話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

言い訳

「そう……そんなことがあったのね」

 僕の説明を聞いた森原先生は、口元にを当て、ふむふむと頷く。まあ、仕事から帰ってきて、いきなりあんな事を言われても訳わからないだろう……奥野さんと若葉は苦笑いしていた。
 先生はゲーム画面を確認し、何度か頷いてから、ゆっくりと口を開く。

「浅野君」
「あ、はい……」
「お疲れ様」

 先生は僕に向き直り、やわらかく微笑んだ。
 さっきのゲームのキャラクターより美しく、生々しく、輝く微笑は、当たり前のように心を揺さぶり、顔が熱くなるのを感じる。
 ちなみに、何を労われているのかはわからない。

「お姉さん……めっちゃ喜んでる」
「まあ、担任教師の反応としてはどうかと思うけど……」

 2人のヒソヒソ声に反応した先生は、今度はそちらに向き直った。

「奥野さん。帰宅を早めてよかったの?あなたの御家族はもっとあなたと家族の時間を過ごしたかったと思うのだけど。確かに友人との時間は大切だし、一度しかない高校生活だから、そういう時間を楽しみたい気持ちはわかるけど……」
「また……いいことは言ってるんだけど……うん、もういいです」
「そう……」

 先生、奥野さんの家族のことまで考えて……流石だな。なんというか……さっきゲームのキャラクターと比べたのが、申し訳ないくらいだ。奥野さんとのやり取りは何故かたまにハラハラさせられるけど。仲良いはずなのに。
 先生は帰りがけに買ってきた物が入ったスーパーの袋を少し掲げた。

「じゃあ、夕飯の支度を始めましょうか」
「そういえば、先生が食事作りに来てくれてるんだよね。朝御飯もそうだったの?」
「うん!お姉さん、私よりもずっと早起きだよ!私が起きた頃には布団が畳まれてたし……」
「へえ…………ん?ちょっと待って。布団?どういうこと?」

 奥野さんの視線が僕の方を向く。その視線の意味するところは、僕でもすぐにわかった。
 しかし、僕が口を開くより先に、先生が学校での真面目な雰囲気で話し始めた。

「保護者役よ。さすがに未成年の男の子が、1週間とはいえ、小学生の女の子を一人で面倒を見るのは難しいから、私が泊まり込むことにしたのよ」
「ま、またもっともらしい理由を……先生ダメですよ!寝泊まりするなんて!先生、美人だし……浅野君が、ま、間違いを犯しそうになったらどうするんですか!」
「大丈夫よ」

 奥野さんの当たり前の疑問に先生は即答する。先生……そんなに信用してもらえるなんて……。
 僕が内心感動していると、先生は目を細め、さらに続けた。

「考えてもみなさい、奥野さん。彼の性格はあなたもある程度理解してるでしょう?彼は私がどんな恰好で眠っていようが、指一本触れないわ、確実に」

 ……あれ?絶大な信頼を得ているはずなのに、何だか責められている気がする……心なしか視線も冷たいような……何でだろう?

「ええ。確かにそうかもしれません。浅野君、鈍感だし、そういうとこで度胸なさそうだし……あっ、ごめんね?その……悪く言うつもりはないんだよ?」

 うん。わかってるよ、奥野さん。でも、ちょっと傷ついたのはなんでだろう?き、気のせいだよね?
 奥野さんは先生に向かい、さらに言葉をぶつける。

「でも……やっぱりいけないことだと思います!うっかり先生の裸とか見ちゃったら、浅野君だってオオカミになっちゃうだろうし……!」
「大丈夫だよ?裸なら一昨日見たけど、何も起きてないし」
「ええ!?若葉ちゃん、本当!?せ、先生……裸まで見せたんですか!?そこまでやるのはさすがに卑怯です!」
「事故よ」
「せ、説得力が……」
「愛美お姉ちゃん。実は、その件は若葉のせいなの。本当に事故なの」
「そ、そっか…………でも、浅野君、見たの?」

 いきなり先日の話を振られ、頭の中に先生の裸が鮮明に蘇る。
 生まれて初めて見た女性の裸……そのあまりの美しさに「いいからいいから!やっぱり思い出さなくていいから!二度と思い出しちゃダメだからね!?」そんな殺生な……。

「奥野さん。強制はよくないわ。あれは事故だったのだから……もしかしたら、将来的に責任が発生するかもしれないけど」
「後半、小声でとんでもないことを口走った気がするんですが……」
「私と浅野君は、担任教師と生徒の関係よ」
「いやいや、今さらそんなんじゃ誤魔化せませんよ」
「とってつけた感がすごいよ、お姉さん……」
「…………」

 うわぁ、どうしよう……会話に入れないや。女三人寄れば姦しいって言うけど、本当にすごいな……ていうか、そろそろお腹空いてきたんだけど。

「と、とりあえず……夕飯にしませんか?先生が帰ってきて、だいぶ時間も経つし……」
「「「…………」」」

 3人からの視線を一身に集めて体が強張るが、何のこれしき……いや、やっぱり怖い。三者三様の視線に込められている意味までは考えたくはなかった。
 そんな中、1番最初に沈黙を破ったのは先生だった。

「確かにそうね。祐一君」

 あえて名前を強調するあたり、先生のことは唯さん呼びに切り替えなさいということだろう。

「あ、あの……」

 奥野さんがもじもじしながら、視線をあちこち彷徨わせている。
 …………これは、間違いない。

「トイレならそこをっぉ!?」

 いきなり背中に2カ所痛みが走る。い、一体何が?
 振り向くと、そこには誰もいなかった。

「愛美お姉ちゃんもご飯一緒に食べようよ!」
「う、うん!ありがとう!……ばーか」
「祐一君。あとで追加の課題図書を教えてあげる」
「ええぇ!?」

 何でこのタイミングで!?てかこれ以上増やされたら、夏休みどころか冬休みまでかかりそうなんですけど!
 三人は僕の方を振り向きもせずにスタスタと居間へと向かう。
 この後、奥野さんも一緒に夕食の準備をし、一緒に食べた。


「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く