美酒

山田 みつき

1 サイコロ /ぼくは運が悪い

また、ぼくはヤッてしまったのだ。
とにかくクジ運が悪過ぎる。

山下「おい、次お前の番だろーが。」

南「あーあ。」

ぼくはサイコロを転がした。
心の中でなんとなく的中してしまったのだ。
(嫌な予感だな。


南「あ、2だ…。」

山下「やった!」

南「あーあ又負け
ちゃったよ。」

山下「お前の奢りでゲイバーだな!」

南「マジかー。」

山下「本当お前はクジ運ねぇな。」

南「ぁあ、ねぇよ(笑)」

山下「まぁ、俺はいっつも暇だし、なんなら今からでもイイさ!」

南「今からぁ?」

山下「丁度、呑みたい気分だしね。」

南「お前、なんかあったのか?」

山下「まぁな!別に大した事じゃねぇんだけどよ!」

南「お前も色々だな!」

山下「おうよ!色々さ。」

「美酒」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く