話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

美酒

山田 みつき

4 呑まれると言う事 /時が止まるのは僕が寂しいからじゃない

山下「ナンだよ?


綾さんとやら娘が
指を指す方向へ
目をやった。
賑やかなんだか、
珍しいモンを見る
様な人だかりか?

綾「ちょっと前か
ら居る子らしんだ
けど…。」

山下「それよりさ
、俺のダチに位挨
拶しろよなぁお前
。」

綾「あっ、御免ね
!あたし綾って言
います~☆」

山下「おい?南?


僕はヤジウマな性
格で、気になって
しょうがない。
人混みを掻き分け
て辿り着いた。

白い肌
グレーの瞳
海老のような反り
具合。

その白い肌を見せ
つけ、男は複数の
男達に何度も呑み
込まれる。
艶めかしい腰に、
周囲の女は騒ぐ。

「籠(ロウ)さん
!」

「籠さん素敵!」

すると一人の女が
チップを赤いじゅ
うたんの上に差し
出した。
男はその女を見て
手招きをする。
すると女は男の躰
をまさぐり始めた


綺麗な女(ヒト)
だった。

だがしかし、視線
を女に合わせても
僕は何度も何度も
男に視線を向けて
しまう。

その美しさは
凍った瞳の
人魚の様で
何処か遠くなる様
な感じがした。

男は僕を見た。

僕と男は
何度もお互い視線
を投げ合っていた

「美酒」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く