話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜

ぴえろ

嫌な予感

「しかし、ジークが学院長か・・・お前騎士じゃなかったっけ?」

「ん?あぁ、言ってなかったな。俺は魔法士だぞ?まぁある程度剣とかも使えるけどな」

「は?冗談だよな?」

「冗談じゃねぇぞ?俺は正真正銘の魔法士だ」

「どう見ても剣士の格好をしてるのに?」

「まぁな」

そう言うとジークは何がおかしいのか急に笑いだした。

「何がそんなにおかしいんだ?」

「いや、お前がそんな風に驚いているのがおかしくてな」

「そりゃ、俺だって驚くだろうよ」

その後しばらくは昔話に花を咲かせた。

「さて、昔話はこれくらいにして学院の説明をするとしよう」

「あぁ、頼むよ」

「まあ、簡単に言うと魔法を完璧に使えるようにする為の技術を学ぶ為の学院だ」

「本当に簡単にまとめたな・・・」

「それで、お前は一応1番上のクラスに配属されるが・・・くれぐれも訓練所で使っていたような魔力は出すなよ?」

「ん?なんでだ?」

「何とは言わんが、お前の嫌いな面倒な事が起きる。特に国からな」

「・・・気を付けるよ」

「よし!分かってもらった所で改めて入学おめでとう、レヴィン!」

「ありがとう、ジーク」

「それで、これが君の制服だ。今から寮に戻って着替えてクラスに行きなさい。クラスでの挨拶が終わったらあとは自由さ。まぁ、ほとんどの場合入学生が来たら歓迎会をするがな」

「分かった。色々とすまんな」

「当然だ、一応学院長でもあるしな!」

「そうだったな、それじゃあ失礼するよ」

「あぁ、そうそう。ひとつ言い忘れていた。」

「ん?なんだ?」

「お前のクラスなんだが、プライドの高い貴族ばかりなんでな、気を付けろよ?」

「・・・分かったよ」

「ならよし!これからの学院生活を十分楽しめよ!」

「まあ、楽しめるように努力はするさ」










投稿が物凄く遅れてしまい申し訳ありません。学校のテストや自分の諸事情により投稿が出来ませんでした。今後は投稿を復帰させていきますので、皆さん、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

「 異世界転生 〜奴隷からの成り上がり〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 滝

    とても面白いかったです頑張ってください

    1
コメントを書く