泊まったの?」
「う、うん……」

 私は親友の桜の家で、ありのままを話した。もちろん先生の話は伏せて。何というか、誰かに吐き出したい気分だった。驚かれるかもしれないけど。
 しかし、小学校からの親友の目はいつもと変わらない。むしろ冷ややかだった。あれ?

「どうせ、それでも何もなかったんでしょう?アンタだし」
「うっ……いや、でも、その…………うん」

 さすがは親友。その辺りのことはお見通しのようだ。ここまでお見通しだと、それはそれで辛いものがあるんだけど。

「で、でも、お泊まりだよ!何でまったく驚かないの?」
「……どうせ、親戚の女の子が泊まりに来てたけど、浅野君の親が出かけていて、二人きり心配だから泊まったとかそんなんでしょ?」
「桜ちゃん、エスパーなの!?」

 ちょっと違うけど。

「ウソっ、適当に言ったら当たっちゃった……」
「……はあ……どうせ私はヘタレですよ~」
「ふふっ、拗ねないの。今日はゆっくり話聞いてあげるから。ね?」
「あ、うん……」

 さ、さすがに連日お泊まりする口実はないし、お父さんやお母さんからも怒られるよね……あー、どうしようかなぁ……先生が変なことしないように、途中で電話でもするしか……。

 *******

 やけに豪勢な夕食を平らげた後、僕と若葉は先生に勉強を見てもらえる事になったのだが……。

「すぅ……すぅ……」
「お、おい、若葉……どうした?食べてすぐ寝ると太るよ」
「大丈夫よ。10時間眠るツボを突いただけ…………たまにはそういう日があっていいじゃない。夏休みだもの」
「い、今、10時間眠るツボとか言いませんでした?」
「気のせいよ」
「え?でも……」
「気のせいよ」
「は、はい……」

 先生にじっと見つめられ、僕はただ頷くことしかできなかった。ま、まあ、あんなに安らかな寝息を立ててるし、大丈夫だよね……。
 そして、タンクトップに短パンという、かなりラフな格好に着替えた先生は正座し、当たり前のように僕にぴったりとくっついてきた。

「あ、あの……」
「こっちの方がやりやすいわ。だから気にしないで」
「そうですか。はい……」

 いや、気にするなとか無理なんですけど……。
 こうして、若葉の安らかな寝息をBGMに、夜の勉強会が幕を開けた。ちなみに、決していやらしい意味じゃない。

 *******

 1時間経過し、僕は一つの違いを自覚していた。
 普段なら緊張し、胸がドキドキするだけだ。でも、今は……。
 何というか、普段は理性が本能にかけているブレーキが外れそうな感覚とも言うべきなんだろうか……。
 さっきから、先生の横顔をつい何度も確認してしまう。
 やっぱり綺麗なその横顔は、すぐ隣にあって……でも、触れることなんてできなくて……。

「……しゅ、集中してる?」
「あ、す、すいません!」

 そりゃあ、この距離で見てたら、いつかは気づかれるよね……しかも、あのクールな森原先生が噛むとか、僕はどんな気持ち悪い視線を向けていたというのか……。
 そんなことを考えていたら、うっかり書き間違えてしまう。
 すぐに消しゴムを取ろうとすると、既に消しゴムの上には先生の手が乗っかっていて、そこに自分の手を置いてしまった。

「「…………」」

 な、何だろう……何回か似たような場面には遭遇したけど、感触やら温度やらが、昨日とはまるで違う気が……。

「祐一君?」
「ご、ごめんなさいごめんなさい!!」

 瞬間移動のように部屋の端っこまで飛び退く。や、やばい……僕、どうしちゃったんだ?
 先生はキョトンと小首を傾げた後、四つん這いで距離を詰めてくる。タンクトップからは、豊満な胸の谷間が見え、気をしっかり持たないと、そこを集中的に見てしまいそうだ。

「緊張、しているの?」
「いえ、緊張と言いますか、何と言いますか……なんか、落ち着かなくて、先生の隣が……」

 先生の隣が、と言う必要はなかったのかもしれない。
 でも、このままだとヘタレな自分でも間違いを犯すような、そんな不安が胸の中に満ち溢れていた。

「嫌だった?」
「そんなことないです!嫌なんて……ただ、何故かいつもよりやたら緊張しちゃって……」
「……それは、私を意識しているの?」
「えっと……その……そうかもしれません」
「っ!」

 先生は顔を両手で覆い、部屋から飛び出していった。
 いきなりの事にポカンとしていると、廊下からドタバタと跳ねるような音がして、しばらくすると先生が戻ってきた。

「ど、どうしたんですか?」
「向こうから物音がしたから、気になって見に行ったのよ」
「え、本当ですか!?じゃあ、僕も……」
「大丈夫よ。何もなかったから。それより……確かめてみる?」
「へ?」
「……今から……確かめて、みる?」
「え?」

 先生は眼鏡を外し、距離を詰めてくる。すぐ傍で眠っている若葉の寝息が、甘やかな雰囲気にそっと追い出されるように遠ざかる。
 先生は僕の顔を両手で優しく包み込み、そして……

「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く