戦国生産無双伝!

なんじゃもんじゃ

024_金華城攻め

 


 ロイド歴3884年9月


 マジマ家からは降伏の使者が来ることはなかった。だからキシンは兵を金華城に進める号令を発令した。
 シゲアキ・マツナカは説得に失敗したのだろう。あの後彼が金華城で確認できたのは数回で8月では一度も確認できていない。カザマ衆の調べでは当主アイノスケ・マジマの勘気を被って幽閉された可能性が高いと判断した。
 まぁ、それならそれで構わない。彼はマジマ家に対し義理を通したのだ。マジマ家が滅ぶのは彼のせいではない。そしてマジマ家が滅んだ後でシゲアキ・マツナカを登用すればいいのだ。


 アズマ家の治めている土地から金華城までには、敵方の小城や砦がいくつもあるが、大した抵抗もなく金華城に到着した。これは事前の調略が上手くいったのと、城主が抵抗せずに逃げ出したためだ。援軍が期待できないので籠城しても無駄だと分かっているのだろう。


 金華城では籠城を決め込んだようで、ここまで戦はたった二回しかなかった。その二回も戦と言うより弱い者虐めのように一方的なものだった。
 別に一方的な戦いだからって後悔はない。嫌なら戦わず降伏するなり逃げるなりすればいいのだから、俺が気に掛ける必要はない。
 むしろ、その程度の判断もできない無能が城主をしていたのでは、領民が可愛そうだ。


 山の上にそびえ立つ堅城を見上げ、この山を登るのかと思うと気が滅入る。体育会系じゃないんだ、俺は。


「金華城の防衛門は108カ所、22通りの通路がありまする。その全てを封鎖するのは難しいと存じまする」
「包囲するは難しいか」
「なれば、総攻めにて落とすまで!」


 家臣たちがいきり立っている中、俺は一切口を出さない。
 今回の戦いは家臣に功を立てさせてやる必要がある。前回のオンダ戦で俺が呆気なく大平城の本丸を落としてしまったので、ほとんど戦功を立てることができなかったから不満が燻っているのだ。
 まぁ、褒美がほしいと言っても、役立たずでは褒美なんてやれない。褒美は金華城を落とすかそれなりの武将の首を取れば普通に出るだろう。
 ただ、これだけの兵をもって攻め滅ぼせないとなれば、グダグダ言っている奴らも自分の無能さを自覚できるんじゃないかな?
 などと考えているのですよ。脳筋たちがこの堅城を攻め切れずに疲弊した処に俺が出ていくのもいいかなとね。真打は最後に登場するのだ。


「兵を3隊に分ける」


 キシンが兵を分散させると言うと、家臣がざわつく。大平城の時も兵を三隊に分け一隊はキシン、一隊はブゲン大叔父、一隊は俺が指揮したのを思い出したのだろう。三人ともアズマ家だしね。


「西は左衛門に任せる」
「ははーっ!」


 左衛門とは左衛門少尉の略称で家老衆でフジオウの祖父に当たるゼンダユウ・クサカのことだ。筆頭脳筋だ。いつも俺を睨んでいる奴だ。
 自分の名を呼ばれゼンダユウ・クサカは喜色満面だ。だけど、あんた兵を指揮できるのか? あんたに兵を指揮するだけの能力があると思えないぞ。過去からアズマ家に仕えていた家だから、今の地位にあるのを忘れずに謙虚に自分を見つめ直した方がいいぞ。
 俺も結構辛らつなこと考えてるなと、自分で自分を律しないと。


「南は左京、ソチに任す」
「おうっ!」


 左京は左京少進の略称で同じく家老衆のゴウキ・クサカのことだ。彼はどちらかというとフジオウ派からは距離をおいている。
 以前はオンダ家との領境の小部城の守りを任されていたが、長年の奉公が認められ、今は羽鳥城を任されている。石高としては小部城の7千石から羽鳥城の1万二千石となっているので5千石もの加増になっている。


「ワシは後詰を率いる」


 俺はキシンの部隊に配属された。ブゲン大叔父もキシンの部隊だ。俺がキシン隊にいるので俺の鉄砲隊もキシン隊の配属だ。脳筋たちに鉄砲隊を任せるわけにはいかない。鉄砲は少しの時間で創れるが、訓練された鉄砲隊は簡単にはできないから、脳筋どもに指揮をさせて死なせられてはたまったものではない。


 翌日、西と南で戦闘が始まったようで喧騒が1Km以上離れたここまで聞こえてきた。共に気合十分のようだ。


「ソウシン殿、どちらが先に本丸へ辿り着くか賭けましょうぞ」


 おいおい、ブゲンの大叔父よ、そんな不謹慎なことをしては、乗った!


「して賭けるは?」
「某が勝てば倅用の『六鋼板当世具足』を、ソウシン殿が勝てば某が秘蔵しておる『黒天目』を、如何かな?」
「『黒天目』?」


 何だそれ?


「ほう、ソウシン殿でも知らぬ物が在りましたか!」


 いや、俺は14歳の子供ですが? それにどんな人でも知らないことは腐るほどあるぞ。


「『黒天目』と言うのは渡来物の茶碗で御座るよ」


 ほう、茶碗か。つまり、織田信長とかが収集した茶道具のような物だな。いいのか、そんな貴重な物を賭けの対象にして。


「以前、京へ赴いた時に手に入れた物ですぞ」


 いたずら坊主のように俺に笑顔を向ける大叔父ってどうなんだろう?


「それで構いませぬ、それで大叔父殿はどちらに賭けますか?」
「ワシは左京に賭けるぞ」


 まぁ、脳筋ゼンダユウよりは戦巧者と言われているゴウキに賭けるのは当然か。そうなると俺は脳筋に賭けることになる……どう考えても嫌だ! アイツを応援する位なら普通に大叔父に『六鋼板当世具足』を贈呈するわ。


「ソウシン殿は左衛門殿で構わぬか?」
「いいえ」
「ほう、ソウシン殿も左京か? それでは賭けにならぬな」
「いいえ、私はどちらも本丸に届かぬ方に賭けまする」
「っ! 本気か? マジマの兵数は高々1300だと聞くぞ。どう考えても守りぬくこと、敵わんと思うが?」
「賭けを成立させる為ですよ。大叔父殿が左京殿を推される以上、仕方がないでしょう」
「……そんなに左衛門を嫌わんでもよかろうに。ガッハハハハ」


 ブゲンの大叔父は一瞬呆けた顔をしたが、俺の意図が分かったのか大笑いをする。誰が脳筋なんかに賭けるかよ。


「但し、時間無制限では私の勝はありませんので、3日、今日を含めて3日目の陽が落ちるまでと言うのは如何ですかな、大叔父殿」
「構いませんぞ、双方それぞれ5千もの兵を率いて落とせぬなどあり得ませぬからのぅ」


 掛かった。この金華城の堅牢さを大叔父殿は知らぬようだ。もし、俺が攻めるなら火薬を惜しまず使っていくが、その火薬だって使い方が難しいのが、この金華城なのだ。


「では、賭けは成立ですね」


 俺と大叔父が不謹慎にも賭けをしているもんだから、キシンは俺たちを半眼で見ていたのは無視しておこう。


 ……。


 3日後、そろそろ夕日が落ち、夜が来る。そして完全に陽が沈んだ。


「大叔父殿、賭けは私の勝ちですな?」
「ぐぬぬぬ、えぇ~い、だらしのない! たった1300の兵を相手に何をしておるのかっ!」


 大叔父殿、金華城攻めでの最大の敵は兵ではないぞ。最大の敵はこの金華城自体なんだよ。攻め口は細い通路ばかりで幾つも門がある。門を破って進軍してもすぐにまた新しい門が現れ疲弊を余儀なくされる。兵にとっては厄介この上ないのだ。


「大叔父殿、約束は守って下さいますね?」
「約束を反故にするような真似は致し申さん!」


 ムキになっちゃってぇ~。大叔父ちゃんカワユイんだから……キモッ!
 それよりもキシン君はどうするのかな? たった1300の兵相手に3日経っても金華城を落とせないのを、どう見るか。


 さらに翌日、脳筋とゴウキ・クサカが呼び戻された。


「何たるブザマ!」


 キシン君、オコです! 特に脳筋ゼンダユウ・クサカにオコです。
 ゴウキ・クサカは門を4カ所突破してかなり進軍していたが、時間切れだった。兵も3日間攻め続けで疲弊しているので中休みとしては丁度いいだろう。腹いっぱい食わせて睡眠をとらせてやろう。
 対して脳筋ゼンダユウ・クサカは門を1カ所突破しただけだった。力押しだけではどうにもならないことが分かったかな? 脳筋ゼンダユウ・クサカの顔を見ると全然理解していないように思えた。


「ソウシンに兵を与える。アイノスケ・マジマの首をワシの前に持ってまいるのだ」


 キシン君、いつになくヒートアップ!


「父上、左京殿には引き続き南より攻め続けて頂きたいのですが、宜しいでしょうか?」
「左京をか?」
「はい、左京殿です」


 攻めずらい金華城の防衛網を4門も突破したんだ、評価しても良いだろう。脳筋の方は見るところもないけどね。


「殿! この左京に汚名返上の機会を!」
「ならば左衛門殿にも機会を与えるべきと存ずるが?」


 ブゲン大叔父よ、いらんことを言うなよ。ほら見てよ、脳筋ゼンダユウ・クサカが嬉しそうにしているよ。


「ふむ……」
「父上、左衛門殿にも同様に西を攻めて頂きましょう」
「ならばソウシンは如何するのだ?」
「兵500を率いて東より攻めまする」
「500だと?」
「ソウシン殿、それは些か兵が少ないと思うが?」
「大叔父殿、敵は1300、しかもこの3日の間、攻め続けられて死傷兵も大勢でているでしょうし、かなり疲弊をしていると思います。ですから兵500で構いません」


 俺の案は了承され、その日の内に陣を離れた。夜の内に移動しておきたかったのだ。
 目指すは獣道。金華城が落城した時の為に用意されている城主の逃げ道。地元の猟師でさえ滅多に分け入ることのない獣道。
 前世で斎藤龍興を諫める為に竹中半兵衛がたった十数人で稲葉山城を落とした時に、誰も知らない抜け道を使って稲葉山城を落としたという逸話がある。それが本当かは分からないけど、それにヒントを得てカザマ衆に探させていたのだ。
 そして、カザマ衆は見事にこの獣道を見つけてくれた。


 険しい獣道を進むこと半日、夜が明けて来た。マジマの警戒網に引っかからない為にここで休憩し、また夜間に進むことにした。


「しかしよく見つけたな。苦労したんじゃないか?」
「この程度の抜け道を探すなど然したる苦労では御座りませぬ」


 おー、流石はカザマ衆の頭目、言うね~。言うよねぇ~。帰ったらちゃんと褒美を与えるからね!


 陽が落ちた。西と南はまだ戦っているのだろうか?
 俺は何でこんな険しい道を登山してるのだ? 勘弁してくれ、俺は体力ないんだよ。


「若、門が見えました」


 コウタロウ・カザマが指さす方向に草木でカモフラージュされている……手入れされていない門が現れた。
 俺が頷くとカザマ衆が壁をよじ登って門を開けてくれた。便利なもんだ。
 古びた門を1カ所だけ通って本丸のすぐそばに出た。うん、カザマ衆便利だ。


「かかれ!」


 俺は部下たちに小さな声で合図する。そうするとダンベエはじめ皆が走り出して行った。俺の前をドドドドって走っていく。あ、俺を1人にしないでね、怖いから。
 暫くして城内が騒々しくなる。俺は物陰にかく……戦局が見える場所で指揮をする。『ガンガンいこうぜ』


 敵の抵抗はかなり激しいが、予想通り数はかなり少ない。
 1時間もすると勝鬨が上がった。どうやら本丸を落としたようだ。まぁ、本丸に残っている兵は僅かしかいないのだから、すぐに決着がつくだろうと思ってはいた。


「残敵掃討を」


 本丸内で部下に指示を出す。ふんぞり返っているわけではない。登山で疲れた体を癒しているんだ。
 本丸を落としてから3時間もすると抵抗もなくなり、さらに1時間もするとキシンが乗り込んで来た。


「ソウシンでかしたぞ!」
「ソウシン殿、お見事!」


 大叔父殿も一緒か。ゴウキ殿もいる。あれ脳筋ゼンダユウ・クサカがいないぞ。


「父上、左衛門殿はいかが致しましたか?」
「左衛門は怪我をしたので今は手当て中だ」


 はい? 何やってるの? 無能過ぎない?


「若、城内の牢でシゲアキ・マツナカ殿を発見しました」
「状態は?」
「命に別状はありませぬが、衰弱が酷いようです」
「養生をさせよ」


 こまごまな指示を出すのも面倒だな。あとはキシンに任せて休みたい。


「ソウシン、疲れたであろう、今日は下がって休むがよい」


 おお、キシンちゃん分かってるじゃん。お言葉に甘えて休むとしますかね。


 

「戦国生産無双伝!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く