話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜

ぴえろ

模擬試合準備

俺があっさりと戦う事を承認したので若干驚いていた口悪貴族君は俺の前を歩いていた。
(こいつ本当に大丈夫か?戦場とかなら確実に殺されてるぞ?バカなのか?それとも本当に強いのか?少なくともあのハワート・セシルって奴よりは弱いんだろうけど)

そんな事を考えながら着いて行くと、地球で言う古代ローマ時代のスタジアム、コロッセオのような感じの建物に着いた。

「この先に分かれ道があるからお前は右に行け。そうしたら反対側の入口に着くからよ」

「え?あ、はい。分かりました」

急に喋りかけられたので咄嗟に反応出来ず、つい昔のくせ(コミュ障)で反応が乏しくなった。しかし、どうやら今の反応で俺が怖気付いていると勘違いしたらしい。

「はっ!ビビってるなら最初から俺と戦うなんて言い出さなくても良かったんじゃねぇのか?」

「いえ、この学院にせっかく編入出来たのでこの学院には卒業までは居たいのでね」

そう言うと俺は分かれ道を進んで行った。






俺は今控え室の様な所にいる。先程セリウス先生がきてルールを説明してくれた。
ルールによると
この控え室にある武器のみを使用する事、ただし、複数の持ち込みを許可する。勝敗はどちらかが負けを認めるか、戦闘不能と判断された時点で終了。勝敗がついた時点での攻撃は懲罰の対象となる。
と、至って簡単なルールであった。

「なら俺はこれとこれかな」

そう言って俺が手にしたのは使い慣れた大鎌と双剣だった。

「一応予備、もしくは牽制用にナイフも少し持っておくか。
しかし、当たり前なんだろうけど刃引きしてあるな。これじゃ斬る、刺すと言うよりかは叩く、ぶつけるって事になるな」

そんな事を踏まえつつ、どう攻めようか考えていたらセリウス先生がやって来た。

「レヴィン君、そろそろ試合開始ですよ。アリーナの入口に来てくださいね」

「分かりました、直ぐに行きます」

そして俺はアリーナの入口に来た。
すると、

「さぁ!これより編入生レヴィンと雷帝ジル・ヴァーレンによる1対1の模擬試合を行います!両者アリーナの中央へ!」

と、放送が聞こえた。
「随分と楽しそうにするんだな、この学院では意外と試合が行われているのか?」

そして俺はアリーナの中央へ立った。それと同時にジル・ヴァーレンと呼ばれた口悪貴族君も中央へ立った。

「なるほど、そういう事か」

「まさか、卑怯とは言うなよ?お前が勝手に右へ進んだ。それだけなんだからよ!」

ヴァーレンは鎧を付けていた。俺に鎧を付けさせないためにわざと右へ進むよう命令したのだ。

「ええ、構いませんよ。早速始めましょうか」

「ちっ!その鬱陶しい態度も口調を叩き潰してやるぜ!」

「さぁ!両者やる気に満ち溢れています!それでは試合開始!」

「 異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く