戦国生産無双伝!

なんじゃもんじゃ

011_宴会だ!

 


「ソウシン殿、アズ姫のご実家であるホウオウ家は私の実家であるカモン家と同格の名家です。アズ姫は今年で12歳と貴方よりは1つ年上ですが気立ての良い姫だと聞いています」


 キシンから縁談が来ていると聞いた直後、コウちゃんがやってきて俺の縁談相手のことを聞いてもいないのにペラペラと喋りまくった。思うにこの縁談はコウちゃん絡みの、というかコウちゃんが仕組んでいるんじゃないかな。


「アズ姫は詩を読むのが好きで王にも詩を献上したほどですよ」


 詩って俺はそんなもん知らんし。そういう雅な文化とは程遠い所にいるのがこの俺ですが何か?


「ソウシン、ワシはよい縁談だと思うぞ。進めるが、よいな」


 それって確認なの? それとも確定事項を報告しているだけなの? 多分後者なんだろうね。俺に拒否権がないことは最初から分かっていたことだ。


「アズ姫の輿入れはいつ頃になりましょうや?」
「まぁ、ソウシン殿も乗り気なのですね! 順調に話がまとまれば年末にはお会いできますよ」


 拒否権がないと思って輿入れ時期を確認しただけなんだけど、コウちゃんは俺が縁談に乗り気だと思ったみたいだ。会ったこともない女性との縁談なんて考えてもいなかったけど、聞かされた以上は心の準備をしたいと思っただけだよ。


「先方へよい返事ができる。これでアズマ家も繁栄すること間違いなしだ」
「そうですわね!」


 縁談を進めるだけで家が繁栄するわけないだろ、この馬鹿ップルめ!


「ただ輿入れ時期としては、年末は無理だろうから年が明けた1月か2月と言ったところだな」
「まぁ、遅いですわね?」
「領地が増え年末は色々忙しくなりそうでな」


 輿入れに関してはキザエモンに丸投げしておけば、いいようにしてくれるだろう。それにしても、俺が結婚か~。あ、新居はどうするんだ? オノの庄の館で良いのか? それともここに住むのか? う~ん……これもキザエモンに丸投げしておこう。


 取り敢えず頭を冷やすために自室に戻った。そしてキザエモンたちに縁談のことを話すと一様に「おめでとう御座います!」って祝福された。そうじゃなくて、俺はどう準備すればいいのか聞いているんだよ!


「然様ですな、オノの庄の館に京風の奥を増築されるべきでしょうな。それと奥向きの者の増員と教育が必要でしょう。ホウオウ家と言えば十仕家の一家、アズマ家よりも格式が上ですから」


 十仕家と言うのは王家を除くとこのワ国の最上位の家柄である10家の総称だ。コウちゃんの出身家であるカモン家もこの十仕家だし、ホウオウ家とカモン家の現当主は従兄弟同士だったはずだ。俺だってその程度のことは知っているさ。これでも貴族家の長子を11年もしてきたんだからな!
 それはいいけど、ホウオウ家は正三位大納言でカモン家は従三位中納言、そして我らがアズマ家は正五位上修理大夫ミズホ国守。格式は圧倒的にホウオウ家やカモン家の方が高い。無駄に日本的な官位や官職だ。
 気位の高い嫁じゃなければいいけど、難しいだろうな。俺には親バカで優しいコウちゃんでも身分の低い側室とか不躾な家臣にはいい顔をしない。それに家老衆のゼンダユウの娘がキシンの側室でフジオウを生んでいるが、この側室もかなり気位が高く他の側室にきつく当たっていて、場合によっては物理的な嫌がらせをしているそうだ。
 コウちゃんは他の側室に危害を加えないだけゼンダユウの娘よりいいけど、フジオウも選民意識が高いから貴族の家柄って人を傲慢にするのを俺は知っているんだよな~。


「後のことはキザエモンに任す!」


 面倒だからキザエモンに丸投げ! キザエモンも俺のことが分かっているのだろう、自分に丸投げされるのを予想していたようで「はいはい」といった感じで頷いた。


「では、縁談が決まりましたらすぐに結納としてミズホ酒と干しシイタケ、それに銭1000カンを送りましょう」
「酒と干しシイタケはともかく、銭はあからさま過ぎないか?」


 結納の相場が分からないが、1000カンと言えば一億ゼム。大金だ。


「ホウオウ家は家格は高いですから嫁入り道具にも銭がかかるはずです。しかもホウオウ家は領地を領有しておりませんので台所事情は火の車のはずです。対してアズマ家は若のお力で膨大な銭を儲けております。ですから銭は多い方がよろしいでしょう」
「ふむ、何か銭で嫁を買うようで気が進まんな」
「名家の子を銭で買うのはよくある話です。それで官位も一緒についてきますから」


 世知辛い話やなぁ~。たしかに十仕家は家柄だけで、今は領地もない没落貴族だ。王のおひざ元にあって扶持を頂いているはずだ。だから娘を金持ちや領地持ちの貴族に輿入れさせて援助をしてもらっていることも多いそうだ。そんな事を表情も変えずに言うキザエモンも太々しい奴だ。しかし、俺にはどうたらいいか分からないので、後はキザエモンと本家で話合って上手くやってくれと命じておいた。


 その日は俺が献上したミズホ酒で宴会となった。コウちゃんも久しぶりに俺に会ったせいかドウジマルよりも俺の方を構ってきた。そしてドウジマルもいつの間にか俺の膝の上でモグモグと俺の好物であるアユの田楽とアユの出汁焼きを食べている。俺はというとアユの骨を取ってドウジマルの給仕をしているのだ。可愛い弟の面倒を見るいい兄だろ?
 この宴会はキシンの家族と主だった家臣が集まってかなりの人数になっている。大広間が満員で縁側や庭先まで人と料理と酒で埋まっている。


 俺は帰省と共にミズホ酒、味噌、醤油、アユの一夜干し、イノシシ肉の味噌漬け、鹿肉の干し肉などをキシンに献上している。これらは全て俺の領地の名産としてミズホ屋とイズミ屋に売り込んだ所、飛ぶように売れていてキシンも喜んでいた。
 特に澄んだ透明のミズホ酒は濁り酒しかなかったこのワ国では珍しく、キシンが王に献上して好評だったので京の都では入荷するとアッという間に売れて在庫不足が深刻化しているらしい。逆に味噌や醤油は見た目的によくないので京の都などでは受け入れられてはいないようで、ミズホ酒程売れていない。それでも作れば作っただけ売れるのはイズミ屋が味噌や醤油を北方の地域まで持っていってバンバン売りまくっているからだ。北方は冬になると雪深いため保存がきく味噌や醤油は非常に重宝しているらしい。
 他にも麦で焼酎を創っているけど、これも北方に持っていくと飛ぶように売れるそうだ。ミズホ酒よりも酒精が強いので寒い地域では特に人気があり冬に備えて備蓄しているらしい。
 他の特産物も長期間腐らないようにしてあり一般的な塩漬けより美味しいので売れている。


 キシンの家族は全員集合しているので側室も勢ぞろいだし、弟や妹も勢ぞろいしている。フジオウもいるけど母親の横でイノシシ肉に齧りついては時々俺を睨んでいたので無視をすることにした。キシンの側室と妹たちにはそれぞれかんざしくしを贈っておいたので、順番にお礼を言いに来た。
 さて、問題はソウコだ。今日も今日とて俺と話そうとしない。もういい加減機嫌を直してほしいものだ。ここは年上の俺から手を差し伸べてやるか。


「ソウコは8歳になったのだったな?」
「……」
「……これは私が創った着物の生地だ、ソウコに似合うと思って持ってきた。気に入ってくれると兄は嬉しいぞ」
「……あ、ありがとう」


 俺が贈ったミズホ染めをギュッと抱きかかえるソウコを見て思わず頭を撫でてしまう。可愛いな。む、キシンがなにやら俺を睨んでいるぞ。解せぬ。


「兄様、今度遊びに行ってもよいですか?」
「勿論だ、ソウコなら歓迎するぞ!」
「はい、必ず遊びに行きます!」


 仲直りをした俺とソウコはしばらく近況を話し合った。そうしたら夜もふけてしまいキシンの妻と子供たちは奥に下がることになった。俺も下がろうとしたら何故か留め置かれた。俺も11歳の未成年だから下がろうとしたが、元服しているから大人扱いなんだってさ。


「奥方様たちも下がり申した、飲み明かしましょうぞ!」
「うむ、皆の者、無礼講である! 飲めや唄えやぁぁぁ!」


 ブゲン大叔父とキシンが音頭を取ってドンチャン騒ぎの宴が始まった。どうも大人しいと思っていたらこいつらこれを待っていたのか。キシンはコウちゃんが下がるのを待っていたのだ。コウちゃんがいると騒げないから。


「ソウシン、一人前の男は自分の酒量を知るものだ。前後不覚になるでないぞ」
「はい」


 キシンめ、コウちゃんがいなくなったものだから俺に酒を飲ます気だな? 俺は11歳だぞ!


 呆れていた俺の所にブゲン大叔父が酒を進めに来た。だから俺は11歳だっつーのっ! 前世では大酒飲みというわけではなかったが、酒は嫌いではなかった。しかし現世ではまだ11歳である俺に酒を進めるブゲン大叔父の気が知れん!


「飲んでおりますかな? ささ、一献」


 嫌いではないのだ。だから思わず盃を突き出してしまう。ははは、俺も11歳の自覚がないな。
 ブゲン大叔父が注いでくれたミズホ酒は透き通り盃の底が普通に見えた。それをマジマジと眺めていたらブゲン大叔父が「ささ」と飲めと促してくる。ゴクリ。ひと口で喉に流し込んだ。
 先ほどまで俺が酒に口を付けようとするとコウちゃんが「キッ」と睨んで来たので飲めなかったが、うん、美味いっ! 俺が創り出しただけはあるな! 自画自賛、何が悪い!


 ブゲン大叔父が俺に酒を勧めてから始まった行列。俺を潰そうと皆が俺の前に徳利を持って並んでいるのだ。ブゲン大叔父の次に家老衆でフジオウの祖父であるゼンダユウが俺にミズホ酒を勧めてきた。それも一息に喉に流し込んだ。その後も家老衆が続き内蔵助爺さんを最後に奉行衆のヒョウマが酒を注ぎだす。どうやら家臣の格で俺に酒を注ぐ順番が決まっているようだ。


 奉行衆の酒を飲み干して各部局の次席や次々席くらいまでは順番だったが、それ以降は流石に格には関係なく注ぎに来た。そうしていると皆が俺を囲みだした。何だよ、そんなに珍しい顔ではないだろう?
 自分でも不細工ではないが美形でもない普通の顔だと思っているんだ。


「若はいつお酔いになるのだ?」
「ワシに聞くな、まさか若がここまで嗜むとは思ってもおらなんだわ」


 ヒソヒソと俺に聞こえないと思っているのか、こいつら俺を潰そうと思ってたのかよ。知っていたけどさ。手荒い大人の歓迎ってやつだな。下手すりゃ急性アルコール中毒であの世行きだぞ。
 俺の前の行列が途切れた頃には皆の視線が俺に釘付けだった。そんな化け物を見るような顔をするなよ。
 俺は立ち上がるとキシンの前に座りミズホ酒を進める、他の者には返杯をしていたのでこれで全員に酒を飲ませたぞ、コンプリートだ!
 いや、全員にミズホ酒を飲ませるのが目的じゃないし。こいつらの思惑に乗るのが気に入らなかっただけなんだよ。


 その後、キシンを潰し、残っていたブゲン大叔父を始め家中の者どもに浴びるほどミズホ酒を飲ませた。内蔵助爺さんは俺が飲ます必要もなく早々に片隅で寝入っていたが、殆どの奴らは俺が潰してやった。
 そして残るは俺と他二人。意外や意外、奉行衆筆頭のヒョウマがその中に残っていた。しかも飲む量を加減していたわけではなく浴びるように飲んでいて残ったのだ。細面の優男だと思っていたが、やるではないか、見直したぞ。
 だが、そんなヒョウマも夜明け前に轟沈した。そして最後に残ったのは家中随一の酒豪と以前から名前を聞いていたクロウ・オガワだ。
 ピンピンと跳ねた癖髪が特徴の馬廻組の四十代、筋肉質だが背が高いのでそれほどむさ苦しさはない。そんなクロウは俺とさしで飲みだしてから既に三升、それ以前にも飲んでいるはずだから本物の蟒蛇うわばみだ。
 俺も人のことは言えないが、俺はズルをしているから。
 俺の場合は口に入れる前に酒精だけ抽出して蒸発させているので飲んでいるのは酒ではなく酒風味の米水だ。これが意外と甘みがあり美味しいのだ。そうだ、今度果実水を創ろう!


「ぐっ、……わか……さ・まは……ばけ……も……ので・ご・ざ・る……」


 クロウは俺を化け物呼ばわりしてそのまま後ろにぶっ倒れた。失礼な奴だ。


「ははは、クロウもだらしがない。酒の飲み比べで負けるつもりはない! いつでも相手になってやるわ!」


 腹は米水でタップンタップンなんだけど、コウちゃんたちが奥に下がってからは固形物をほとんど口に入れていないので腹が減ったな……うむ、キシンの前に昨夜のアユが残っているな、食ってもいいよな。


 ……俺見られている!


 既に夜が明け宴会の後片付けをしようと侍女たちが広間に入ってきていたようだ。でもって俺がクロウとの飲み比べに勝ってクロウが潰れたのを見た侍女たちはかなり引いた表情をしていた。ちょっとやり過ぎただろうか? まぁ、これにこりて俺に酒を勧める者が減ればいいだろう。


「すまぬが白湯を持ってきてもらえるか?」
「は、はい。只今!」


 俺はキシンの前にあったアユの皿を取り自分の席に持っていく。そして既に冷たくなった玄米に近いやや黄みかかった白米のご飯をおひつから茶碗に盛り白湯を待つ間にアユの身をほぐした。
 暫くして侍女の1人が白湯を持ってきてくれたのでご飯にかけその中にアユの身を放り込んで、さらに味噌を少し加え即席の茶漬けを作って口の中に搔き込んだ。美味いじゃないか!
 腹ごしらえも終わったので小便して寝るべ。


「正午までに起きなければ起こしてくれ。昼は母上たちと共に食事を頼む」


 俺は侍女にそう言い残し厠に向かった。
 俺の後姿を見送った侍女たちの視線が痛いぜ。


 

「戦国生産無双伝!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く