担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

カレー


「お、美味しい……」
「…………」

 さっきと同じ感想を口にすると、先生はじぃーっとこちらを見ていた。眼鏡のレンズの向こうにある黒い瞳からは、相変わらず感情の読めない眼差しが注がれる。
 何かあったのだろうか……も、もしかして、僕の行儀が悪いとか?

「あ、あの……」
「……いえ、何でもないわ。気にしないで」
「そうですか……」
「…………」

 まだ先生は一口カレーを含むと、またこちらをじぃーっと見ている。本当に何だろう?ていうか、女性に見られながら御飯を食べるって、こんなに緊張するのか……知らなかった。

「…………い」
「はい?」
「いえ、何でもないわ。そういえば、この前薦めた本はどうだったかしら?もう読み終えた?」
「えっと……今、半分読み終わったところです。僕、読むペースがあまり早くないので」
「そう、じゃあ君が1冊目に読んだ本はどうだった?」
「あ、はい。やっぱりネッシーとかロマンがありますよね!なんか小学生の頃を思い出しました」
「……そう、2冊目はどうだった?」
「そうですね、未解決事件とか気になりますよね。何か大きな力が働いてるんじゃないか、とか」
「…………そう、3冊目はどうだった?」
「やっぱり立ち入り禁止って言われると、余計にどんなのか見てみたくなりますよね!行く機会はないだろうけど……」
「………………そう、4冊目はどうだった?」
「謎の人物も気になりますね!鉄仮面の正体とか……」
「……………………そう、5冊目はどうだった?」
「世界の解明されていない謎って、なんかこう……つい読み耽ってしまいますよね!面白かったです!」
「……祐一君、残り5冊はなるべく一気に読むことをお薦めするわ。それと感想文の提出を命じます」
「ええっ!?」

 あれ、先生がちょっと不機嫌になった気が……てか、母さんいないのに祐一君呼びは続くんですか?別にいいですけど。
 すると、先生が何か思い立ったように立ち上がる。
 
「そういえば、そろそろ君のお母さんが帰ってくるわね」
「かもしれませんね」
「じゃあ場所を空けておかないといけないわね」
「?」

 我が家のテーブルは、仮に三人で食事しても十分な余裕があるんだけど……。
 先生は黙々と自分の皿を僕の皿の隣に並べ、自分も僕の隣に腰を下ろした。

「あ、あの、先生……?」
「どうかしたの?」
「いえ、何も……」

 肩と肩は触れ合っていないけど、鼻腔をくすぐる甘い香りに、落ち着かない気持ちになってくる。いや、僕だって何度も同じような場面に遭遇したのだから、多少は慣れというものが……!
 自分に言い聞かせながら、サラダにかけるドレッシングに手を伸ばす。
 すると、僕の手はドレッシングではなく、先生の手を掴んでいた。
 陶器のよいに白く滑らかな肌は……じゃなくて、いつの間に先生の手が……いや、それよりも……。

「す、すいません」
「気にしないで」

 ……僕にはまだ慣れません。無理です。
 先生の手のひんやりした感触は、僕の掌にしっかりと刻まれて、顔が赤くなるのを感じた。
 そんな自分の若さ故の情けなさを誤魔化すように、僕は勢いよくカレーをかき込んだ。

「急いで食べるのは消化によくないわ。それと……」
「?」
「ご飯粒、付いてるわよ」

 先生は、僕の口元に付いたご飯粒をとって、それをそのまま自分の口に含んだ。
 その様子を見ていると、薄紅色の綺麗な唇に目を奪われそうになり、慌てて視線を逸らす。
 てか、これってかなり……。
 また顔が熱くなるのを感じたけど、それを振りきるようにブンブン首を振った。

「……大丈夫?」
「え、あ、大丈夫です!カレーの美味しさに感動しただけです!」
「そう……」

 気のせいなんだろうけど、残りのカレーは少し甘くなった気がした。

 *******

「片付けは僕がやっときますよ」
「二人でやった方が早いわ」

 お客様に片付けまでさせるわけにはと思ったものの、先生の淡々とした反論に返す言葉もない。もう既に洗い物をシンクに置いてるし。
 こうして、また二人並んでの作業が始まった。

「ただいま~」
「あ、おかえり」
「あらあら……」

 帰ってきた母さんは、口元に手を当て、感慨深そうな笑顔を浮かべる。

「どうかしたの?」
「いや、ほら……高校生にもなって彼女の一人もウチに連れてこない息子が、こんな美人と並んで、新婚っぽい雰囲気で家事をしてるなんて……」
「っ……」
「母さん、アホなこと言ってないで……先生、どうしたんですか?」
「な、何でもないわ……ええ、本当に」
「その皿、何度も拭きすぎな気が……」
「……よし、これで終わりね。じゃあ、私は帰るわ」

 先生は急に帰る支度を始めた。どうしたのだろうか?急用でも入ったのだろうか?
 母さんはその背中に、機嫌よさそうに声をかけた。

「先生、カレーありがとうね~!」
「いえ、こちらこそ。ご馳走様でした。それでは失礼します」
「あっ、先生……」

 僕は先生を見送るために並んで玄関まで行った。

 *******

「じゃあ、また学校でね。感想文も忘れずに」
「あ、あれ本気だったんですか?」
「もちろん。来週末まで待つわ。君はこういうのを練習しておいた方がいいから」
「……はい。わかりました」
「じゃあ……おやすみなさい」
「あ、はい、お、おやすみなさい」

 先生に「おやすみなさい」って言うのはなんかこう……不思議な感じだった。もちろん、言われるのも。
 先生は小さな笑みを一瞬だけ見せ、ほのかな甘い香りを残し、帰っていった。
 僕は何故か、しばらく玄関にぼーっと突っ立っていた。

 *******

「……食べてるとこ、可愛かった」

「……新婚って言われた……ふふっ」

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品