魔導技巧士の生産活動

ttmon

指名依頼と現状

「お断りさせていただきます」

ギルドマスターからの用件とは指名依頼であった。
依頼内容を聴いたが、現状、俺には無理な話であったため、断らせてもらおうと思う。

現状無理だと判断した依頼の内容だが、最近発見された遺跡の調査で他のプレイヤーと協力して行ってくれとのことだ。

正直、裏切り行為とかあるから誰かと一緒になりたいとは思っていない。
何より、選ばれた理由が、雑貨屋に納品していたポーション関連のようだ。
この時点で受けるきすら起きない。

「なぜ、雑貨屋に納品しなくなったのか既に理由を知っていて言ってるなら・・・・冒険者を辞めて今後、関わらないようにさせてもらいます 」

雑貨屋に俺のポーションが売られなくなった理由や素材屋に高品質の物がなくなった理由は既にこの街全体に知れ渡ってあるそんな中でポーション関連で指したとか、馬鹿にされてるとしか思えない。

断ったことに不満を表したギルドマスターにキッパリと言い放ち、様子を伺っているとため息を吐いて喋り出した。

「やめんでくれ、はぁ・・理由は知っとる。
出来れば、こんな理由で選びたくなかったよ。
だが、今回の調査では君のポーションレベルの物がないと危険過ぎるのが現状なのだ。だからすまないが頼む」

うっ、土下座されてしまった。
確かにレシピを売ったヤクミは今回の件で他から避難を浴び、ギルドからも追放されて表に姿を見せなくなり、全体的に質などが低下してしまって俺のポーション位の物が品薄状態なのは知ってるけど、生産者が育つまで待てばいいんじゃないかな。

「他の生産者たちのレベルが上がるのを待てばいいと思います」
「そうしたかったんだが、どうやら遺跡内で何か起きているらしくてな。
早急に調査を行う必要が出て来たから、待つ余裕がない」

何か起きているって何で分かってるんだろうな?聞いてみるか。

「なぜ、わかるんですか?」
「それは、公表は最近だが、発見事態は結構前に見つけていてな。
監視や一部の者には調査をしてもらっていたが公表から6日後辺りから遺跡内の魔物が強くなり始めたようでな。
だから、何か起きていると判断した。
いくつか提案がある、それをふまえてもう一度考えてくれんか?」
「・・・・・はぁ、聞くだけですよ」
 「すまないな。此方からの提案だが、一つ目は一旦、ギルドで購入してそれを販売する形でポーション等を他の冒険者に提供するというものだ。これは今回参加の者全員に提案してることで、これならトラブルを減せると判断した。
二つ目は、現地に同行するギルド職員の指示は出来る限り聞いてもらいたいのだが基本的に受付などで受注した時のパーティーかソロで調査をしてもらってかまわない、冒険者同士や調査メンバーでのトラブルはそれなりの処罰をする予定だ。三つ目、これはルナ君、君だけに提案する今回の話の本題だ。
君の実力はここ最近のクエスト達成報告などである程度は把握している。
トラブルを引き寄せるタイプというこも、だから、君の後ろ楯として冒険者ギルドと商業ギルド、生産ギルドが今後も含め保証しよう。
どうだ?」

う~ん、一つ目と二つ目はなんとなくわかったしいいと思うけど三つ目は、破格すぎて何か裏があるとしか思えないな、これは。

「三つ目は、何も裏はないぞ。
冒険者ギルドとしては、有望株にあたる君を失うのは痛いから保証しようと決まった。
商業ギルドに関しては、雑貨屋が誉めていて、守ってやって来れと頼まれたからだろうな。
雑貨屋の店長は元商業ギルドのマスターで商人たちから尊敬されてる人だからな。
生産ギルドは、ギルドメンバーが起こしたことに対してのお詫びだろう」

雑貨屋のおばちゃんは只者ではない雰囲気はあったが、元ギルドマスターなのか、なんとなく納得だな。
冒険者ギルドは置いとくとして生産ギルドのメンバーってヤクミ達だよな・・・・・ある種のけじめとして受けるか。

「わかりました。受けます」
「無理を言ってすまないな。三日後に南の門前に昼に出発するからそれまでに来てくれ」

用事が終わり部屋を出てロビーまで戻ってきたが、まずは、三日後の遺跡調査に向けた準備だよな。
ホームに帰って足りないものとか見てみるか。

ん?おっ、掘り出し市がやってるな見てみよっと─────

いやぁ、前から欲しいと思ってた素材が色々と手に入ってウハウハだった。
現実の方で用事ができたため、今日はここまでにして明日、準備する予定だ。


用事を急いで片付けたが、結局終わったのは夜遅くになり、そのまま寝ることにして、起きてすぐログインしてみた。

準備に入ろうと思うが、まずは、ステータスの確認を行って整理しようかと昨日寝る寸前で思い付いたので見てみようと思います。

名前:ルナ
性別:女性
Lv.15  → 35
ステータス▽
HP    :110 → 350
MP   :150 → 500
STR  : 10 → 20
VIT   : 10 → 20
INT   : 10 → 20
RES  : 10 → 20
AGI   : 10 →20
DEX  : 2160 → 6220
LUK  : 245 → 775
ボーナスポイント:166 → 3482
スキル▽
    [セット]
【神眼】Lv.MAX【魔導技巧】Lv.MAX 
【採集】Lv.MAX【栽培】Lv.MAX
【創指】Lv.MAX 【天運】Lv.MAX  
【操魔】Lv.1 → 60    new【料理】Lv.30
new【錬金術】Lv.58   new【隠密】Lv.42

所持金  728,075G

ボーナスポイントを振らずに置いていたが、
補正効果のあるDEXとLUKは凄いな、ポイントはとりあえず、二桁の所優先に振るか。
スキルは、予想してた通りの物が取得できてるけどもう30以上になってるよ。

よし、ポイント振って作業にはいろうっと

ステータス▽
HP    : 1200
MP   : 1400
STR  : 300
VIT   : 300
INT   : 300
RES  : 300
AGI   : 300
DEX  : 6500
LUK  : 800
ボーナスポイント:27

これで全てのステータスが三桁になったな。
そういえば、他のプレイヤーのステータスってLv.35の時点ではどんな感じだろうな。

「魔導技巧士の生産活動」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く