話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

美酒

山田 みつき

5 美しきあなたは… /嫌気が差す程綺麗だ

山下「あー、また南のヤツ、どっか行ったし
。すぐ消えんだよ。」

綾「あの子多分、ウチの店の、ストリッパーを見てるのね。」

山下「あー!なんか知ってるかも!アレで
しょナンカ、オカマみたいな奴が居るんだってね?」

綾「ウン、籠(ロウ)さんって言う人なんだけど…どんな人かって聞かれても説明出来ないからアンタも一度見てみる価値はあるとは思う。まぁ、あたしも解らない訳じゃないんだけど。」

山下「マジかぁ。んじゃー•••見に行って見るわ。」

綾「アハハ!それにしても何でウチの店に来る事にしたの?また適当?」

山下「いや実はさ、お前が前からこの店に居るの知っててさ!そいで(笑)」

綾「うそ言うんじゃないよ調子こいて!もー、山下なんて嫌いだから!」

山下「アハハ!いやその例の奴有名みたいだからさ、おもしろそーだから一度見
てみよーと思ってさ!ごめんて。」

綾「アンタってゲイ?」

山下「は?馬鹿じゃねぇの有り得ないしょ俺に限ってはー!」

綾「でもー。」

山下「ん?」

綾「あの、山下の友達…。」

山下「何だよ?」

綾「ちょっとソッチっぽくない?」

山下「ブッ!あいつはああ見えてもノンケなんですー!残念でした!」

綾「そうなの?だって見てよ!ちょっと違う目で見てる気がしない?」

山下「ん?あいつ•••南は何処だ?」

綾「だからあっちだってば!」

山下「あ。きれー…。」

綾「おい。あたしを見てよ(笑)」

「美酒」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く