話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

美酒

山田 みつき

9 壊れる神経が弾け過ぎた /この男はゾッとする笑みを浮かべた

席を立ち上がると結構解るもんだ。
酔っぱらってる。
酒が血液の中を駆け巡る感覚が解る。

山下「いやぁ、お前と久々に会えて良かったよ!」

綾「んもう、店閉めなんだから最後まで手伝いなさいよ!元黒服!」

山下「え、マジでぇ~面倒臭ぇ~!」

南「マジすか綾チャン!」

僕も便乗する。

山下「俺ら、もうゲロゲローってやつだって!な!南?」

南「ぁあ!ゲロゲロっすよ!」

綾「イイじゃん!アフター奢ってやるからさ。たまには接待しなさい。」

山下「マジっすか!まだアンの?うわ~メンド!」

南「あははは!」

綾「何!人がゴチってやるってんだら大人しくついて来なさいよぉ!」

南「あい(笑)」

山下「何ッ?お前返事してんだよ?そんなん構わないで良いのに。」

南「イイじゃん山下!俺もまだまだ実際呑み足りないからな!」

取り敢えず乗っておくか。
これが僕のいつもの役目だ。

綾「南クン解ってるじゃーん!」

南「ネー!」

綾「ネー!」

山下「おめぇマジ言ってんの?」

山下が僕の顔を疑う。

南「あははは!」

僕は壊れたフリをする。

綾「あ、このグラスあっちに居るボーイに渡して!」

山下「はいはい!解ったよまったく!」

なんとか片づけが終わった様だ。

僕等は小さなジーマを一本づつ渡され廊下に追い出された。

倒れ込む様にして、山下と肩組んでジーマをグイグイ呑んでいた。

そんな僕等には、やっぱり時間が経過するのが早い。

綾「終わったよ!」

南「おーう!おづがでー!」

綾「南クン、かなり出来上がってんね(笑)」

出来上がったフリでもしなきゃ。

南「大丈夫!山下のがヤバイぞ~!おい山下ぁ~!」

山下「グぅ~」

綾「寝てるし!あたしコイツ運んで帰るわ!仕方無いからさ。」

山下「んっ?起きてるよぉ~!」

綾「ホラ酔っぱらい!行くぞ!」

南「綾さんアネさんみたいっすねぇ~!」

•••また山下に取られるんだ。
僕は酔っちゃいけない。

綾「いつもの事でしょうが!コイツ!」

南「まぁな!」

籠「…!愛ちゃん!お疲れ様です。」

南「…あ。」

僕は一瞬で深い海の底から引っ張り上げられてしまった。

籠「こんにちは。籠って言います、宜しくね。」

南「はぁ…。」

綾「ホラ、南君も自己紹介は?」

南「俺は…南って言います…。」

籠「へぇ…南クンかぁ…。可愛いね…。」

この男がにっこりと笑って来たので少しゾッとした。

その瞬間、トンでも無い事を口走る。

籠「愛ちゃんこれからアフター?良かったら僕も入れてよ。家に帰宅しても、どうせ独りぼっちなんだ。」

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く