天使の力を授かった僕は、勇者よりも強いんですが…

かふ

1話 いざ町へ

力を手に入れた僕(ラルト)は冒険へ旅立った




いろんな人が自分の店を開いたり
食べたり飲んだりしている



「ここが町かー賑やかだな」
しばらく歩くと町の集会場へ着いた

「いらっしゃいませ〜
良くぞお越しくださいました
早速ギルド登録させていただきますのでこの宝石に手を置いて下さい」
慣れた口調で喋りかけてきた、
きっと店員さんだろう

「はい」
手を宝石の上に置く

「ありがとうございます!
登録完了です。ステータスのほうは
……!こ、こちらになります」
一瞬驚いた顔を見せた


ステータス

名前ラルト

聖 エンジェル

攻 5〜5000

防 4〜3000

魔 6〜8000

速 0〜???

特殊効果
天使の気まぐれ


「なんでこんなあやふやなんでしょうか?」
疑問に思った

「あの天使の力を持つ方は滅多にいないものでして…この力は使いこなせば勇者と同じくらい強い力です…」

「…!」
え?勇者と同格なの?あの、伝説の
勇者と…マジか…そんな事を思い
ながら店を出た


「次はどこに行こうかな〜
あ、ここはいいかもしれない」
足は図書館で止まっていた

中へ入った、そこには様々な書物が棚の中にあった その棚の中のうちのある一冊が気になった

「天使と七匹の竜…」
ページを一枚一枚めくってじっくりと中身を読む




天使と七匹の竜

「昔、7匹の竜が7つの大陸を治めていました。しかし厄災魔ゼノンと言う闇の覇者が現れました。最初、竜たちは見向きもしませんでしたが段々勢力を上げているのに気付き手を打ちました
…が間に合わず1つの大陸が厄災魔ゼノンによって竜ごと乗っ取られてしまいました…それほどゼノンの勢力は強まっていたのです…他の竜たちも太刀打ちしましたが結局、七匹中四匹が乗っ取られてしまいました
その後どうなったかと言うと…
天の上にいた無数の有力な天使たちがその四匹の竜を封印しました
そして最後にゼノンを封印したのが
大天使キラエル…しかしキラエルは悟りました、「いつか封印は消え厄災魔ゼノンは再び暴れだすだろう…より強大な力も持って」そしてキラエルは力を譲渡するため百年間さまよいました…彼女の行方はもうわかりません…」
ここでページが終わっていた

「天使の力を授かった僕は、勇者よりも強いんですが…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く