『休止中』平成を生きる世界最高峰の医者は、戦国時代の名もなき農民に転生したみたいです!

御隠居村長

天才医者ヨーロッパ行きを決める???

天才医者 ヨーロッパ行きを決める???

主人公の生まれは、1542年にします。

変更です。

申し訳ありません。


これからも頑張りますのでよろしくお願いします。



本格的には、3月になってから更新します。

3月にはいれば、週一投稿目指します。



物語の世界で、1年後に九州に行きます。

途中、主人公は面白い人物に会うことになります。

その、人物の予想もしてみてください。


ヒント→戦国時代の超無能大名





俺、大介は考える。

本来であれば、俺はいや、大介は本来ならば名もなき民で一生を終わる人物だろう。

しかし、俺には知識がある。

それに前世では紛争地帯のろくに設備が整っていない場所で、医者をやった経験もある。

戦国時代でも、この経験はいきるだろう。


なにがいいたいかというと、俺はこの世界でも医者になれる男だ。

しかし、この世界の医者とはどのようにしてなるのだろうか?

きちんと調べておけばよかった。

ん?!

調べるもくそもないか!


んー。

困った。

ドッカの大名に「医者です」、と名乗り出てみるか。

いや、俺の歳を考えると無理か!

まだ、11歳だしね。

誰も俺のことを医者と信じるわけがない。


んー。

本当に困った。


いっそのこと、この日本という国からとびでてみるか!

今の時代は、宣教師とか来ているのかな?!

来ていたら、チャンスだろう。

俺の自慢?を聞いてもらうけど、、、

俺は、前世でスペイン人の妻がいた。

そう、スペイン語は喋れる。

で、今の世界で力を持つのはスペインとかポルトガルとかだろう。


いや、だが待て。

誰かが天下統一して、平和な世で外交官として働くのもあるかもしれない。

別に医者じゃなくてもいいのかもしれない。


うーん。

将来何になるにせよ、やっぱり「ヨーロッパに行ってました。」

とかいう経歴は欲しいな。

就職に便利そうだ。

それにカッコイイ。

ただ、ヨーロッパに行くには命の危険もあるのだろう。

倭寇とかいるし、、、


まあとりあえず、俺が12歳になったら九州に行こう。

なんで、九州かというと、宣教師がたくさんきそうだからね!

あと、一年体力とか今まで以上につけておこう!

弟達を連れていくかは、不明だな。

あいつらが、希望すれば連れていってやろう。






豆知識



宣教師フランシスコ・ザビエルが、1549年鹿児島に上陸したのがキリスト教伝来の始まりだとされています。


「『休止中』平成を生きる世界最高峰の医者は、戦国時代の名もなき農民に転生したみたいです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

  • 如月 薊

    歴史好きには燃えますなw

    0
コメントを書く