話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『休止中』平成を生きる世界最高峰の医者は、戦国時代の名もなき農民に転生したみたいです!

御隠居村長

転生したら、農民だった?!

頭に、響いている。
なんて思っていたら、戦国時代に転生。
そして、はや四年が経ちました。
えっと、
この3年間で、分かったこと。
俺は、尾張に住んでいる。
名前は、大介。
で、この間弟が生まれた。 
弟の名前は、次郎。


農民でした。
苗字は、ないよ!


母親は、さよ。父親は、泰輔。
今は、二人兄弟だね。


今日から、農家のお手伝いをします。


農業のやり方とかを、教えてもらったり、
魚を食べていたりした。


そんなこんなで農民の割に、
ちゃんとした食事を取っていた、
俺、大介は、ついに11歳になった。
ちなみに、数え年だから実際はら10歳。
※これから、数え年で表します。


弟、妹について紹介するね。


・次男→次郎、4歳。
・三男→三吉、二歳。
・長女→ちょう、1歳。


これから、戦争があるらしい。
何でも、今川に寝返った山口を討伐するみたい。


つまり、今年は、1552年。
俺が、生まれたのは、1542年ということになる。


んで、親父が戦に徴収された。


無事に、帰って来いよ。







「『休止中』平成を生きる世界最高峰の医者は、戦国時代の名もなき農民に転生したみたいです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く