話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺以外終わった世界

たけくら

サイクル

 男が一人、本を読んでいる。
 何度も読み返されているようで装調が半ば崩れかけているそれは、人の心理について書かれた本だった。

 頁を捲る傍ら、男は卓上に展開した電算装置コンピュータのモニターに向かってキーをはじき、文字を書き出した。
 綴られた文字は条件分岐と情報処理を行う幾つかの項を形作り、やがて収束して式となる。
 部屋に打鍵と紙を捲る音が続くなか、戸を叩く控えめな音が来客をしらせた。

「......入れ」

 失礼いたします、と戸の向こうから断りが入った後、侍従の格好をした女性がお茶の用意がされたキッチンカートを押して入室してきた。

「お茶を淹れて参りました。あまり根を詰めるのはお身体に障りますよ?」

 そう言いながら、彼女はケトルの中身をカップに注ぎ入れた。

「どうぞ。お熱いですので、火傷をしないようお気を付けて」

「......」

 男の手元にカップが置かれる。
 立ち昇る湯気を鼻腔に通すと、男はぴたりと動きを止めた。

「お前......」

「......? どうかなさいましたか?」

 男はカップと女性を交互に見やると、暫しの沈黙の後、言葉を続けた。

「いや、なんでもない。......ありがとう。集中したいから暫く下がっていてくれ」

「かしこまりました。お茶は下げた方がよろしいですか?」

「ああ、そうしてくれ」

「わかりました。では、ごゆっくり」

 女性は失礼いたしました、と一礼してこの場を去って行った。
 こつりこつりと廊下を渡る足音が聞こえなくなる頃、男は再度ため息をついた。

「あいつも、とうとう駄目になったか」

 手元に残されたカップには、透明なお湯と何か分からない細かな沈殿が注がれている。

「言葉に違和感はなかった......ならば、いや......」

 男は何事か呟くと、モニターに地図を映し出した。
 地図には工場や店舗の位置が強調されており、稼働率や在庫といったパラメーターが付随している。

「あるとすればそこと......おい、出掛ける用意とさっきのやつのメンテ、準備しといてくれ」

「了解いたしました」

 男が虚空に話しかけると音声ガイダンスが起動し、目の前に立体映像ホロディスプレイが出現した。

「こちらの操作で間違いありませんか?」

「あー、ここはこれで......ちょうどいいや、あれもついでにやってしまえ」

 男がディスプレイに触れて、示されたタスクを修正していく。

「よし、これで準備してくれ」

「了解、作業に入ります」

 作業を終えて用のなくなったディスプレイが消える。
 一仕事終え、男は大きな欠伸をした。

「今日はもういいや。寝よう」

 男が机から離れて伸びをすると、背骨から軽い音が鳴った。
 私は男の進路に先回りして、部屋の扉を開ける。

「......サンキュ」

 了解を表す緑のLEDを点灯させる。
 男が私の横を通りすぎて退室する。
 私は主のいなくなった部屋の明かりを消して、男の数歩後ろをついて回る。
 暫くして寝室が近づいてきた。
 先程男が「寝よう」と発言していたのを記録している。
 部屋を出るときと同様に、先回りして扉を開けた。

「......サンキュ」

 緑のLEDを点灯させ、男に続いて寝室へ入る。
 男が寝台に横たわるのを確認して、私は部屋の隅の所定の位置へと移動する。
 給電プラグを接続し、対人センサーのみを起動。男が起き上がるまで待機状態に入る。
 待機がてら自己診断プログラムを起動しておき、私は主の目覚めを待つのだった。

「俺以外終わった世界」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く