話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

美酒

山田 みつき

7 脳内踊る /視界が映像?リアル?

山下「おい、そろそろアイツん所に戻んねーと。俺のメンツもあるし。」

南「そうだな!御免。」

山下「そもそも、お前自己紹介くらいしろよな。」

南「そうだよな。わりぃ。」

山下「おい、遅れてスマンな。」

綾「もー二人で居なくなっちゃうし!」

南「遅れてすいません、南ッス。」

綾「ああ、南君って言うの、宜しくねぇ、仲良くしてー。」

山下「さ、グイグイいきますか!」

南「だ~ねぇ~!」

山下「ほら、お前も呑めよ!」

綾「何考えてんの?アタシは仕事中なんだからそんなに呑める訳ないでしょっ!」

南「綾さんもそんな固い事言わずに!」

綾「南君までそんなキャラか!そかぁ、山下のダチだもんねぇ。」

山下「んだよ!そんな言い方ねーべ!」

綾「アハハ少しなら付き合うよ!売上に貢献してくれんならね?(笑)」

僕達は
しっくり呑む筈の
赤ワインをグイグイ呑んだ。

なんとなく、もう既にイカれてるのかもしれない。

酒は旨い。
コイツは僕の心を裏切らない。

だんだん自分の視界がボヤけてきた。

僕は少し酔ってるんだと思う。
その時に気が付いた。

僕は今、音の無い所で、自分だけの世界が在った事に。

それに気が付いてからは辺りの音がうるさく感じた。

雑音だらけの中、僕の視界には山下が綾と楽しそうに映る。

すると、僕のすぐ目の前にある視界の中にある小さな赤いステージの上に、籠さんが寝転んでいた。

すると辺りがワーっと人だかりになって僕はもみくちゃだ。

リアルな音楽の中、彼はふたたび躯をクネらせる。

僕は背が低いから、周りの人と人の間から覗いていた。

すると籠さんが僕に目で合図を送って来たのが解った。

え?何をって?

それは何を言ってる訳じゃないんだけどさ、なんだか手招きしてる様に見えた。

だから僕は周りの人に譲って貰いながら少しずつ前に。

・・・凄い。

嘘かと思う位に、この視界が眩しい位、籠さんは綺麗だった。

艶めかしい色目は、誰かに当てるものでもなく…そう、リアルだ。

僕は目を反らす事なく彼を見る、そう、目の前で。

彼は僕を見ている。

何かを合図してる様にも見えた。

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く