戦国生産無双伝!

なんじゃもんじゃ

017_戦支度

 


 ロイド歴3882年8月初旬。


 あれから大変だった。キシンとコウちゃん、それにソウコまでやってきてギャーギャー騒いでいった。ソウコなんて泣きじゃくって収めるのが大変だった。
 コウちゃんは俺の護衛をしていたダンベエたちに「ソウシン殿を守れず、なんの護衛かっ!」と腹を切らせようとしたが、ダンベエがいないと俺が困るとなんとか宥めた。
 だけど、主を守れなかったのも事実であると、キシンがダンベエを始め護衛たちを謹慎処分に処した。無罪放免とはいかないことは俺も分かっていたので謹慎期間を8月15日までとすることでキシンと話をつけたのだ。
 9月には出兵が控えているのであまり長く謹慎にはできなかったのが幸いして短期間にできた。それに、日頃から出歩くのを控えるように苦言を呈していたダンベエたちに重い処分を科しては、俺から家臣たちの心が離れてしまうだろう。


 俺はと言うと落馬時に左手から落ちたようで左腕を骨折していた。その骨折も既に骨も繋がっており問題はない。矢が刺さった左肩の方は多少の違和感があるが、動かすのになんの支障もないし、痛みがあるわけでもない。
 だが、あの白い空間でオバサン神様が言っていたように俺の職業に変化が見られた。しかも明らかに今までの【創造生産師】から変質し過ぎの職業だ。そして職業の変質に伴ってスキルも大幅に変化してしまっている。もう、本当に凄い変わりようだ。




 氏名:ソウシン・アズマ
 年齢:12歳(ロイド歴3870年5月5日生まれ)
 性別:♂
 身分:ミズホ国守アズマ家長子
 職業:【神生産師】レベル1(503/10000)
 能力:HP1000/1000、MP5000/5000(500000/500000)
 スキル:【神眼】【神生産】【神育成】【神探索】【MP神補強】【神人形生成】




 【神眼】対象の詳細情報を入手しできる。対象を威圧し行動を阻害する。任意の範囲に結界を張ることができる。
 【神生産】想像上の物質や道具を含めた物質や道具をMPを代償にして生産が可能。生産する物によってMP消費が変動する。
 【神育成】対象に成長補正を与える。自分には無効。成長させる対象や成長の度合いによりMP消費が変動する。
 【神探索】自分を中心とした周囲の地形を表示し、その範囲内に存在する全てを把握できる。
 【MP神補強】消費MP削減大。MP回復量増大。MP100倍。
 【神人形生成】任意の材料で自立型自動人形を作成する。使用する材料と消費したMPによって自立型自動人形の能力が変動する。




 どう考えてもおかしいだろ? これを見た時の俺の衝撃を分かってくれるだろうか? 一時間はまんじりともしなかったはずだ。まぁ、動こうと思っても動けなかったんだけどね。
 オバサン神様の話から、職業は弱体化方向に変化すると思っていたが、まったく逆で強化される方向に変化してしまった。まさかとは思うけどオバサン神様が俺の幸せを願ってくれた効果なのだろうか、と思ってしまう。


 しばらく寝たきりで暇だったので、職業のレベル上げとスキルの把握も兼ねて【神眼】を使いまくった。【神眼】は幾つかの機能があり、先ずは情報を入手できる【鑑定】のような機能だ。思った以上に情報の詳細が分かるようになっていた。次は【威圧】だけど、簡単に使えるような物ではないので置いておいて、【結界】の方は凄く使い勝手のいいものだった。【結界】は見えない壁を創れて、大きさや形は自由自在だし【結界】によって阻むことができるものも様々で物理的に人を阻むだけではなく、気体や液体だって阻める。対象を指定すればそれを全て阻んでくれるかなり有用な機能だ。


 他のスキルに関しては確認を含めて保留している。ぶっちゃけ使うのに勇気がいるんだよ。そろそろ検証をしようとは思うけど、まずはミズホ酒と麦焼酎に味噌、醤油を生産しなければいけない。在庫が底をつきそうなのでミズホ屋とイズミ屋も心配しているそうだ。オンダの経済封鎖に協力をしてもらっているので約束通り提供してやらないといけない。それと直ぐにではないが俺が居なくても生産できるようにしておこう。杜氏や味噌職人を育てるのには時間が掛かるだろう。気長に育てるしかない。


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 ロイド歴3882年8月下旬。


「はい、あーーーん」
「あーーん」


 アズ姫にあーんをしてもらっているのだ。どうだ、羨ましいか!


「若、そろそろ評定を行いますれば……」
「何だもうそんな時間か? 仕方ない、アズ姫ちょっと行ってくるぞ」
「はい、お早いお帰りをお待ちしております」


 部下のリクマ・ナガレが俺を呼びに来たので仕方がなくアズ姫との憩いのひと時を終わらせる。本日の評定は間近に控えたオンダ領侵攻作戦の最終確認の評定だ。
 アズ姫とイチャオチャしたいので、早めに終わらせよう。準備はキザエモンに任せておけば問題ないしね。


「面を上げよ」


 上座に座ると俺を待ち平伏している家臣たちに頭を上げてもいいと許可を出した。皆が俺の声で頭を上げたが、それでも1人が平伏したままだ。


「ダンベエ・イズミ。何をしておる、面を上げよ」
「ははぁぁぁ」


 ダンベエは俺の小姓上がりの側近であり、俺が傷を負ったあの事件の時に警護をしていた。つまり俺の怪我について責任を感じているのだ。それに昨日まで謹慎していたので、殊勝な態度を示しているのだろう。


「ダンベエ、お前が私の怪我に責任を感じているのは分かっている。しかし、それは違うぞ。以前にも申したがダンベエは私に忠告をしていた。それを聞き入れなかった私に落ち度があったのだ。私が無防備、無警戒、にしていたのが悪いのだ。ダンベエにも済まぬことをした」


 俺はダンベエに頭を下げた。そうするとザワッと広間内が騒然とした。主君が家臣に頭を下げるなど、本来はあってはならないことだからだ。


「わ、若!」


 大勢の家臣が俺を止めようとした。


「分かっておる! だがな、今回は私の為に皆に迷惑をかけた。無能な主君は自分だけではなく家臣の命を短くするのだと、つくづく思い知らされた。これは私の思い上がりへのケジメだ」
「……ダンベエ。若のこの思い、受け止めよ。お主がいつまでも委縮していては若の警護も儘ならんぞ」
「若っ!」


 キザエモンが最後に纏めてくれたが、ダンベエは涙を流して感激していた。むさ苦しい男の涙だが、それが俺にはとてもありがたい涙である。
 ダンベエが落ち着くのを待って、評定を進めるようにと促す。評定は家臣筆頭であるキザエモンが進行役だ。


「傭兵は3500だな?」
「はい、騎馬隊500、弓隊1000、歩兵隊1500、鉄砲隊500、の合計3500名が準備万端出陣を待っております。それと輜重隊1000も準備万端で御座います」
「兵糧はどうか?」
「はい、兵糧も準備万端整っております。更に輜重隊には斥候職を多く配置しております」
「矢玉に弾薬はどうか?」
「問題ありません。矢は5万本、鉛玉は2万発、火薬も2万発分、いつでも輸送できます」


 他にも決めることは決め、留守居役にキザエモンを配置して後方支援を任せた。


 二日後、アズ姫と後ろ髪を引かれるような思いで別れ、六乗山城の館に到着した。到着早々その足でキシンへの挨拶に向かうと、そこにコウちゃんとソウコもいて俺を出迎えてくれた。


「父上、ただ今参上いたしました」
「うむ、道中変わりなかったか?」
「はい。道も整備しておりますので全く問題ありません」


 先ずはキシンに挨拶だ。そして俺はコウちゃんとソウコを見る。コウちゃんは側室とは仲が悪く殆ど会うことも喋ることもないが、その子に対してはアズマ家の子として俺たちとわけ隔てなく接している。だからソウコもコウちゃんにそれなりに懐いている。


「母上、今帰りました」
「ソウシン殿、もう体は大丈夫なのですか?」
「全く問題ありません。完治しております。ほれこの通り」


 俺は左腕を上にあげたり、肩をグルグル回したりして完治を示した。


「それならば良いのです。ただ無理はいけませんよ」
「はい」


 コウちゃんは今回の出陣にも反対のようであったが、今回の戦いは俺が提示した作戦によってほぼ1年がかりでオンダ家に経済封鎖を仕掛けた総仕上げなので、俺が出向かないわけにはいかない。


「ソウコも息災で何よりだ」
「ソウコのことより兄様のお体です! あれほどの大怪我をしたのです。出陣なんてせずに館にて体をお休めになって下さい!」


 俺も戦になんか出たくはないけど、それは無理だ。六乗山城に来た最大の理由はオンダとの戦いの為なんだよ。今更オンダとの戦いに俺が出向かないわけにはいかないさ。
 それにオンダを滅ぼす、滅ぼさない、どうなるか分からないけど、今回の戦いの結末を見届けるのは俺の責務だ。多くの人が死ぬ作戦を立てた俺にとって決して簡単に済ましていいものではない。


「ソウコ、私は今回の戦いの結末を見届けなければならぬのだ。大丈夫だ、体は完治している。それに生産職の私は前線に出ることはない。私も死にたくはないからな」


 これはソウコを安心させるための方便だ。戦場で絶対に前線に出ないなんて誰も保障ができない。例えキシンでもだ。その時々の状況によって戦況と言うのは変わるものだ。それに前線に出なくても敵が奇襲をしてきたらどこが戦場になるか分からない。だけど、俺は死ぬ気はない。生きて帰って愛おしいアズ姫に会うのだから。


 その後、ソウコを宥めている内にコウちゃんも構って欲しそうにしていたので構ってやり、食事を摂って布団に入った。
 翌朝も早朝からソウコがやってきて、ドウジマルを連れたコウちゃんもやってきた。今日はまだ暇があるので皆の相手をして過ごした。本番は明日で、明日は全軍が出陣する。俺が指揮する軍が3500、キシンのアズマ本家軍が4500、家臣たちの軍はそれぞれの直臣だけなので数百程度だ。家臣たちの軍が少ないのはこれから収穫期を迎え農民を徴兵できないためだ。
 農民兵を徴兵すれば1万を越える軍になるだろが、これでよい。農民に負担を与えるのは得策ではない。それに俺の軍3500を全て俺の直臣が統率できるかと言えば無理だろう。俺の直臣は基本的に若く戦の経験も少ないからだ。だからアズマ家の家臣たちに俺の兵を与え指揮させることになる。それはアズマ本家の兵も同じだ。
 これは当初の予定通りなので今更慌てることではない。


 さぁ、出陣だ。待っていろよ、オンダ。




 

「戦国生産無双伝!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く