魔導技巧士の生産活動

ttmon

やっと到着

<猟犬>に圧勝してからは参加者によるいざこざはなく昼過ぎに遺跡に到着し、俺達はネコ美さんの指示に従い遺跡より、少し離れた場所にある拠点へと来ていた。

「これから少しの間は、ここが活動拠点となり、遺跡調査を行ってもらいます。
また、生産職の方には拠点強化とサポートの方もお願いすることがあると思いますのでそのときは御協力お願いします。では、各自の判断で調査の方、お願いしますね」

ネコ美さんの説明が終わったので俺は、ガルド達と別れてテントを出せるスペースを探しに向かう。

「ここでいいかな。ほいっと」

テントの設置が出来たから拠点内を今日は見てまわって明日から調査に入るとして・・・結界も張っておこうか、盗まれそうだし。

さっきのテントを建てる所を見ていた人の視線が嫌なものになったので取られないようにして拠点内の探索に出ます。

元は廃村だった所を拠点としているみたいだな。所々に村の名残になると思う廃れた家や元畑のだった所や井戸があった。
思っていた程面白いものは見当たらないなぁ。
あっ、あの家の中、採取出来そうな植物が自生してる何が採れるか観てみよう。

・強花 品質4
    ダンジョン付近に稀に育つ薬草。
    スタンピートが発生する際に漏れ出る魔力で育つとされ、スタンピートの予兆として災いの象徴に去れている。
     加工すれば一時的に能力上昇薬やスキル強化薬が作成できる。

これ、知らせた方がいいよね・・・・栽培用も採取しよっと、よし採取完了、ネコ美さん達、職員はどこに集まってるんだっけ?
マップを開いて・・・・いた中央にあった大きな建物か急ごう。

「あら、ルナさんどうしましたか?」
「ちょっと、今回の調査に関係しそうな事が分かったのと急いで対応した方がいいと思う報告です」

俺の発言に周囲がざわめくが今は、無視だな。

「ここの責任者を呼んで来ます」
「ネコ美さん、鑑定系の人も呼んでお願いします」
「それは、私が呼んで来ます」
「お願いします」

ふぅ、来るまで飲み物出して飲んでよう。

「お待たせしました」

・・・・ズズズズ、ん?
ネコ美さんだ、その後ろにいる人が責任者かな。

「どうも」
「あんたが報告があるとか言った冒険者か、此方は忙しいんだ。小もない事なら許さねぇぞ」
「なに、言ってるんですか、アガトさんっ」

はぁっ、いい度胸してるよ。
なんでいっつもこういう人達にあたるんだろういいや、ネコ美さん達には悪いけど帰ろう。
クエストもやらなくていいや。

「それは、すみませんね。これ置いていくので失礼します。あと、ネコ美さん、私は、クエストを放棄させて貰います。すみませんが失礼しました」
「まっ────」

ネコ美さんが何か言ってるけどどうでもいいしとっとと行こう。

「人のテント前で何か用事でも」
「あんたが持ち主か、売ってもらえないか」
「売るつもりはありませんよ。それでは」

めんどい、なんかこのまま帰るのも損した感じだし、遺跡行って帰ろう。
アイテムを確認して装備品の手入れもしてよしここにいても面倒なことになるし今から行こうか。

誰も居なくなってるな。テントを小さくして結界を片付けて、出発だ。
他の人に見付からないようして、やっぱり俺を帰らせないように人を置いてる。まぁ、見えてないようだし堂々と出ていこう。

遺跡に着き、入り口から中を見たが暗い、ランプを灯して腰に付けて探索だぁ。

一階層には敵もいないようで二階層へ続く階段を見つけたのでそのまま降りて行けるとこまで行ってみようと思います。
お宝あったらいいな。


潜ってから一時間か二時間程経ったかな、スケルトンやソルジャースケルトン等と戦闘を何回か行い、骨系や古びた武器や防具が手に入り、今も下の階層へ進み5階層です。
隠し部屋や宝箱はありませんでした。
ただ魔物のレベルがとても高いし所々でモンスターハウスのような場所があり、聞いていた状況よりもひどくなってるし、強花もあったことからスタンピートの直前なのかもしれない。
まぁ、関係ないか、色々と素材が手に入る訳だし、隠し部屋とか見付かるといいな。

あっ、また、レベルが上がった遺跡に潜ってからだいたい6レベル程上がったよ。
小部屋だろう扉が通路の右に見えてるしそこで安全を確保したら休憩しよう。

新しい敵だ。
ソルジャースカル、ソーサリースカル、レッドスカルだな。確か、スカルはスケルトンの上位種でスケルトンより硬く魔法耐性もあるモンスターだったよね。油断しないようにソーサリーから攻撃して遠距離を潰そう。

ふう、いち、にの、さんっ!
デザートイーグルの形にアニマルハートロードを変形させてソーサリースカルを一撃で倒し、すぐにポンプアクション式のショットガンに変形させてソルジャースカルとレッドスカルに散弾撃ち込むがレッドスカルがギリギリの体力で生き残り剣を振りかぶって来たので左に避けつつ再び射つ。

今まで一撃で倒せてたのに倒せない敵が出てきたか。
ん?・・・・ははは、レベルが8も上がったんだげど、どれだけ強い敵だよ。

扉を閉めて、宝箱を開けよう・・・たしか、トラップ付きの宝箱とか有るっていってたよね。
一応、【神眼】で鑑定しようか。

・宝箱(トラップ有り)
    トラップ名:石固めの息吹き
     お宝が入っている宝箱。
     防犯のトラップが仕掛けられており、開けたものを石化状態にする。

・パンドラミミック Lv.99
    獲物を即死させる魔法を放ち食らう擬態型の魔物。
    ミミック種の最高位といわれている。
     中央にコアが有り、そこを壊すことで倒すことができる。

うわぁ~確認して良かった
まずは、宝箱から対処しよっと、トラップ解除系統のスキルはないけど、たしか以前に買った
解除キットがあったはず・・・・・あった。

対象を選んで使用して鑑定っと。

・宝箱(トラップ解除済)
    トラップ名:無し
     お宝が入っている宝箱。
     
解けてる良かった。中身は後で確認だね。
次は、パンドラミミックか貫通性能のある銃に変形させて弾も貫通弾を装填して魔力を込めて射てば・・・・零距離にすれば行けるかな?

「魔導技巧士の生産活動」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く