話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

裏ルート突入

『浅野君、聞いてるの?』

「あ、はい!す、すいません!」
「浅野君!テレビに返事しちゃってるよ!その人、二次元の人だよ!」
「しっかりして、お兄ちゃん!ちょっと気味が悪いよ!」
「ごめん。つい……」

 何やってんだ僕は……。
 両手で頬を張り、気持ちを切り替え、再び画面に向かう。そう、これはゲームのキャラクターなんだ。断じて先生が画面の中にいるわけじゃない。

『浅野君、ご両親が海外で今独り暮らしらしいわね』
『はい。そうなんですよ。だから家事とか面倒で……』

「両親が海外に出張で独り暮らし……そんなことあり得るの?」
「しっ、そこは二次元と三次元の違いだよ。この設定はこういうゲームのお約束なんだから」
「そ、そうなんだ……わかった」

『じゃあ……今晩は私が作りに行ってあげる』
『え、いいんですか?』
『もちろんよ。どうせいつもインスタントとかで済ませてるんでしょう?ついでに作り方も教えてあげる』
『……ありがとうございます』
『じゃあ、君は先に帰ってて。私は食材を買って帰るから』
『いや、僕も手伝いますよ』
『誰かに見られたらどうするの?』
『あっ、そうですね。すいません……』
『ふふっ、じゃあまた後でね』

「……なんかこれ、おかしくない?」
「うん。でも、先生は攻略キャラクターじゃないってお父さんごが言ってた」
「多分、共通ルートのイベントじゃないかな」

 まあ、こういうサブキャラクターを掘り下げるイベントも、恋愛シミュレーションゲームの醍醐味だろう。普通は誰かのルートにさり気なくくっついてるものだと思うけど、これはこれでいい。決してこのキャラクターが先生に似ているから、内心ちょっとテンション上がってるとかじゃない。
 やがて、先生と料理を作るシーン(CG付き)になり、それが過ぎると食事のシーン(CG付き)へと移った。

「CG付くんだ……」
「ねえ、ちょっと長すぎない?さっき出てきたヒロインとの会話より長いよ」
「お兄ちゃん、何したの?これ、お兄ちゃんの仕業?」
「いやいや、何もしてないよ!そもそもこのゲーム初めてだし」

 僕がした事といえば、二人が話してる間に、序盤の選択肢で『先生に話しかける』を二回選んだくらいだし……それ以外は、飛び級でクラスメートになった年下女子とのイベント以外こなしていない。
 悩んでいる間も、画面の中の二人の会話は弾んでいる。

『先生、これすごく美味しいです!!』
『そう、ならよかったわ。はい、あーん』
『ええ!?』
『冗談よ。可愛いわね』
『もう、先生……からかわないでくださいよ』
『ダメ?』
『いや、ダメってわけじゃ……』
『ふふっ、じゃあ……たまにからかうわね。週5で』
『……多くないですか?月曜から金曜まで一日一回じゃないですか』
『そうかもしれないわね。でも、全然足りないわ。本当はもっと……』
『?』
『いえ、何でもないわ』

 何だか会話が長い気がする。さり気なく次のイベントが発生してるし。
 これじゃあ先生のルートに入ったみたいじゃんか。若葉と奥野さんも固唾を呑んで見守っている。
 その後も、先生との物語がどんどん進んでいった。

『浅野君……オイル塗ってくれない?』
『ええ!?』

「ええ!?」
「浅野君、ゲームの主人公とシンクロしちゃってるよ!しっかりして!」
「戻ってきて、お兄ちゃん!ガチで不気味だから!」

 いかんいかん。またやってしまった。このゲーム……恐ろしすぎる。でも、思春期男子なら、うっかり画面の向こうのキャラクターに返事するくらいよくあると思うんだけど……ないのかな?
 そして、物語はどんどん進んでいく。いつの間にか、年下ヒロインは一人も出てこなくなり、若葉と奥野さんは顰めっ面で画面を睨みつけていた。そんなにあのヒロインがお気に入りだったのか……

『浅野君、メリークリスマス。プレゼント……受け取ってくれる?』
『せ、先生……』

 二人の唇は徐々に距離を縮め、やがて……

「うわあああああああ!!!」

 突然の若葉の叫び声と共に、画面が真っ暗になる。どうやら電源を切られたみたいだ。

「若葉、いきなり切っちゃダメだろ!まだセーブしてないのに」
「いや、お兄ちゃんの方がダメだよ!なに顔真っ赤にしながらゲームしてんの!?目的忘れてない!?」
「いや、仕方ないじゃんか。こうなっちゃったんだから」
「う~ん。ネットで調べてみたんだけど、隠しルートで先生と付き合えるらしいよ。ランダムで選択肢が出てくるんだって。確率は100分の1らしいけど……」
「お姉さん……どんだけなの?」

 すると会話を断ち切るように呼び鈴が鳴る。時計を見ると、もう先生が帰ってくる時間になっていた。どうやらかなり集中していたみたいだ。
 出迎えに階段を降りようとすると、両脇を2つの影がものすごいスピードで駆け出す。
 僕が階段を降りる頃には、2人は先生に抗議していた。

「お姉さん、ゲームにまで出てくるなんてどういうこと!?」
「先生、何かまた裏で糸を引いていたんですか?どうなんですか!」
「?」

 当たり前だけど、先生はキョトンと首を傾げ、2人と僕を交互に見るだけだった。

「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く