魔導技巧士の生産活動

ttmon

探険再開して完了

ん?、あぁ、気付かなかったガルド達とネコ美さんからメールが来てる。
なになに、ネコ美さんの内容は、謝罪とクエストの継続のお願いか、あとは、さっきの責任者はクビで処罰を受ける形になって、ネコ美さんが責任者になったのか。
でも、もうやる気もないし、返事は断る内容でいいか、行きの時も迷惑かけられたし。

ガルド達は、 何があったのか聞いたのか心配してくれてるようだし大丈夫だと送っておこう。
まだ、ガルドのメールには続きがあるな。
モンスターが強くて遺跡の奥に誰も進めないか
出てこないようにするのがやっとで、出来れば手伝って欲しいか、ガルド達パーティーが依頼として出すって、色々と気を使わしちゃってるな。
えっと、他の人には秘密でお願いします。
今、遺跡に潜ってるから手伝えないと、返信。
これでいいかな。

おっ、ガルドから返信が来た早いな。
分かった。攻略は俺達には出来ないから個人的に頼む。いらないものは買い取るか。
ガルドらしいね。使わないものは確実にあるし、いくつか買い取ってもらうか久し振りに。

あとは、あぁ、デカイ音が鳴ったが大丈夫かか、さっきの攻撃だよね。
自分が起こしたから大丈夫と。
送ったから探険再開しようか。


楽だ、とても楽だ。
再開してから9階層まで来ちゃいました。
強くなったからスカル系統も一撃になり、宝箱などもいくつかあったが危険なトラップはなく簡単に手に入り、敵の攻撃は物理も魔法も状態異常を起こす特殊攻撃も周りを飛んでいる<要塞>が、自動的に防いでくれるため、問題など起きずに9階層までこれて今10階層へ続く階段を見つけたので、降りようと思います。

デカイ扉だ。もしかしてボスかな?
一応装備を確認して回復薬とかも、大丈夫と、行こうか。

近付いたら勝手に開いた。凄い・・・・わぁ、こっちをスカルドラゴン二体とノーライフキングがめっちゃ見てる。
中にまだ、入ってないから攻撃されてないけど、迫力が凄い。
一回深呼吸して・・・・よし、戦いに行こうか。

うおっ、入ってすぐにブレスと魔法の攻撃かよ。<要塞>持ってて良かった。レベルも上がってて良かった。
全く痛くない。
パンドラミミックを倒した武器にしてまずは、視界の邪魔になってるブレスを吐いてるドラゴンさんには退場してもらって、一撃で倒れたな。
あっ、ノーライフキングが慌ててるってか、逃げたした。
さすがに逃がさないよ。まったく、呆気なくボス倒せてなぁ~。

ドロップとお宝が一杯だ。回収急がないと。
・・・遺跡内の雰囲気が落ち着いたのかな。
さっきと変わってる。大丈夫になったかは他の人に任せて回収も終わったし、帰ろうか。
階段から戻らず、奥で見えた魔方陣を見に来て良かった。帰還の魔方陣って書いてある乗ってみよ。
おぉ、外だ。

「おぉ~い」
「ん?」

出て来てすぐに声をかけてきた人がいるようだけど、誰の声だ?

「あんた、ルナさんだろ」

知らないプレイヤーだ。なんで俺の事を知ってるんだ?
逃げた方がいいよな。

「ストップ、逃げないでくれ。あんたのことはガルドさん達に聞いてるんだ。もし見掛けたら遺跡の攻略は出来たのか聞いてほしいって、後、ここから離れられるように力貸して上げてくれって、ガルドさん達に世話になってて今回参加してるプレイヤーに頼んでたんだよ」
「ふぅ~、・・・そうですか。攻略は出来たので治まると思います。後、離れられるようにするとは具体的にどのようにするんですか?」

まだ、信用は出来ないけど話は聞いて置いても問題ないよね。

「今から向かう先に転移結晶が有るですよ。ルナさんが遺跡に潜っている間に見付かったんですよ。一部の冒険者とギルド職員がルナさんを探していることは知れてるで、スタンピートの対応で転移結晶に人がいない今なら登録とホームのある街に行けます」
「なんでそこまで?」

ガルド達との頼みでも親切すぎる。

「ルナさんが昔道具屋に納品して売ってくれていたポーションに世話になったからその礼みたいなもんさ。売らなくなった原因は広く知られている。俺達のせいで今の状況になったんだ。ルナさん、あんたのポーションに助けられたて恩を感じてるプレイヤーはちゃんと他にもいる。このゲームを辞めずに楽しんでもらいたいんだよ。俺達のせいで楽しめなくなるのはダメだ、見えてきたな。あの結晶に触れるといい」
「有難うございます」

こういう人達もいたんだ。また、ポーション売ってもいいかな。

このポイントの登録はして、あっ、直接ホームに行けるんだ。

我が家に久し振りに帰ってこれた。
今日は疲れたしベットに横になってログアウトするか。

「魔導技巧士の生産活動」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く