戦国生産無双伝!

なんじゃもんじゃ

009_褒美

 


 前線から報告が届いた。
 キシンは初戦に大勝し勢いそのままにオンダ家の昭島城あきしまじょうを落とす事に成功した。その後、護岸城ごがんじょうと石山城を次々に落城せしめ、現在は豊新城ほうしんじょうを包囲していると報告書には書かれてあった。
 兵の損耗もそれほどなく、そう時間は掛からず落城するだろうともあった。


 俺のことについては、オノの庄の水害に対し救助物資を送り民を救ったことを褒めていた。
 そのオノの庄だが、援助物資を見たとたんにワーっと沸き上がった民だったが、中身が麦と大豆だと分かるとあからさまに落胆した。その後、俺が大豆から味噌と醤油を創り出し、小麦や大麦を粉にして麦からはウドンやパンを創って配ったら、見慣れない食べ物に警戒していた民たちだったが、ひと口食べたら美味しいと泣いて喜んで食べていた。
 何故か分からないけど味噌や醤油、それにパンの発酵は問題なくできてしまう。本来なら発酵には麹菌のような微生物が必要なはずだけど、俺は麹菌を持っていないし、【創造生産師】のスキルでは植物や生物を生み出すことはできない。なのに麹菌の代用ができてしまうのだ。これって俺のMPが麹菌の代用をしていのだろうか?
 因みにこれらの発酵については、9歳の時にはできることが判明していたので行き当たりばったりではない。俺の名誉のために言っておくが俺は勝算のない勝負はしない主義なのだ。


 それと流された家については、家の基礎として俺のスキルで土を硬く固めた上に近くの森林の木から木材を創って家を建てた。基礎の時もそうだったが森林で木から直接角材を創り出す俺のスキルを見た現地の者は顎が外れるほど口をアングリと開け驚いていた。
 角材は10歳程度の子供であれば二人で運べるサイズだし、大人なら1人でも運べるから原木を運搬するよりはるかに運搬しやすいので被災者の殆どを動員して運搬はスムーズに終わった。
 それから角材にした時に余った半端な木の破片を使って布団サイズの紙を創り、それを数枚重ね合わせれば布団の代わりになると言って使わせた。新聞紙やダンボウルってくるまって寝ると結構温かいのだ。木って便利だよね。
 そんなことをしていたら、神様が俺を使わせたなどと民たちが言い出し始めた。確かに俺はオバサン神様にこの世界に連れてこられたが決して神様の使いなどではない!


 最近思ったけど、麹菌の代用ができるのであれば、酒も創れるはずだ。だから実際に試してみたら何と麦からは麦焼酎ができてしまった。後は大豆で納豆もできた。
 今まで味噌と醤油は俺が工房内で1人で食事をする時にこっそり食べていたが、今回の件で1000人もの人が味噌や醤油の味を知ってしまったので広めることにした。
 俺は、俺自身や家族の命にかかわらなければこの世界の文化レベルを引き上げる気はない。やろうと思えばいくらでもできるだろうが、食事だろうが戦争だろうがレベルを上げてしまうと色々と不都合が出てしまうのではないかと危惧しての判断だ。


 そんなわけで不味い食事ともオサラバさ! 正直言うと食事の味付けにはかなり不満があった。食材の味を楽しむって言えば聞こえはいいが、味噌も醤油もないので味付けは塩のみっていうシンプルさ。前世でハンバーグやカレーと言った食事を普通に食してきた俺にはとても不満のある味付けなのだ。
 早速量産をして販売しよう。


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 ロイド歴3881年2月。


 キシンが戻ってきた。豊新城を落としてから帰ってきた。
 帰着後は家臣たちに褒美を与えなければならないので、論功行賞について頭を悩ませているキシンはかなり忙しい。だからコウちゃんが帰って来たのに顔をほとんど見せないと、ご立腹だったのでそれとなくキシンに伝えてやった。


「父上が働きすぎだと母上がご心配されております。母上を安心させる為にも、何より父上のお体の為にも少しは奥でお休みください」
「ワシはそんなやわな鍛え方をしていないぞ。されど忙しさにかまけてコウにも会っておらぬな、今夜は奥で休むとしよう」


 俺はウンと頷き、キシンに笑顔を向ける。夫婦の不仲を見るのは息子として気分のいいものではないからな。そうなる前に繋ぎ止めるのは子供の役目でもあるだろう、子はかすがいとは、よく言ったものだ。


「そうじゃ、オノの庄のこと、ソウシンの働きも天晴! 褒美を与えよう、何か希望はあるか?」


 いきなり褒美は何がよいって聞かれても考えていなかったしな。


「明日の昼に食事を一緒に摂ることにする。それまでに決めておくように」


 明日の昼か、キザエモンたちと相談して決めるか。
 しかし自室に戻ってキザエモンたちにそのことを話して意見を求めると、俺の好きなようにすればいいと俺を突き放した。
 まったくご主人様が悩んでいるんだ、少しは助言しろよ。
 さて、どうしたものか……そう言えばまだソウコが俺と話してくれないんだよな。もう三カ月も前なのにいい加減機嫌を直してもいいだろうに。はぁ。


 今回、キシンが落とした城は4城だ。論功行賞の結果、2城をアズマ家の直轄、2城を家臣に与えることにして、その他の功がある家臣には金や物を与えた。
 城については昭島城あきしまじょう豊新城ほうしんじょうはアズマ家の直轄として城代を置き、護岸城ごがんじょうには家老のコウダイ・アカサカ、石山城は家老衆のゼンダユウ・クサカに与えた。


 増えた4城の内で最も重要な城は豊新城だ。この豊新城はオンダ家の喉元に突き付けられた剣のようなものでオンダ家としては厄介極まる城なのだ。
 しかも城自体は小高い山の上に建てられているが、城下には平野が広がっており穀物の生産量が多いだけではなく、城下町が比較的発展しているので税収が馬鹿にならない。
 お陰でこの四城の領地を合わせたアズマ家の石高は5万石から一気に倍近い9万石になっている。キシンはそのことを誇らしげに語っていた。まぁ、戦争で荒れてしまった田畑もあればオノの庄が水没してしまったので実際には9万石もないけどね。


「して、褒美は何がよいか、決めたのか?」


 翌日の昼食を一緒に摂っているとキシンが不意に語りかけてきた。


「はい、決まりました」


 キシンは「何が欲しい、早く言え」と視線で催促してくる。
 最近の俺の中で不満があったことをいくつか書き出しその中から解決が難しい順に番号を振った。そして気づいたんだ、俺って意外と欲張りだなと。だから俺の目的を果たす為にも必要な物を褒美でもることにした。


「オノの庄を私にください!」
「……オノの庄を……か?」


 この世界に転生する時にあの白い空間でオバサン神様から職業をもらった。その時にこの世界で何がしたいか、と自問自答したのを覚えている。
 あの空間では争い事から遠くに身を置き、命の危険が少ない、そんな職業を探したのを覚えている。だからではないが職業は生産職にした。決して隠し職業だから【創造生産師】を選んだわけではない。
 だけど、せっかくの転生なのだから、俺は俺の野望を叶えようと考えた。だとしたら俺が欲しいのは領地だ。
 誰に気兼ねすることなく、自分の野望を叶えるための地盤がほしい。


 アズマ家の家督など要らない。フジオウに譲る気はないがドウジマルがいるので、ドウジマルなら構わない。俺の力を必要としないならアズマ家はドウジマルが継げばいい。
 しかし、俺の生産力や財力を必要とするのなら、俺が天下をとるための足掛かりをアズマ家になってもらう。アズマ家のためではなく、俺のためのアズマ家になってもらうのだ。
 だからアズマ家が俺を不要とした時は、俺自信の力でアズマ家と関係のないところから成り上がろうと思っている。
 そのための地盤がほしいのだ。褒美でもらう土地なら俺のものだ。キシンが返せと言っても返さない。俺の地盤なのだから。


「良いだろう、オノの庄をソウシンに与えよう。開墾が進めばその土地の領有も認めよう」
「宜しいのですか?」


 俺が望んでおいて何だが、土地を与えるということはかなりの重大事だ。先の戦で戦功を挙げたのに領地を与えられなかった者から不満が出る可能性もある。
 金品を与え戦功に報いているとは言え、そういう感情は次から次に現れるものだ。


「水没して今年の収穫も危ぶまれる土地を与えたとて不満が出るとは思えぬな。もし不満が出ればその者に不毛な土地を与えればよろしかろう。ははは」


 大叔父のブゲンもキシンと共に大笑いをしているが、そんな嫌がらせをしたらそれこそ謀反が起きるぞ。


 

「戦国生産無双伝!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く