世界を憎んだ英雄は復讐を誓う。

タカキヨ

エピローグ 1


      降神祭そう言われるお祭りがある。このお祭りは神様がこの世界に降り立ったとされる日を祝う日である。この日の為に王国中の人達が1週間の準備期間をえて当日の降神祭を祝うそんな降神祭だがある不思議なことが数十年、百数年の周期で起こる。その不思議な事とは、その降神祭の当日に産まれた子供の内1人だけにはある特別な力が備わる、とゆうその力を人々は天啓てんけいと言うこの天啓を授かって産まれた子供は勇者や賢者、剣聖はたまた英雄などと言われるものが多く神様の使いなどと言われ神格化されることもある。
そして今年、この王国のどこかである男の子が天啓を授かって産まれた事はまだ誰も知らない。

 
 僕は時々現実味のある夢を見るそれは、綺麗なドレスを着飾っているどこか暖かく安心するような匂いの女性に抱かれ白く綺麗で大きな部屋の中からどこか暗くてジメジメしたような狭い場所を10数人で走っていて後ろからはその倍の数の人達が剣を握り締めながら追いかけてきている夢だ。
 今日もそんな夢を見た…

 僕の名前はアルテュール。
苗字は無い何故なら僕の家族は市民だから、貴族や王族と呼ばれる地位の高い人達は王様や神様から苗字を貰う。
今朝も酷く嫌なような夢を見たこの変な夢を見るようになったのは18の誕生日からだこの国の男性の成人年齢は18歳、女性の成人年齢は17歳だ。まぁそんな変な夢を気にしていたら...

ドンドンドンドンドン

「おーい起きなさい。朝よおきて!」
「母さーん起きてるからドア叩かなくても大丈夫だよ。」
「起きてるなら早く用意して!朝ご飯冷めちゃうわよ。」
「はいよ。少ししたら行くから待ってて!」

 皆は理不尽な境遇にあった事があるだろうか。
例えばやってもいないことをやったと言われた時怒っている人のとばっちりを受けた時などがあるだろう。
 赤ちゃんは産まれる時親を選ぶ事は出来ない。
 才能の有無は自分では決めれない。
 この世界には自分では決められないものがある。
だが、ある人は運命とは既に決められていると言う。
なら誰がその運命を決めているのだろうか?誰が自分では決められないことを決めているのだろか?
 よくある異世界物語などで神様はよく主人公や英雄、勇者などに味方する事がある。だが、もしその神様自身が人の運命や自分では決められない事を選んでいるのだとしたら...





 ――ある世界のお話をしよう...その世界には王族や貴族という者もいれば奴隷などもいる。だがそんな世界にも共通意識と言うものが存在する。その共通意識とは神様を第1と考える。国を治める王が1番偉いのではなくその上に神様がいるという考え方だ。いつからこの共通意識があるかは誰にも分からない。だがその世界には魔法とゆう物がある。この魔法があるせいでそういう共通意識があるのかもしれない。これはそんな世界にあるブリテット王国に産まれた男の子のお話――





      降神祭そう言われるお祭りがある。このお祭りは神様がこの世界に降り立ったとされる日を祝う日である。この日の為に王国中の人達が1週間の準備期間をえて当日の降神祭を祝うそんな降神祭だがある不思議なことが数十年、百数年の周期で起こる。その不思議な事とは、その降神祭の当日に産まれた子供の内1人だけにはある特別な力が備わる、とゆうその力を人々は天啓てんけいと言うこの天啓を授かって産まれた子供は勇者や賢者、剣聖はたまた英雄などと言われるものが多く神様の使いなどと言われ神格化されることもある。
そして今年、この王国のどこかである男の子が天啓を授かって産まれた事はまだ誰も知らない。

 
 僕は時々現実味のある夢を見るそれは、綺麗なドレスを着飾っているどこか暖かく安心するような匂いの女性に抱かれ白く綺麗で大きな部屋の中からどこか暗くてジメジメしたような狭い場所を10数人で走っていて後ろからはその倍の数の人達が剣を握り締めながら追いかけてきている夢だ。
 今日もそんな夢を見た…

 僕の名前はアルテュール。
苗字は無い何故なら僕の家族は市民だから、貴族や王族と呼ばれる地位の高い人達は王様や神様から苗字を貰う。
今朝も酷く嫌なような夢を見たこの変な夢を見るようになったのは18の誕生日からだこの国の男性の成人年齢は18歳、女性の成人年齢は17歳だ。まぁそんな変な夢を気にしていたら...

ドンドンドンドンドン

「おーい起きなさい。朝よおきて!」
「母さーん起きてるからドア叩かなくても大丈夫だよ。」
「起きてるなら早く用意して!朝ご飯冷めちゃうわよ。」
「はいよ。少ししたら行くから待ってて!」

ドタドタドタ。

「あ、父さんおはよう。」
「あぁ。おはよう。今日は協会に天職を貰う日なんだからもう少し早く起きないと用意に間に合わないぞ。」
「そうよ、成人の儀パルテノンの儀に遅れて天職貰えなかったらどうするのよ。」

 パルテノンの儀とは男性や女性が成人年齢に達した年の1月の週初めにある儀式でこの儀式によって自分の適性のある職業や魔法属性が分かるこの儀式に出ないと自分の適性が分からないだけではなくその適性を十分に生かせなくなる。この日を遅刻などしよう物なら神様からどんな酷い職業の適性を授かるか分かったものじゃない。

 朝食を掻き込むように食べ家を出る。

「それじゃあ行ってくるよ!」
「あぁ。いい職業と魔法属性を授かるといい。」
「そうよ。お父さん見たいに兵士になれるかもしれないわよ!」
「分かってるよ!父さん見たいになれなくてもきっといい職業に着くよ!期待して待ってて。」

そう言いながら行き良いよく家を飛び出し街の中心にある協会に向かった。






















「世界を憎んだ英雄は復讐を誓う。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く