戦国生産無双伝!

なんじゃもんじゃ

005_ソウコ

 


 ロイド歴3878年8月。


 8歳になったキミョウマル君だよ。
 俺にまた弟と妹ができたぞ。キシンもまだまだ若いな。俺を含めて3男6女だそうだ。
 因みに3番目の男の子はコウちゃんの子供だから同腹の弟になる。なんだかんだ言ってもコウちゃんだってまだ26歳だしイケイケだよね。
 だからか最近のコウちゃんは弟の方にかかりっきりだ。俺が前世の記憶持ちじゃなければ拗ねるところだぞ。


 夏真っ盛りのミズホはトテモ暑いぞ。こんな時は海にでも行きたいと思うのは俺だけかな? 多分、俺だけだよね。こんな考えは前世の知識がある俺じゃなきゃしないよね? あ、ミズホは山間部もあるから山間部へ行って避暑でもいいよね。川遊びでもいいな。


 最近懐が潤っているキミョウマル君です。
 最新のトレンドはミズホ和紙の作成です。これは山間部を領有するアズマ家にとっては資源が豊富な生産物なんですね。
 山に行けば木が沢山生えているわけで、しかも俺には木の大きさや種類なんて殆ど関係なく和紙を創れる。
 まぁ、中にはミズホ和紙の原料には向かない木もあるけど、それはそれほど多くないんだ。
 あと木からは少量だけど油が抽出できるものもあるし、他にも色々作れるんだ。だから山は俺にとっては宝の山なのよ。
 でもキミョウマル君は山に行けないのです。一応はアズマ家の嫡男なんで外出はできるけど、それなりに制限されています!
 だから俺は工房で寂しく無煙火薬の生産をしています。
 今、ミズホ和紙じゃないんか~、と突っ込んだ貴方、それは売り物の話です。無煙火薬のような軍事物資を簡単に売りさばくわけにはいかないのですよ!
 刀や鎧なんか比じゃない位に危険な無煙火薬を世に出すタイミングはもう少しあとですね。俺が成人して独り立ちするまでは死蔵在庫になると思います。
 ただ、攻め込まれて命の危機に瀕することがあるかもしれないので、準備だけはしておこうと考えているわけですよ。
 火薬なんで長期保存していたら湿気って使い物にならない、なんてことにならないようにしっかりと管理します。


 あ、色々有って俺の作業小屋は今では工房になっています。
 俺が色々生産して売っていることで納税者としては恐らくアズマ家の領内でも有数の高額納税者になっていると思う。
 その為かキシン君は俺に立派な工房を館の裏に造ってくれた。キシン君の思惑としては俺にもっと働いて納税しろと言っているのだと思う。
 まぁ、ミズホ和紙を毎月2万枚生産しているのでここ最近は値が落ち着いているとは言えそれでも50カンの収入がある。ここから材料費を引いた粗利の50%をアズマ家に収めているので、アズマ家と俺の取り分は約18カンづつとなっている。
 因みに普通の商人は50%も納税していないよ。


 カンというのは通貨の単位で、通貨の最低単位はゼムとなっている。換金比率で言うと10万ゼム(1万銅貨)が10エナ(10銀貨)が1カン(1金貨)となっている。
 尚、綺麗な銅貨は10ゼムだが悪銭(瑕疵がある物)は1ゼムとして扱われている。
 つまり毎月180万ゼムが俺の懐に入ってきている。
 ミズホ和紙だけ・・で、年収2160万ゼム(216カン)になる。ちょっとした小金持ちだ。


 このミズホの国では、米1合(白米で約1食分)の末端価格が250ゼム(平均価格)なので約80人の人を1日3食食わしていけるだけの価値なんだ。このミズホでは食事は3食なんだ。2食ではなかった。
 計算の元になる米1合の末端価格をアズマ家が商人に卸す価格にすれば価値が変わってしまうが、それでもある程度の価値は分かると思う。それと領民の大半を占める農民などは水気の多い粥を主食にしているのでこの考え方でも価値は変わる。


 このワ国の通貨はゼム、エナ、カンだが、お金以外の単位は日本とよく似ている。
 歴は多少違うけど1年が360日で、1カ月は30日で12カ月。時間は地球と同じで1日は24時間だし度量衡も概ね日本と同じなので多少の差異はあるもののあまり困惑するほど難しいわけでもない。


 視線を感じる……。
 最近、俺の工房の窓から俺に気づかれないように覗いている者がいるんだ。俺に気づかれていないと思っているようだけど、窓から陽が差し込むと影がしっかりと床に映っているので結構前から俺は気づいていた。
 8歳の俺に気づかれるような間の抜けた者の正体も分かっているが、俺はどのタイミングで声を掛ければいいのか分からないんだ。
 だから特別何かが無いのであれば向こうから声をかけてくるのを待つことにした。


 俺の工房には色々な道具の試作品がそこかしこに転がっている。その殆どが失敗作なんだけど、成功を夢見て創作活動にいそしんだ夢の痕だ。
 今度は何を創ろうかと考えるのが一番楽しい時間でもある。但し創る物が決まるとあとは我慢の時間になるんだ。
 工程としては方向性(創る物)を決める。基本設計を描く。材料集め。基本設計を基に試作。試作品を基に基本設計の修正加筆を繰り返す(この工程に殆どの時間を費やす)。創作物完成。値決め。商人に売り込む(商談)。量産化。
 前世で物作りをしていたわけじゃないので生産について、どの様な工程があるのか分からないけど、俺的にはこんな感じだ。
 値決め以降の工程は売る場合しか必要ないので、自分自身で使ったり親しい人にあげる場合はこれらの工程は不要だ。


 そして今現在、俺は無煙火薬を創っている。入り口やあちらこちらに『火気厳禁!』と看板を立てている。静電気もヤバいので工房内への出入りは俺の許可制で静電気対策をしっかり教え込んでいる。
 まぁ、今は夏なので静電気なんて意識して作ろうとしないと発生しないけどね。


 俺が創っているのは前世で『シングルベース火薬』と言われている物だ。無煙火薬と言っても何種類もあるけど、俺が組成を知っているのはこの『シングルベース火薬』しかないのでこれしか創っていない。前世では中二病を発症した時期もあったなぁ~(遠い目)。


 この『シングルベース火薬』は主に四種類の材料を使う。基剤となるニトロセルロースにその他の緩燃剤、焼食抑制剤、安定剤だ。
 四種類の材料の元素はどれも酸素(O)、窒素(N)、水素(H)、炭素(C)の組み合わせなんだよね。どの元素も俺の周りに大量にあるのは理科の知識が少しあれば分かるだろう。
 空気中には窒素が約8割、酸素が約2割あるし、水の組成はH2Oなので水素も手軽に手に入る。炭素だっていくらでも手に入るんだ。
 だから無煙火薬を創り過ぎて空気中の酸素を使いすぎて酸欠にならないようにだけ気をつけている。多分大丈夫だと思うけど、酸素の使い過ぎて酸欠で死んでいたなんて嫌なので念の為ね。


 取り敢えずこの無煙火薬を密閉できる木箱が満タンになるまで創った。
 そしていつでも武器として使えるように火薬玉を創って、厳重に管理をしている。
 この火薬玉は打ち上げ花火のような丸い球で、中に火薬が入っていて、導火線がつけてある。
 敵が攻めてきたら火薬玉を投げてやれば、かなりの被害を与えることができるはずだ。
 本当はプラスチック爆薬を創ろうかと思ったのだけど、思いとどまり自重した俺は無煙火薬の生産に抑えている。これを自重したと言うのかは分かりません! 俺自身言い切る自信はない!


 無煙火薬と火薬玉を創り終えて収納した木箱をしっかりと密閉した後は槍用の穂先を創る。これは誰かに渡すものではなく俺の為の物だ。
 俺は毎朝木刀を振っているがそれを槍にしようと思ってね。なんで心変わりしたのかと聞かれれば、答えは至極簡単で、仮に俺が戦場に出たら刀で斬り合うのはできそうにないと木刀を振っている時にふと思ったんだ。
 その後、よくよく考えたら刀よりリーチのある槍の方が良いのかな~と思たわけだ。ただそれだけで他意は無い。穂先は潰して誰かに当たっても怪我をしづらいようにする。訓練用の穂先なので重さがあれば良いのだ。
 ふと水が飲みたくて桶から水を汲もうと思ったが桶の中に水が入っていなかった。無煙火薬創りで使い切ってしまったようだ。


「誰かある、水を持て」


 工房の警備に何名かの兵士がつけられているし、俺づきの侍女も入り口の外で待機しているはずなので生意気なようだが命令口調で水を頼む。これでも俺、名門アズマ家の長男だし、これぐらいは普通だ。
 暫くして入り口の戸がスーッと開き誰かが入って来て俺の傍に水を置いた。俺は水が来るまで待てずに次の作業を始めたので背中を見せた体勢になっている。こんな所で襲われることも無いので気を緩めていたのだ。


「アコ、済まぬな」


 俺はそう言って作業を続ける。


「私はアコでは御座いませぬ。ソウコで御座います!」
「へ?」


 数秒間呆けた後、ユックリと後ろを振り返るとそこには幼い顔に笑顔を張り付けたソウコがちょこんと座っていた。
 さて、問題です。何故ソウコがここにいるのでしょ~ぅ~か!?


「私はソウコです!」
「え、あ、うん。ソウコだ」


 言われなくても分かっている。少ないながらも何度か顔を合わせているからね。ソウコは俺より3歳年下なので今年で5歳になっている。
 そんなことではなく何でソウコが俺の工房の中にいるのか、それが問題だ。
 ソウコの母親はキシンの側室でコウちゃんとはあまりと言うか普通に不仲だ。だからソウコと俺はあまり顔を合わすことがないのだ。
 最近は工房の窓から俺の作業を眺めていたようだが、入ってくるようなことはなかった。なのに何故今ごろ俺の前に、俺の工房の中にいるのだろうか?


「綺麗ですね!」
「ん?」
「お兄様の手から光がパーッとしてピカッとして」


 ああ、【道具生産】のエフェクトのことだね。それが見たくていつも窓から覗いていたのか?


「とても綺麗なので傍で見ていても良いですか?」
「……」
「ダメでしょうか?」
「いいけど、ここに在る物に触ってはダメだよ。それからあまり動き回らないようにね」
「はい!」


 ソウコは大層嬉しそうに返事をしてきた。
 ……てか、ソウコに入室を許した覚えはないぞ! ここには無煙火薬があるから入室を制限していたのに、なんでソウコを入れちゃってるわけ? 後から警備の兵と侍女のアコを叱っておかなければ。
 しかし【道具生産】のエフェクトに興味を引かれたとは言え、ソウコが俺の工房に入ってくるとは思ってもいなかった。
 コウちゃんが名門の家の出身なので地元の豪族の娘を下に見ている感じなんだよね。いわゆるところの気位が高いってやつだね。
 だから俺たち兄妹は母親の仲が良くない。時々ある祝いごとなんかのイベントで顔を合わせるだけで言葉を交わしたことも殆どない。そんなソウコが何で水を持って工房に入ってくるんだ?
 ……そうか、もしかしてソウコも寂しいのかも知れないな。ソウコにも妹が生まれているので俺同様母親が下の子にかかりっきりになっているのかも知れない。
 ふとソウコの顔を見る。嬉しそうに俺が創ったガラクタを見てキョロキョロしている。……そうだな、俺長男だし、弟や妹の面倒を見なきゃな。


「ソウコは折り鶴を知っているかい?」
「おりづる?」


 首を傾げる仕草が可愛い。まだ5歳の可愛い盛りだし守ってやりたいと庇護欲が湧いてくる。
 俺は机の引き出しから薄い黄色の正方形の紙を取り出して、ソウコの前に座ると紙を折り出す。ソウコは俺のそんな仕草を目をキラキラさせて見つめている。
 しばらくして折り鶴が完成すると、ソウコの目が大きく開かれた。


「これが折り鶴だ。この紙をあげるからソウコも折ってみるといいぞ」
「はい!」


 俺は折り方が分からないソウコに手ほどきしながら一緒に折り鶴を折る。ソウコも分からないながらも一生懸命折り鶴を折り、やや不細工ながら折り鶴を完成させた。


「む~、兄様あにさまのように折れませぬ」
「紙は沢山あるんだ、好きなだけ使っていいし、何度も折ればその内綺麗にできるようになるさ」


 俺は頭を撫でながらソウコをなだめる。


「はい!」


 ソウコは1回手ほどきしただけなのにもう折り方を覚えてしまったようで、何羽も折り鶴を折っていく。俺はしばらくその光景を眺めていたがソウコが余りにも集中して折り鶴を折っているので邪魔してはと思い自分の作業に戻った。


 

「戦国生産無双伝!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く