話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

お見舞い

「大丈夫よ。もうすぐだから……」
「ゆっくり休んでね」
「私は……………………だから」
「おやすみ…………ん」

 何度か声が降ってきて、その後に柔らかな温もりが頬に触れた気がした。
 ふわふわした感覚に支配されたこの場所は、きっと甘い夢の中なんだろうと思う。
 甘い何かが敷きつめられていて、その中から一つだけほんのり苦い箇所を探すような、不思議な夢。
 その夢の中で、僕は再び意識を手放した。

 *******

「…………夕方、か」

 あの後のことははっきり覚えていないけれど、とりあえず僕は早退し、その翌日も学校を休み、今に至る。
 ベッドからむくりと起き上がると、体がだいぶ楽になっていることに気づく。これなら明日は問題なく登校できそうだ。

「祐一~」

 大きく伸びをしていると、母さんがノックと共に部屋に入ってきた。これじゃあノックの意味がない。てか思春期男子の息子の部屋に入るのだから、最大限気を遣って欲しい。

「あら、起きてるわね。具合はどう?」
「……一応、もうそろそろ大丈夫っぽい」
「そう、じゃあよかった。アンタにお客さんが来てるよ」
「え……!?」
「いや、どんだけ驚いてるのよ。はい、先生どうぞ」
「……こんにちは」

 母さんの背後から、ひょっこり顔を出したのは、なんと森原先生だった。クラスメートが家に来るとは思えないので、まったくの予想外というわけではないのだが、いざこうしていきなり登場されると、どうしようもなく驚いてしまう。

「ふふっ、よかったじゃないの。美人な先生にお見舞いに来てもらえて。それじゃ、ごゆっくり~」

 母さんは先生に頭を下げ、こちらにひらひら手を振り、階段を降りていった。お、おい、放置ですか。まだ少しテンパり気味なんだけど……。
 あたふたしていると、先生は遠慮がちな瞳をこちらに向けてきた。

「あの……入っても大丈夫かしら?」
「あ、はいっ、ど、どうぞ……」

 本当なら小一時間かけて整理整頓したいところだが、忙しい先生がわざわざ来てくれたのだから、そんなことをしている場合じゃない。
 先生は部屋に足を踏み入れ、ドアを閉めると、ベッド脇にちょこんと座り、いつものように顔を覗き込んできた。

「…………」
「…………」

 …………な、なんか、気まずい!しかし、先生の漆黒な瞳は、お構いなしに僕をじっと捉えたまま停止していた。
 そんなにじっと見られても、何も出てこないし、どうすればいいかわからないんですけど……。
 このまま沈黙が続いたら、どうにかなってしまいそうだったので、僕から口を開くことにした。

「えっと……わざわざありがとうございます……先生、忙しいのに」
「平気よ。今日はもうやることもなかったし。家が近いから」
「あ、ああ、そうですね」

 最近知った事実であり、ちょっとした……いや、かなりの謎。
 未だに現実味がないが、先生はうちの真向かいの家に住んでいるらしい。
 しかし、何故気づかなかったのか。
 いつから住んでいるかは知らないけど、真向かいさんなら、一回くらい見かけていてもよさそうなんだが……。
 すると、先生の視線がやけに落ち着かないのに気づいた。

「…………」
「どうかしたんですか?」
「いえ、何でもないわ……」

 なんかめっちゃキョロキョロしてるんですけど!?
 いや、落ち着け浅野祐一。別に見つかって困る物は……あるけど、しっかり隠してある。先生だって、いきなり生徒の部屋を漁ったりはしないだろうし……。

「ねえ、浅野君……」
「……は、はい」
「君はこういう女性が好みなの?」
「はい?」

 先生が掲げて見せたのは、僕の秘蔵本第三号だった。
 表紙には、茶髪で胸が大きいギャルっぽい女の人が写っていて、誘うような挑発的な視線をこちらに向けている。
 あまりにベタなシチュエーションに、僕は自分の顔が紅くなるのを感じた。

「な、何でそれを!?」
「ベッドの下からはみ出していたわ」
「あ、えと……すいません!」
「どうして謝るの?」
「いや、その……何というか……」
「それと、まだ私の質問に答えてないわ」
「え?」
「君は、こういう女性が好みなの?」

 先生がさらに顔を近づけてくる。真っ直ぐに澄んだ双眸が、今度は僕の心を捉えた。
 その視線には、これまでとはどこか違う感情が含まれている気がした。先生の淡い薄紅色の唇が、顔の近くにあるのに、何故かそれどころじゃない。
 自然と僕は口を開いていた。

「別に……そういうわけじゃ……いや、嫌いじゃないですけど、絶対にそういう感じの人と付き合いたいとかじゃなく……」
「……そう」

 先生はベッドの下に秘蔵本を戻した。これって一体どんなシチュエーションだよ。

「突然変なことを聞いてごめんなさい」
「…………いえ、大丈夫、です」
「お詫びにならないかもしれないけど……」
「せ、先生?…………」
 
 僕は言葉を失った。
 なんと……あの森原先生が……トレードマークの眼鏡を外していた。
 眼鏡を外した先生はやっぱりそのままでも美人で……でも、ほんのり頬を染めてるのが可愛らしくて……ていうか、何でいきなりめを外したのかわからなくて……

「き、君の知られたくないところを知ったから、私も、あまり見られたくないところを見せるわ……これで、おあいこ」
「おあいこ……ですか」
「そう、おあいこよ」

 そう言って、先生は再びスチャッと眼鏡をかけた。

「じゃあ、もう行くわね。お大事に」
「あ、はい……ありがとうございます」
「…………」

 ドアを閉める際に、先生が何か呟いた気がしたが、よく聞こえず、部屋には弛緩した空気が漂い、仄かに甘い香りも残っていた。
 夜、眠りにつくまでずっと、先生が初めて見せた素顔が頭の中に焼き付いて、胸が高鳴っていた。

「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く