話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

仕返し

「す、すいません。よく聞こえなかったみたいで。今……何て?」
「水着が流されてしまったの」
「う、上だけですよね?」
「それは……下も流されていたほうが良かったという事かしら?」
「そんなこと考えてないですよ!?」

 水着が……流された?
 やばいやばい。先生の言葉と感触で頭の中がパンクしそうだ。
 一旦現状を整理してみよう。

 先生がいきなり抱きついてきた。
     ↓
 どうやら水着が脱げたらしい。
     ↓
 今は上半身裸。
     ↓
 先生は僕に抱きついている。
     ↓
 今、僕の胸に当たっている大っきくて柔らかいものは、先生の生の……!!!

「どうかしたの?」
「せせせ、先生……あの、あの……!」
「先生じゃないわ」
「ごめんなさい、唯さん……その、あ、当たってます!当たってますよ!」
「宝くじが?」
「違いますよ!絶対にそんなタイミングじゃないでしょ!しかも買ってませんし!」

 先生に対して本気のツッコミをいれる日が来るとは思わなかった。これも冗談で言ってるんだよね?
 一方、先生は特に気にした風もなく、さらに抱きつく力を強めてくる。まるで押しつけようとしているかのようだ。

「っ!……だ、だから、唯さん……当たってます……」
「ちなみに、さっきのは冗談だから。結構上手いこと言えてた気がするのだけど……」
「いや、今はそれどころじゃなくて……」
「そうだよ!若葉を置いてけぼりにしないで!ていっ!」

 何を思ったのか、若葉が背中にがしっと抱きついてきた。
 その勢いで前のめりになり、先生にさらに密着してしまう。

「若葉!?」
「なぁに?お姉さんはよくて、若葉はダメなの?そんなに大っきな胸が好きなの?」
「いや、違くて!」
「……違うの?」
「ゆ、唯さん!今はそんなこと言ってる場合じゃなくて!」
「どうしたの、お兄ちゃん?さっきから……あ、もしかして、若葉とお姉さんの胸が当たって、実は興奮してるの?」
「してないよ!」
「……興奮してるの?」
「先生まで!?実は2人で協力して僕をからかってるの!?」
「「いいえ」」
「あ、怪しすぎる……って、それどころじゃなくて、唯さんの水着を早く探さないと!僕、探してきます!」
「動かないで」

 先生がまた抱きつく力を強め、もう胸の感触がやばい。自分が理性を保てているのが不思議なくらいの甘い誘惑に、手足が微かに震えていた。油断して本能に負けたら、手を先生に向けて動かしてしまいそうだ。
 『平常心』と頭の中で何度も唱えながら(意味ないけど)、先生に話しかける。

「どうしたんですか?」
「君が動いたら……その……見られてしまうわ」
「た、確かに……」
「君は……私の裸が誰かに見られても、いい?」
「嫌です」

 頭で考えるよりはやく、口が勝手に動いていた。
 今頭の中で何かよくわからない感情がメラッと沸いた気がした。

「じゃあ、このままでいてくれないかしら」
「わ、わかりました……じゃあ、若葉。その辺に水着流れてない?」
「う、うん!探してみるよ!……色々と怪しいけど」
「いやいやいや!僕何もしてないよ!?」
「ああもう、そういう意味じゃないの!!お兄ちゃんの鈍感!!」

 若葉は吐き捨てるように言って、ザブンと水中に体を沈めた。
 その姿を見ながら、僕は1秒でも早く、先生の水着が見つかるようにと祈った。このままでは思春期男子の脆い精神がもたない。
 しかも、一度自覚してしまうと、先生の胸が他の男に見られると考えた時の、何ともいえない不快感が胸の奥で蟠っているのがわかる。無論、そんな権利なんて僕にはないんだけど。

「祐一君?」

 先生が心配そうに見上げるのに気づいて、散らかった思考を頭の隅に押しやる。

「大丈夫?」
「あ、は、はい、何とか……」
「……ごめんなさい。また迷惑をかけたわね」
「そんな……いつも迷惑かけてるの僕じゃないですか」

 僕の言葉に先生は切なそうに目を細め、やんわりとかぶりを振った。

「君は生徒。私は教師よ。私が迷惑かけるなんて、あってはいけないことだわ」
「唯さん」
「何?」
「今は違いますよ。その……今は……」
「…………」

 僕は先生の、真珠のように綺麗な黒い瞳を真っ直ぐに見て、噛まないように気をつけながら、はっきりと告げた。

「仲の良いご近所同士じゃないですか」
「…………」
「だから助け合うのは至って普通……あれ、先生?」

 先生は俯いたまま動かなくなった。
 正直自分としても、結構照れくさい事を言った自覚がある。かと言って、そこまで……
 そこで、先生が顔を上げた。
 涼しげで、鋭い双眸にじっと見据えられ、周りの視線や音が遠ざかった気がした。

「祐一君」
「はい」
「ナイフのように鋭い言葉ってあるけど、君のは鈍すぎて鈍器になってるわね」
「え?」

 あれ?先生の背後にオーラみたいなものがユラユラと……

「…………ちょっとだけお返し」

 何やらブツブツと、こちらには聞こえない音量で呟いた後、急に先生が勢いよく転んだ。それは、僕を押し倒そうとするかのような勢いだった。ど、どうしたんだ一体……。
 その勢いのまま、僕は先生を抱きかかえたまま仰向けに倒れ、視界があっという間に水に覆われる。
 突然のことに何がなんだかわからず、体を起こそうとすると、右の頬に、何かが当たった。
 それは……花火大会の時に左の頬に触れたものとよく似ていた。
 

「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く